2009年11月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

製造業ITの動脈「MES」を理解する【第3回】MESがもたらす価値とは(その1)──工場のIT化とMES誕生の背景

MESは製造業におけるどのような課題を解決し、どのようなメリットをもたらすものなのだろうか? ポイントは、生産現場の「横のつながり」と、情報システムの「縦のつながり」だ。

[永井道裕]

関連キーワード

MES(製造実行システム) | ERP | PLM | CAD


 工場のモノ作りにおける情報化の歴史の中で、MES(製造実行システム)の考え方が生まれたのは1990年ごろだといわれている。今回は、製造業においてMESが必要になった背景とともに、MESがもたらす価値について取り上げる。

「人」と「紙」が工場を支えていた

関連ホワイトペーパー

生産管理 | 製造業 | ERP | PLM | CAD


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...