2016年01月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

法人・教育市場で2200万台以上が導入済みWindows 7/8ユーザーの「Windows 10」移行が止まらない“無料”以外の理由

「Windows 10」は、米Microsoftの歴代OSの中で最も導入ペースが速いという。その理由は、無料アップグレードの存在だけではなさそうだ。

[Ramin Edmond,TechTarget]
tt_tt_Windows_01.jpg Windows 10の稼働デバイスは2億台に(画面は日本マイクロソフトの製品ページ)《クリックで拡大》

 企業は「Windows 10」の採用に大きな関心を寄せている。Windows 10の機能や特徴を生かすために、旧版である「Windows 7」「Windows 8」からの移行を計画している企業は少なくない。

 米Microsoftが2016年1月に公開したブログ記事によると、同社法人顧客の約76%がWindows 10をテストしており、法人市場と教育市場では既に2200万台以上のデバイスでWindows 10が動作している。全市場を合わせると、Windows 10が動作しているデバイスは2億台に達する。これは、Windowsがこれまで達成した中で最も早い記録だという。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...