2014年07月31日 12時00分 公開
特集/連載

40万件のジョブ管理で直面した山崎製パンの課題と解決策30年来のメインフレームをオープン系システムで刷新

山崎製パンは、日本全国で稼働する工場を支える基幹システムをメインフレームからオープン系システムへ刷新。ジョブ監視システムを「JP1」で自社開発した。その際に直面した課題とその解決方法を同社担当者が語った。

[藤本和彦,TechTargetジャパン]

 「ロイヤルブレッド」「ダブルソフト」「ランチパック」などの食パン、調理パンを製造・販売する山崎製パンは、本社および国内20拠点で稼働する工場を支える基幹システムをメインフレームからオープン系システムへ刷新。そのジョブ管理システムは、統合システム運用管理ツール「JP1」で自社開発した。

 本稿では、山崎製パンの担当者がアシストのイベントで行った講演を基に、導入事例を紹介する。

受注から製造、配送までを担う国内工場

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...