2017年05月17日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「目新しい何か」から「ビジネスに使える何か」の段階にIoTをめぐる最重要トレンド、これだけは押さえたい5つとは

2016年は、IoTが広く認知された年だった。もはや業界専門家だけが話題にするものトピックでもない。個人ユーザーもコネクテッドデバイスを“普通”に受け入れ始めている。

[Gavin Whitechurch,TechTarget]
Amazonのコンパニオンスピーカー「Amazon Echo」もコネクテッドデバイスの1つだ。このように家庭にもIoTを活用する技術が浸透し始めている

 2017年は、IoTを活用するコネクテッドデバイスの導入機運が一段と高まる見通しだ。Ovumの調査によると、スマートホームデバイス市場だけでも、2016年に2億2400万台だった出荷台数が、2021年には14億台以上に拡大すると予想されている。

 5月中旬に開催する予定のInternet of Things World 2017では、こうしたスマートホームデバイスなどのイノベーションが数多く登場する。この記事では、IoTエコシステムの市場リーダーやイノベーターからの聞き取りやイベント内容が決定していく経緯から考察した2017年のIoTトレンドを紹介したい。

セキュリティが極めて重要に

 IoTを悪用したDDoS攻撃が最近、盛んにメディアを賑わせているように、広く分散しているコネクテッドデバイスにおける異種混在ネットワークがとても脆弱(ぜいじゃく)なことが明らかになった。そのためにベンダーや大手サービスプロバイダーは、問題や侵害に協力して対処しなければならなくなっている。それだけに、ベンダーにとっては高度なセキュリティが大きなセールスポイントになりそうだ。エンドツーエンドのIoTソリューションの提供を訴求するベンダーは特にそうだ。

戦略的提携の増加

 2016年末に大手ベンダー数社が戦略的提携を発表した。顧客のため、ひいては自らのために、新たな価値を創出するためだ。BoschとSAPは、それぞれのクラウドおよびIoT関連のソフトウェアノウハウを連携させる計画を明らかにした。Cisco Systems(以下、Cisco)は、IoT専用のインテリジェントネットワークを構築し、全てのチャネルパートナーがそれに接続できるようにするとしている。2017年も、多くの企業が技術習得やビジネスの機会を求めてパートナーを組み、そのことを発表するだろう。

ビッグデータと機械学習の活用による新たな利用場面の開拓

 IoTの真の価値は、IoTが生成するデータの中にある。McKinseyによると、IoTによる潜在的な経済効果は、2025年には年間3兆9000億〜11兆1000億ドルに達する見通しだ。その前提は、IoTが生成するデータが適切に分析され、活用されることだ。今後、こうしたデータ分析および活用を目指し、IoTのデータストリームのAI(人工知能)や機械学習エンジンへの統合が進むだろう。また、データの処理や分析をIoTネットワークエッジで行えるようにする取り組みも進みそうだ。これは、アクションやアラートのトリガーを発生させるために大量のデータをネットワークコアに転送する必要性を最小限に抑えることを目的としている。

公共サービスでIoTの活用が始動

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ソニーマーケティング、顧客満足度の向上につなげるカスタマーサービスのノウハウを外販
ソニーマーケティングは、企業と顧客との円滑なコミュニケーションをサポートし、顧客満...

news122.jpg

BIからAI(拡張知能)への進化、QlikのCTOが語る
さまざまな洞察を得るため、最適化されたビジュアルを提供するツールへ進化するセルフサ...

news024.jpg

Adobe Systems、テレビ広告運用プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud TV」を発表
Adobe Systemsは、データに基づき自動的にテレビ広告のプランニングとバイイングができる...