2017年11月22日 05時00分 公開
特集/連載

併用がトレンドIaaSとPaaSを比較 開発者目線で見たメリットは?

開発にIaaSとPaaSのどちらを使うかは、両者の主な違いを理解してから決めるべきだ。本稿ではこの違いを考える。

[Fred Churchville,TechTarget]

 IaaSとPaaSという2つの選択肢は以前からある。この2つのアプローチは開発者に提供するものが大きく異なるため、両者の違いを理解しておくことは重要だ。

 本稿では、マイクロサービスの開発に開発者が利用できることを比べながら、IaaSとPaaSの主な相違点を考える。必ずしもオールオアナッシングの選択をする必要はない理由を説明する。

IaaSとPaaSの違い

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...