2009年12月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

製造業ITの動脈「MES」を理解する【最終回】日本の製造業にとってのMES 〜日本のモノ作りの強みを次世代に〜

日本の製造業で脈々と受け継がれてきたモノ作り文化だが、昨今の経営環境の急速な変化に対応するためには、これまでにない新たな取り組みも必要だ。その最たるものが、MESの導入と活用による生産現場の情報化だ。

[永井道裕]

 欧米やアジアの製造業では日本と比較してMES(製造実行システム)のパッケージソフトウェアを使用している割合が高く、相対的に見て日本の製造業へのMESパッケージソフトウェアの普及は遅れているといえる。ただ、今後は日本においてもMESの普及が加速度的に進むのではないかと筆者は考えている。今回は本連載の最終回として、昨今の経営環境の変化を踏まえつつ、これからの日本の製造業におけるMESの意義と、MES自身の変容と発展について取り上げる。

工場における「強い現場力」の功罪

関連ホワイトペーパー

製造業 | ERP | 業務プロセス | 品質管理 | 在庫管理 | SCM | 生産管理


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...