2016年05月31日 12時00分 UPDATE
特集/連載

有効であるが要検討クラウド「機械学習」への評価が分かれる理由、慎重派の言い分は?

最新アプリでは利便性向上のために機械学習機能を導入する要望が高まっている。その開発環境においてコスト軽減のためにクラウドプラットフォームが登場しているが、その利用については慎重な企業も多いという。

[Jack Vaughan,TechTarget]
これから需要が伸びる機械学習導入アプリケーションの開発でもクラウドプラットフォームの利用が拡大するという意見は多い《クリックで拡大》

 2015年、クラウドは機械学習アプリケーションにとって随分扱いやすい領域になった。

 Microsoft AzureとAmazon Web Servicesは、どちらも2015年の早い時期にクラウドベースの機械学習プラットフォームをリリースしている。

 両社は自分たちの製品に「Azure Machine Learning」「Amazon Machine Learning」という似たような名前を付けている。その後、2015年後半には、DatabricksとIBMが、機械学習ライブラリを組み込んだSpark処理エンジンのクラウド版をリリースした。

 このようなクラウドベースの機械学習プラットフォームは、ライブデータセットで、クラウドで動作する機械学習アルゴリズムのテストに役立つ。ユーザーがテストを行う場合、自社のシステムをプロビジョニングおよび構成する必要がないからだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

Supership、アプリ広告主向けアドプラットフォーム「AppAmore」の提供を開始
Supershipは、アプリ広告主向けアドプラットフォーム「AppAmore(アップアモーレ)」の提...

news119.jpg

レモネード、「INFLUENCER ONE」にフォロワーの男女比率やリーチ数の予測機能を追加
レモネードは、インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「INFLUENCER ONE」に、...

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...