2009年11月24日 08時00分 公開
特集/連載

MESがもたらす価値とは(その2)──MESとカイゼンの関係製造業ITの動脈「MES」を理解する【第4回】

工場内の統合情報システム的な役割を担うMESだが、MRPやERPなどの基幹システムとはどのような関係にあるのだろうか? また、トヨタ生産方式に代表される従来の現場管理の手法に取って代わるものなのだろうか?

[永井道裕]

関連キーワード

MES(製造実行システム) | CAD | ERP | PLM


 前回「MESがもたらす価値とは(その1)──工場のIT化とMES誕生の背景」では、工場の各工程内で情報が孤立している「情報の孤島」、そして上位の計画・技術系システムと下位の制御系システムの間を人と紙が担っている「欠けた環」という2つの課題を解決するためにMES(製造実行システム)が誕生したことを説明した。

 今回は、こうした課題を解決するためにMESはどのように機能するのか、前回とは少し視点を変えて詳しく見ていきたい。

MESの3層モデル

関連ホワイトペーパー

生産管理 | 製造業 | ERP | PLM | CAD


ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企...

news151.jpg

Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 ...

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。