2016年01月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

法人・教育市場で2200万台以上が導入済みWindows 7/8ユーザーの「Windows 10」移行が止まらない“無料”以外の理由

「Windows 10」は、米Microsoftの歴代OSの中で最も導入ペースが速いという。その理由は、無料アップグレードの存在だけではなさそうだ。

[Ramin Edmond,TechTarget]
tt_tt_Windows_01.jpg Windows 10の稼働デバイスは2億台に(画面は日本マイクロソフトの製品ページ)《クリックで拡大》

 企業は「Windows 10」の採用に大きな関心を寄せている。Windows 10の機能や特徴を生かすために、旧版である「Windows 7」「Windows 8」からの移行を計画している企業は少なくない。

 米Microsoftが2016年1月に公開したブログ記事によると、同社法人顧客の約76%がWindows 10をテストしており、法人市場と教育市場では既に2200万台以上のデバイスでWindows 10が動作している。全市場を合わせると、Windows 10が動作しているデバイスは2億台に達する。これは、Windowsがこれまで達成した中で最も早い記録だという。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

Sansan 石野真吾氏がMarketo主催アワードで「Marketer of the Year」を受賞
庭山一郎氏が相棒であるミミズクの「ノヤン先生」とともに米国へ出張。ITmedia マーケテ...

news091.jpg

国内通販市場は2017年に10兆円超え、ECが8割を占める
富士経済は、ECへ集約しながら成長を続ける国内の通販市場(B2Cの物販)を調査、分析した...

news015.jpg

デジタルマーケティングを構築するための定石(後編)
デジタルマーケティングの課題に対して解決策とヒントを教える書籍『デジタルマーケティ...