2016年10月07日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Power BI」拡張も可能に「Office 365」を最大限生かすには「Azure」連係がキモ 知られていない機能とは

企業におけるコラボレーションと生産性向上にクラウドがますます重要な役割を果たす今、「Office 365」サブスクリプションサービスを最大限に活用するには「Microsoft Azure」が効果的だ。

[Reda Chouffani,TechTarget]
Office Graph Office Graph(出典:Microsoft)《クリックで拡大》

 従業員のコラボレーションと生産性向上のために俊敏性とモバイル性と操作性を高めたい企業にとって、クラウドサービスの活用は不可欠だ。Microsoftのオフィススイート「Office 365」のサブスクリプションモデルは、同社のクラウドサービス「Microsoft Azure」やその他のデータセンターサービスを基盤としている。

 Office 365の基盤としてMicrosoft Azureを導入すると、Office 365のパフォーマンスとセキュリティを大きく向上でき、安定したインフラを活用できる。またAzureを使えば、Office 365サブスクリプションの他、「Skype」やその他のMicrosoftアプリケーションも同じインフラで実行できる。組み込みソフトウェア、修正プログラムの自動適用、ネットワークロードバランサー、その他のサービスも利用できるようになる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。