工場以外に広がるロボティクスの応用技術、「無人パン焼きロボット」登場活躍の場がスーパーマーケットやオフィスに拡大

ロボティクス技術の活用現場はこれまで製造業が中心だったが、それ以外の分野に広がりつつある。無人パン焼きロボットと、拡張性の高いビジネス用ロボットの事例から動向を探る。

2018年11月16日 05時00分 公開
[David A. TeichTechTarget]

関連キーワード

生産管理 | 製品紹介 | 技術解説


photo

 米国アイダホ州で2018年8月に開催されたロボティクスのシンポジウム「Think Big Festival」では、絵に描いた餅ではなく、実際に食べられるパンを作る技術が注目を集めた。

 ロボティクス技術は1950年代に始まり、最近まで技術の活用分野は大きな製造工場が中心だった。しかし自動運転車の進歩によって状況は変わり始めている。新しいロボティクス市場はそれだけではない。投資や報道の対象として注目を集めている自動運転車以外にも、ロボティクスの可能性はさまざまな応用分野に広がっている。

 ドローンもロボットの一種だ。例えばxCraftという会社が開発している無人ドローンは、事故や災害時の初期対応を支援する。緊急電話センターからGPSの座標を取得し、現場に飛び、動画レポートを送信し、自分でベースに戻って充電するという。

 ロボットの技術と応用範囲はより大きな市場に広がる可能性を秘めている。Think Big Festivalで発表された事例の中から、2つの小さな企業のロボットビジネスを紹介する。

無人パン焼きロボット

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...