TechTargetジャパン

製品資料
製造業が直面する生産管理システムの限界、中堅・中小企業はどう対応すべきか?
 中堅・中小規模の製造業における生産管理のシステム化は、1980年代のオフコン登場以来、現場の細かい要望に応える形で進められてきた。そこには、さまざまな工夫や苦労があり、多額の費用も投じられてきたことから、現在も自社のニーズに特化されたオフコンを使い続けて...(2017/3/8 提供:株式会社日立システムズ)

事例
Excelの生産管理ではもう限界、海外工場の成功から国内拠点の導入までの事例解説
 FAケーブルメーカーの太陽ケーブルテックは、2009年、タイのアユタヤに工場を構えた。当初はExcelを利用して生産・販売管理を行っていたが、ビジネス規模の拡大とともに限界がでてきた。生産の工程実績や進捗状況など、意思決定を行うための重要な情報がリアルタイムに...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

レポート
第4次産業革命の本質とは何か? 成果を得るにはまず「設計と製造の壁」を破れ
 IoT の真価は、モノにデータの取得機能と通信機能を持たせることで、モノからの情報と人からの情報を組み合わせ、一元的な情報とし、従来は得られなかった知見を得られる仕組みにある。日系製造業でもこうした動きに対し、積極的に取り入れようという動きが広がっている...(2017/3/21 提供:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社)

レポート
IoTで挑戦する「つながる工場」事例、生産ラインの見える化とロボティクス活用
多くの製造現場では、IoTを活用した設備稼動・品質状況把握、ビデオ映像化、温度・湿度測定等で工場の実態の見える化や経験に頼っていた作業の標準化など、工場全体での生産性向上に取り組んでおり、IoTによる現場の見える化や予防保全が必要不可欠となってきている。海外...(2017/3/1 提供:ウイングアーク1st株式会社)

製品資料
変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法
 システム運用にカスタマイズは付き物だが、現場のリクエストに応えるのはIT部門にとってかなりの負担だ。JTBグループ全体のITを担うJTB情報システムでは、年3500件ものカスタマイズ案件があり、中には対応しきれないケースも出るなど、その負荷が課題となっていた。 そ...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

レポート
製造業向けエグゼクティブ セミナー レポート IoT時代のサービス改革 〜顧客満足度向上と収益拡大に向けて〜
PTC ジャパンは製造業におけるサービス変革、顧客満足度に関心のある役員、経営者層の方々を対象に『製造業向けエグゼクティブ セミナー IoT 時代におけるサービスの変革』を開催した。本セミナーでは、すでにサービス事業の変革に積極的に取り組んでいる国内外の先進的な...(2017/3/6 提供:PTC ジャパン株式会社)

製品資料
“顔の見えない顧客”も捉える、次世代マーケティングで顧客体験はどう変わる?
 スマートフォンの急速な普及を始め、消費者がWebサイトやアプリケーションを活用して情報収集をする現在、顧客が望む情報やサービスを最適なタイミングで届けることが、CX(カスタマーエクスペリエンス)最大化の近道だ。しかし、顧客とのタッチポイントが多様化する中...(2017/3/3 提供:富士通株式会社)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

事例
神戸製鋼所 業務部門が使えるBIツール導入、生産管理データのタイムリーな分析を実現
日本を代表する大手鉄鋼メーカーである神戸製鋼所では、2010年、グループ全体の中長期経営ビジョン「KOBELCO Vision G」を策定。これまでも、既存の枠組みにとらわれない攻めの経営姿勢により、鉄鋼、溶接、アルミなどの主力事業だけではなく、機械系事業、電力卸供給、不...(2016/12/22 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

事例
工業用バーコードリーダ読み取り入門ガイド〜基礎知識からリーダの選び方まで〜
「工業用バーコードリーダ読み取り入門」は、一次元バーコードや二次元マトリックスコードの種類や特徴から、コードのマーキング方法、バーコードリーダの種類とそのメリット・デメリットや選び方、用語集、ユーザー事例まで幅広い内容で構成。また、バーコードリーダ選定...(2017/2/28 提供:コグネックス株式会社)

製品資料
食品飲料業界の課題に特化、固有の業界ニーズに対応するERPは何が違うのか
 食品飲料業界では、消費者の嗜好に合わせた商品開発のイノベーションスピードや、食の安全を守る法令へのコンプライアンス対応の両立が求められている。こうした業界固有のニーズを満たすには、汎用的なソフトウェアでは困難だ。 業界の特異性を理解したソリューション...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
インサイドセールス基礎解説:導入前に知っておきたい「科学的な営業活動」
 1人の営業スタッフがターゲット選定からアポイント獲得、顧客のフォローまで一貫して行うような営業活動は、これまで一般的に行われてきた。しかし、近年はこのような営業スタイルが営業の効率低下や業務の属人化を招くことが知られるようになった。 そこで、重要なキ...(2017/1/11 提供:株式会社WEIC)

製品資料
カスタマイズ型ERPがワンシステムで基幹業務をカバーできる理由
 ERPには、販売管理、生産管理、会計管理の組み合わせによって「単体集合型」「会計付属型」「業務統合型」の3パターンがある。その1つである業務統合型ERPは、販売管理、生産管理、会計管理に必要な機能を搭載しており、経営に必要な情報を正確かつタイムリーに把握でき...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

事例
工場内の台車をビーコンで管理、三松の小ロット生産を極めたIoT活用術
 福岡を拠点に金属加工を軸にした小ロット製造代行サービスを展開している三松では、工場内の製品や製品を載せた台車の所在を探す“うろうろタイム”を課題に感じていたという。それらを探すための時間のロスを解消できれば、さらなる業務効率化が期待できるからだ。 同...(2016/10/13 提供:パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

事例
製造ラインを「丸ごと自動化」した富士通周辺機、工場の「生産性2倍」を実現
製造業各社にとって、コストを抑えながら生産の柔軟性やスピードを高めることは最重要の経営課題だ。そのカギを握る重要技術の一つが「自動化」である。ただ、これまで自動化に取り組んできた企業の多くは、工程をまたいだ生産性向上や仕様変更への柔軟な対応という点で大...(2017/1/26 提供:富士通株式会社)

製品資料
「魔法の箱」? 基幹システム・リプレースの考え方が劇的に変わる
 ハードウェア保守契約終了に合わせて、基幹システムを5年ごとにリプレースするケースは多い。そしてOSやミドルウェア、さらにアプリケーションまでも一斉にバージョンアップしなければならず、思いのほか手間もコストも大きくなり、その割に新サービスや新技術へのキャ...(2017/1/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
AI導入で品質向上! 生産ラインの変化に即応する「画像認識システム」とは
AI(人工知能)技術が、ものづくりの生産現場を劇的に変えようとしている。部品の仕様や生産ラインを変更してもスピーディーに対応できるよう、部品の組み立てや各種検査に使う画像認識システムのプログラムを自動的に生成・修正することが可能になってきたからだ。この技...(2017/1/26 提供:富士通株式会社)

講演資料
製造のデジタル変革に求められる「仕組み」の構築とは【ダッソー・システムズ 講演資料】
 製造業は、マスカスタマイゼーションの時代を迎え、デジタル技術を活用した新たなモノづくりの仕組みの構築に向かって動き出している。もはや「製品」だけでは選ばれない。消費者が購入するのは「エクスペリエンス(経験)」なのだ。 本資料では、そうした製造業の最新...(2016/12/22 提供:ダッソー・システムズ株式会社)

レポート
会計システムのトレンド調査:ユーザーは何に不満を感じているのか?
 消費増税や会計基準変更、ワークスタイルの多様化などにより、会計システムへのニーズは年々変化してきている。その一方で、会計システムを長期に渡って利用する企業は増加傾向にあり、近年はニーズとマッチしない状況が目立ち始めている。 ミロク情報サービスとZDNet ...(2016/12/9 提供:株式会社ミロク情報サービス)

製品資料
産業ネットワーク最新動向!インダストリ4.0に向けIoTの新たな価値を創造する技術とは?
技術革新、産業革新、生産革新を軸に見たとき、産業分野の現在地はどこに位置しているのか?第4次産業革命時代の到来により、市場ではIoTによる新たな価値創造がはじまっている。 産業ネットワークとは、様々な工場設備や機器を繋ぐためのネットワークの総称だ。産業ネ...(2016/12/5 提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社)

製品資料
インサイドセールスで営業を効率化、受注数/受注率を向上させる2つのプラン
 営業活動のコスト削減などを目的に、テレアポやリストクレンジング(名寄せ)などの業務アウトソースを利用する企業は少なくない。しかし、受注までの営業コスト削減や営業人件費の変動費化などで営業活動を効率化したい、受注やセミナー集客など、営業活動の成果を創出...(2016/11/11 提供:株式会社WEIC)

製品資料
業務に合わせたクラウドの選び方、オンプレミスからサービスまで徹底解説
 ひと口にクラウドサービスといっても、その内容はさまざまだ。SaaS、PaaS、IaaSなどのサービス区分があり、それぞれのサービスメニューも千差万別で、IaaSに限っても、仮想サーバだけでなくユーザーが占有できる物理サーバのサービスもあり、基幹系などのニーズに対応し...(2016/11/11 提供:日本電気株式会社)

レポート
重度の被害は5.3億円、ITの中断がもたらす「風評被害」のコスト
 大規模なデータ漏えいや急増しているサイバー攻撃、システム障害など、企業は業界を問わず、ITにまつわるリスクにさらされている。米調査会社Ponemon Instituteによると、収益低下、ダウン時間、システム復旧のコストは、小規模な中断の場合で、1分当たり5万ドル(約500...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ボルボ・カーズの製造戦略―独自の柔軟な製造コンセプトを実現するには?
  スウェーデンを本拠とする大手高級車メーカー、ボルボ・カーズは、成熟市場における同社のプレゼンスを引き続き強化しながら、新興市場の将来性に一気に資本投下することを戦略としている。 そのために、中国に新工場を建設し、大規模な投資を行って新型のグローバル...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

事例
事例でわかる!世界規模の製造ロジスティクスを最適化した、製造計画の標準ツール
 シーメンスの産業オートメーション事業部は、低圧制御機器を含むオートメーション製品、ソリューション、およびサービスの包括的なポートフォリオが特徴だ。 なかでもSIRIUS(モーターの切替、保護、監視)などの製品群は、自動制御ドライブ、測定/制御、および医療分...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

レポート
「中堅企業のBCP策定の現実」 ― 事業継続に関する実態レポート
 地震などに代表される大規模災害が発生した際、あなたの企業は損害を最小限にとどめ、事業の継続および早期復旧が行える備えがあるだろうか? 企業は自然災害や火災・爆発などの事故、社会/通信インフラの途絶、テロ攻撃・紛争といった企業活動を取り巻くあらゆるリス...(2016/11/11 提供:KDDI株式会社)

事例
セイコーエプソンなど大手企業6社のIaaS活用、気になる導入効果は?
 クラウドを採用することで得られるメリットはさまざまだ。例えば、新たなサービスのためのIT基盤を短期間で用意したり、余剰リソースを抑えることでコストを削減したり、オンプレミス環境よりも運用管理をシンプルにしたりすることができる。 セキュリティやガバナンス...(2016/11/11 提供:日本電気株式会社)

レポート
「Excelで何とかなる」は大間違い、製造業にありがちな情報システム連携の課題
 多くの製造業は、新興国に生産拠点を設けることで一定の成果を得てきた。しかし、新興国の急激な経済成長に伴い、現地の顧客ニーズの多様化、製造品目の多様化、製造工程の複雑化、現地人件費の上昇などを背景に、そのビジネスモデルは崩れ始めている。 こうした状況か...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
成長企業が選びたいクラウドERP、短期間・低コストで実現する経営の可視化
 生産から販売・会計などを統合管理できるERPシステム。コスト低減や経営判断の迅速化・高度化を図るために中堅・中小企業などでも導入が進んでいるが、自社のニーズに合わせたカスタマイズが必要な製品も多い。 システム部門を持たない成長企業などでは、このことがERP...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

製品資料
グループ経営の経理業務を効率化、サーバ管理不要のクラウド型財務会計
 会計業務をクラウドに移行することには、コスト低減に加え、複数人で同時に作業や共有を行える、さまざまなデバイスから作業できるといったメリットがあり、中堅・中小企業や会計事務所でも導入が進んでいる。 その製品選びでは、自社のニーズに合った機能が備わってい...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

Loading