2009年12月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

製造業ITの動脈「MES」を理解する【最終回】日本の製造業にとってのMES 〜日本のモノ作りの強みを次世代に〜

日本の製造業で脈々と受け継がれてきたモノ作り文化だが、昨今の経営環境の急速な変化に対応するためには、これまでにない新たな取り組みも必要だ。その最たるものが、MESの導入と活用による生産現場の情報化だ。

[永井道裕]

 欧米やアジアの製造業では日本と比較してMES(製造実行システム)のパッケージソフトウェアを使用している割合が高く、相対的に見て日本の製造業へのMESパッケージソフトウェアの普及は遅れているといえる。ただ、今後は日本においてもMESの普及が加速度的に進むのではないかと筆者は考えている。今回は本連載の最終回として、昨今の経営環境の変化を踏まえつつ、これからの日本の製造業におけるMESの意義と、MES自身の変容と発展について取り上げる。

工場における「強い現場力」の功罪

関連ホワイトペーパー

製造業 | ERP | 業務プロセス | 品質管理 | 在庫管理 | SCM | 生産管理


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

ソネット・メディア・ネットワークスが「Logicad Video Ads」の提供を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、2017年1月17日、「Logicad Video Ads」の提供を...

news102.jpg

「女神のマルシェ」がライブコマース連動企画を実施
Candeeは、セブン&アイ・ホールディングスが提供する総合通販サイト「オムニ7」および日...

news071.jpg

ANAグループの顧客接点活用した訪日外国人向けプロモーション支援サービス、デジタルガレージが提供
デジタルガレージは全日空商事と協業し、国内企業や地方自治体が行う訪日外国人向けマー...