TechTargetジャパン

製品資料
製造業が直面する生産管理システムの限界、中堅・中小企業はどう対応すべきか?
 中堅・中小規模の製造業における生産管理のシステム化は、1980年代のオフコン登場以来、現場の細かい要望に応える形で進められてきた。そこには、さまざまな工夫や苦労があり、多額の費用も投じられてきたことから、現在も自社のニーズに特化されたオフコンを使い続けて...(2017/3/8 提供:株式会社日立システムズ)

事例
高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例
 岡山県倉敷市に本社を置く萩原工業は、従業員数が約1300人、売上高が約225億円の中堅製造企業だ。同社がERPを導入したのは2004年。当時はまだ、ERPといえば大企業が採用するシステムという位置付けだったが、同社は中堅企業としては早い段階で導入を決断した。 きっか...(2017/7/21 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
大企業と同等の機能を実現、中堅・中小企業が選びたいクラウドERPは?
 あらゆる業務領域の情報を一元管理し、可視化するERPは、経営の効率化に非常に有効な武器となり、企業の強力な経営基盤となる。しかし、従来のERPは、特に中堅企業や中小企業にとって導入のハードルが高かった。 例えば、ビジネスプロセスの再設計は、それが必要だと分...(2017/7/21 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
日本に特化した機能とサポート──中小規模メーカーでもSAP ERPが使えた理由
 今、日本の中小規模メーカーで海外進出に取り組む事例が増えている。事業拠点をグローバル規模で展開するためには、全社を統合するシステム戦略が不可欠だ。海外進出を始めたある半導体向けケミカルメーカーの事例では、全社業務を統合する新しいシステム構築において...(2017/7/18 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
現場に支持される旧システムを刷新、ERP導入を成功させた4つの秘訣とは?
 現場の要望に応える形で改修を続けてきたシステムは、業務部門にとっては極めて使い勝手がよい。しかし、メンテナンスの負荷を減らしたいIT部門や、ビジネスの強化を図りたい経営陣にとっては、扱いづらいシステムであることが多い。このような場合、システムの刷新はど...(2017/7/18 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は?
 OEMの化粧品の開発、製造を行うグローバル企業であるトキワでは、ITシステムのイノベーションを推進するため、先進テクノロジーを採用してきた。しかし、生産、販売、原価の管理システムが稼働するx86サーバは、これからの業務拡大を見据えると限界を迎えていた。 そこ...(2017/7/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
エレクトロニクス企業における新製品開発、「失敗の原因」と「成功への好機」
●モノのインターネット(IoT)が生み出す需要の流れに乗り、成功をモノにするにはどうすればいいのか。●エレクトロニクスに関するグローバルな環境規制の高まりに対して、品質とコストを優先しながら対応する一流企業になるにはどうすればいいのか。●これまでの市場を...(2017/7/13 提供:シーメンス株式会社)

技術文書
中国の電子部品メーカーも実践!製品開発プロセスを標準化できた理由とは?
 中国における自動車用電子部品サプライヤーの大手であるSHENZHEN HANGSHENG ELECTRONICS社。同社の顧客企業は、中国だけではなく世界中に存在しており、数十もの新製品開発プロジェクトに従事しています。そのため、多岐にわたる要件が提示されるのはもちろん、製品の変...(2017/7/13 提供:シーメンス株式会社)

プレミアムコンテンツ
「最高画質」を実現するパナソニックのモノづくり、マザー工場の取り組みを見る
 パナソニックが2017年6月より販売を開始した、「ビエラ史上最高画質」(同社)をうたう4K有機ELテレビ「TH-65EZ1000」、その生産拠点が栃木県宇都宮市に存在する「モノづくり革新センター」だ。 この拠点は各所より集積された有機ELパネルや電子部品、外装部品などを組...(2017/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

事例
重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現
 BCP対策で近年考慮すべきポイントとして浮上しているのが伝送データ量だ。IoTの活用などにより今までにないデータも増えており、基幹業務システムが日々生成するデータは膨大な量になる。小松製作所が取り組んだバックアップ環境の見直しでも、基幹システムのデータ量が...(2017/6/9 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
意外と厄介な「スケジューラ増加」問題、Office 365やDynamics 365をどう連携?
 近年は、多くの企業が「Office 365」のようなグループウェアに加え、SFAやCRMなどを積極的に活用している。しかし、幾つもの製品を導入し、社内で複数のスケジュール管理機能が使われるようになった結果、スケジュールの入力や確認の手間が増え、二重登録などのミスにつ...(2017/6/30 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

事例
IoTアプリ開発事例集──10社の事例で「IoTの可能性と開発基盤の要件」を知る
 世界中の企業で「モノのインターネット(IoT)」の活用が進んでいる。ソフトウェアやセンサー、IPに対応した接続機能が製品に組み込まれ、膨大なデータを活用することで新たなサービスが生み出されている。 そうした状況で世界中の企業で導入されているのが、本コンテ...(2017/6/26 提供:PTC ジャパン株式会社)

プレミアムコンテンツ
現場の80%以上が品質問題に直面、解決のカギは「標準化」「効率化」「見える化」
 「TechFactory」が実施したアンケート調査「設計開発者のための品質管理」(調査期間:2017年4月24日〜5月8日)では、製品の設計開発などに従事する会員/読者を対象に、日ごろ直面している「品質問題」をテーマに、その原因や対策(今取り組んでいる/将来実施したい)...(2017/6/21 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
さらなる歩留まり向上を狙う「装置データを活用した予測分析」のユースケース
 日本の製造業における品質水準・生産性・歩留まりの高さ、どれをとっても誇れることは疑いない。その一方で、さらなる生産性・歩留まりの改善に期待されているのも事実である。では、どうすればその「カイゼン」の糸口が見つかるだろうか? 本書では、その1つの解決策...(2017/6/16 提供:株式会社日立ソリューションズ東日本)

プレミアムコンテンツ
製造業大手15社に聞いたIoT導入の“いま”、求められる技術者像も多様化
 製造業においては生産性向上やコスト削減、人手不足、迫られるグローバル展開など課題は山積しており、その解決手段の1つとして「生産現場へのIoT導入に踏み切るべきタイミングが到来した」と考える企業も増えている。加えてIoT導入にまつわる周辺環境も変化しており...(2017/6/6 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「おおた工業フェア」展示会レポート
モノづくりの町・大田区が手がける、アイデアをカタチ化した最終製品製造から切削加工、機械器具、ITシステムまで網羅した展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参...(2017/5/11 提供:株式会社アペルザ)

事例
請求業務時間を2日間から数時間に短縮。IBM i環境の帳票オープン化の効果
 帳票にまつわる課題は企業によって多種多様だ。なかにはメインフレーム系システム基盤を用いているため、帳票出力業務に多くの労力と時間がかかり、専用プリンタや専用用紙の管理コストが負担となっているケースもある。 例えば、「IBM i(AS/400)」などは、長年にわ...(2017/5/24 提供:インフォテック株式会社)

事例
デジタルツールによる「ものづくり」の革新
 ここ最近、社内で「ものづくり」に取り組まれている企業が規模の大小にかかわらず増えてきています。 背景には3DCADやモデリングマシンをはじめとするデジタルツールが普及し、これまで専門業者に外注していたことを自社内で対応できるようになり、内製化できるものが...(2017/5/25 提供:ローランド ディー.ジー.株式会社)

レポート
「IOT/M2M展」展示会レポート
IoT/M2Mシステムを構築するためのあらゆる製品・サービスが集まる専門展。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回りきれなかった方などに、ぜひ有効活用してい...(2017/5/25 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
オンデマンド製造によるリスク軽減 〜製品開発の短縮と機会損失の回避に向けて〜
 サプライチェーンの戦略的管理は、製品開発とライフサイクルプランニングに不可欠なだけでなく、リスク軽減に必要な要素でもある。先駆的企業は、サプライチェーンを成長とリスク最小化の能力を高める、機能横断型の取り組みと位置付けている。生産や出荷の遅延に関する...(2017/5/23 提供:プロトラブズ合同会社)

事例
Excelの生産管理ではもう限界、海外工場の成功から国内拠点の導入までの事例解説
 FAケーブルメーカーの太陽ケーブルテックは、2009年、タイのアユタヤに工場を構えた。当初はExcelを利用して生産・販売管理を行っていたが、ビジネス規模の拡大とともに限界がでてきた。生産の工程実績や進捗状況など、意思決定を行うための重要な情報がリアルタイムに...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

レポート
「FACTORY 2017 Spring 東京」展示会レポート
2017年3月9日、10日にザ・プリンスパークタワー東京で開催されたデジタルテクノロジー専門イベント「Cloud Days 東京 2017」。クラウド、ビッグデータ・AI、モバイル・ウエラブル、セキュリティ、IoT、ワークスタイル変革、デジタールマーケティング、スマートファクトリ...(2017/4/12 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
CRMやERPなどのビジネス機能を1システムで――統合型パッケージの実力は?
 現在のビジネスでは、さまざまな形で収集されたデータを分析し、先読みした行動や迅速な対応につなげていくことが求められている。また、各種データや分析結果を迅速かつ効果的に社員間で共有することも競争力を向上させる上で欠かせない。 従来は、このようなシステム...(2017/4/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
第4次産業革命の本質とは何か? 成果を得るにはまず「設計と製造の壁」を破れ
 IoT の真価は、モノにデータの取得機能と通信機能を持たせることで、モノからの情報と人からの情報を組み合わせ、一元的な情報とし、従来は得られなかった知見を得られる仕組みにある。日系製造業でもこうした動きに対し、積極的に取り入れようという動きが広がっている...(2017/3/21 提供:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社)

レポート
IoTで挑戦する「つながる工場」事例、生産ラインの見える化とロボティクス活用
多くの製造現場では、IoTを活用した設備稼動・品質状況把握、ビデオ映像化、温度・湿度測定等で工場の実態の見える化や経験に頼っていた作業の標準化など、工場全体での生産性向上に取り組んでおり、IoTによる現場の見える化や予防保全が必要不可欠となってきている。海外...(2017/3/1 提供:ウイングアーク1st株式会社)

事例
パナソニック 業務プロセスの効率化で実現する「製造現場の見える化」
日本を代表する製造業であるパナソニックの家庭電化・冷熱空調事業領域を担当するアプライアンス社では、「製造現場の見える化」推進の基盤としてQlikViewを核に、情報の活用を行っている。グローバル展開する企業は、競争がますます厳しい時代に突入し、刻一刻と変わる状...(2017/3/31 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

プレミアムコンテンツ
IoTセキュリティ対策の“本質”を考える
 「IoT(Internet of Things)」を語る上で欠かせないテーマの1つである「セキュリティ」。あらゆるモノがネットワークに接続され、膨大なデータがやりとりされるため、情報漏えいやウイルス感染などの脅威動向、そしてその対策といった話題は、IoT関連製品/サービス提...(2017/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法
 システム運用にカスタマイズは付き物だが、現場のリクエストに応えるのはIT部門にとってかなりの負担だ。JTBグループ全体のITを担うJTB情報システムでは、年3500件ものカスタマイズ案件があり、中には対応しきれないケースも出るなど、その負荷が課題となっていた。 そ...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

製品資料
“顔の見えない顧客”も捉える、次世代マーケティングで顧客体験はどう変わる?
 スマートフォンの急速な普及を始め、消費者がWebサイトやアプリケーションを活用して情報収集をする現在、顧客が望む情報やサービスを最適なタイミングで届けることが、CX(カスタマーエクスペリエンス)最大化の近道だ。しかし、顧客とのタッチポイントが多様化する中...(2017/3/3 提供:富士通株式会社)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

Loading