40万件のジョブ管理で直面した山崎製パンの課題と解決策30年来のメインフレームをオープン系システムで刷新

山崎製パンは、日本全国で稼働する工場を支える基幹システムをメインフレームからオープン系システムへ刷新。ジョブ監視システムを「JP1」で自社開発した。その際に直面した課題とその解決方法を同社担当者が語った。

2014年07月31日 12時00分 公開
[藤本和彦,TechTargetジャパン]

 「ロイヤルブレッド」「ダブルソフト」「ランチパック」などの食パン、調理パンを製造・販売する山崎製パンは、本社および国内20拠点で稼働する工場を支える基幹システムをメインフレームからオープン系システムへ刷新。そのジョブ管理システムは、統合システム運用管理ツール「JP1」で自社開発した。

 本稿では、山崎製パンの担当者がアシストのイベントで行った講演を基に、導入事例を紹介する。

受注から製造、配送までを担う国内工場

ITmedia マーケティング新着記事

news190.jpg

シンフォニーマーケティングが日立グループに「ABM研修特別編」を提供
シンフォニーマーケティングが日立アカデミーと教育プログラムを共同で設計・開発。世界...

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...