TechTargetジャパン

事例
クラウド型 CAD で機敏な設計を実現!導入メリットと事例を公開
 クラウドベースのサービスや 3Dプリンティングなど、最先端のテクノロジーがこれまでになく利用しやすくなったことで、新しいデザインをすばやく調査したりプロトタイプを作成できるようになった。特に小規模メーカーやスタートアップ企業での製品開発は、規模は小さ...(2016/11/24 提供:オートデスク株式会社)

技術文書
機能強化した「Autodesk Inventor」と「AnyCAD テクノロジー」
 本資料では、例として部品サプライヤーと組み立てメーカーの間の協調設計の効率化を図る「AnyCAD テクノロジー」について解説するとともに、革新的な製品を開発する「オートデスクのプロダクトイノベーションプラットフォーム」を紹介する。 「AnyCAD」は、他社製 3D C...(2016/11/10 提供:オートデスク株式会社)

事例
まだ1年前の機能を使っているの? いつでも進化する「AutoCAD」の真価
 オートデスクでは2014年から順次、ライセンス体系の変更を進めてきており2016年8月に全ての製品のライセンスを「ライセンス買い取り型」から「サブスク リプション型」に切り替えた。これに伴いCAD製品である「AutoCAD」も全面的にサブスクリプション型へ移行。さらに20...(2016/12/6 提供:オートデスク株式会社)

Webキャスト
CADデータの変換はもう不要!?「AnyCAD テクノロジー」を動画で解説
 「Autodesk Inventor 2017」には、これまで設計者が抱えていた悩みを解決する多くの注目すべき機能がある。 その1つが、他社CADデータを“参照”しながら取り込める「AnyCAD」テクノロジーだ。この機能を使うと、他社CADデータをそのままInventor 2017のアセンブリ/パ...(2016/11/10 提供:オートデスク株式会社)

レポート
設計者の教育は?ツールが最適形状を提案?最新CAD事情レポート
 オートデスクでは“The Future of Making Things 〜ものづくりの未来〜” をメインテーマに掲げ、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS 2016)」に出展。競争力のある優れた製品開発を支援する「Autodesk Inventor 2017」の注目機能や“現場の生の声” を伝えるユ...(2016/11/17 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
STLはもう必要ない?CADデータから直接3Dプリント
GrabCAD Print では、プロフェッショナルの CAD データ形式からダイレクトにプリントすることができます。従来、STLファイルへの変換と設定に要していた時間を削減することができます。従来の3Dプリンティング・ワークフローを簡素化し、プリンタの使用に関連した情報を提...(2017/1/23 提供:株式会社ストラタシス・ジャパン)

プレミアムコンテンツ
イノベーションの実現を支える3D CADのあるべき姿と将来への構想
 2016年1月31日〜2月3日(米国時間)に開催された「SOLIDWORKS World 2016」(開催地:テキサス州ダラス)。 5000人を超えるユーザーが世界中から参加する“「SOLIDWORKS」の祭典”では、将来の設計・デザイン業界の変革を見据えた数々の新機能や新製品/ソリューション...(2017/2/2 提供:アイティメディア株式会社)

事例
VDI導入事例集:業種別デスクトップ仮想化活用法、大学・病院でも導入が進む
 「デスクトップ仮想化基盤(VDI)」は、さまざまな業種・業態で導入が進んでいる。デスクトップ環境(OSやアプリ)を仮想化し、ユーザーはネットワークを通じてサーバ上に仮想化された環境に接続できるため、データを端末に残さず、ユーザーには「情報漏えい対策」「ワ...(2017/4/10 提供:富士通株式会社)

レポート
IoT時代における電気設計改革のススメ
 日本の電気制御設計(以下電気設計)、特に配電制御盤等の盤設計、産業機械や電子機器のケーブル・ハーネス設計に求められる要件が大きく変わり始めている。特にIoTが電気設計に与えるインパクトは非常に大きい。あらゆるモノがインターネットにつながることで、今まで...(2016/10/27 提供:株式会社図研)

レポート
「JIMTOF2016」展示会レポート
「JIMTOF」は、工作機械と関連機器を一堂に集めた展示会。今回の来場者数は約15万人。海外からの来場者も1万人を超えるなど、国内外を問わず高い関心を集めている。今回も各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめた。ダウンロードして、同僚との情報共有や振返り...(2017/4/11 提供:株式会社アペルザ)

レポート
IT予算の限られる企業が超高速ストレージを手に入れる方法
 企業の規模に応じて業務の規模も決まることから、ミッションクリティカルは大企業だけの課題だというイメージが強い。しかしこれは誤解であり、アプリケーションがミッションクリティカルか否かはアプリケーションの特性によって決まるものだ。 また、現実には企業規模...(2017/4/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
肥大化するデータをどう対処する? 読者に聞いたファイルサーバの課題とは
 TechTargetジャパンは、ファイルサーバの導入・利用状況に関するアンケート調査した。その調査で目を引いたのが、データの管理に対して課題を抱えている企業が多いことだ。ファイルサーバ管理への不安や課題を聞いたところ「データの肥大化対策」と回答した割合が73.5%...(2017/4/20 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
空撮対応からデータ活用まで――ドローン活用がすぐできる運用統合管理サービス
 農業や映像制作などの分野で注目され始めたドローンは、現在では測量や検査などさまざまな分野へ活用の範囲が広がっている。例えば、橋梁や道路、送電設備などの建造物や設備に対して行われる目視による検査をドローンに置き換えることができれば、大幅な人件費削減と高...(2017/4/14 提供:株式会社日立システムズ)

レポート
「Japan Drone 2017」展示会レポート
2017年3月23日〜25日に幕張メッセで開催された「ジャパン・ドローン2017|第2回 / Japan Drone 2017」。本格的な民間ドローン専門展示会&コンファレンスの単独イベントで、ドローン製造からドローンを利用したサービスまで、さまざまな企業・団体が出展している。今回も...(2017/4/12 提供:株式会社アペルザ)

事例
【事例】鹿島建設がBIMを活用するために、採用した高性能ワークステーションとは
 鹿島建設は、2011年3月に東日本大震災が発生したことを受け、省エネルギーの推進やバッテリー駆動による業務継続が容易なノートブックPCに着目し、特別な事情がない限りはユーザー端末としてノートブックPCを調達することを決めており、処理性能、モバイル性、コスト・...(2016/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

プレミアムコンテンツ
無償3D CADで初めての「ミニ四駆」ボディー作りに挑戦!!
 近年、「ミニ四駆」の公式大会でも、3Dプリント製のオリジナルボディーを搭載したマシンが「コンクールデレガンス」(見た目の装飾などを競う部門)で入賞しているのをご存じだろうか? 趣味として広く世間に認知されているミニ四駆の魅力は、無数に用意されたカスタム...(2016/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
「基板」単位ではなく「機能」単位による製品開発を実現したオリンパスの取り組み
医療機器メーカーとしても知られるオリンパス。同社は医療機器開発に関して、1998年ごろからEDAソリューションを導入、シンボルの一元管理やCAD記載不備での品質不具合防止に取り組んでいた。加えて2000年代に入ってからはPDM/PLMツールも導入し、作成された図面データ管...(2017/2/9 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
標的型攻撃は「出口対策」で防ぐ、端末のデータ可視化が迅速な対応を可能に
 これまでセキュリティ対策はファイアフォールやIDS/IPS、アンチウイルス対策など「入口対策」が主流だった。しかし、高度化・巧妙化する標的型攻撃に対抗するには入口対策だけでは不十分だ。その侵入を前提とした「出口対策」を組み合わせる必要がある。 その対策手法...(2017/3/31 提供:クロス・ヘッド株式会社)

レポート
第4次産業革命の本質とは何か? 成果を得るにはまず「設計と製造の壁」を破れ
 IoT の真価は、モノにデータの取得機能と通信機能を持たせることで、モノからの情報と人からの情報を組み合わせ、一元的な情報とし、従来は得られなかった知見を得られる仕組みにある。日系製造業でもこうした動きに対し、積極的に取り入れようという動きが広がっている...(2017/3/21 提供:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社)

レポート
Computer Weekly日本語版 6月26日号:CIOが語るロータスF1チームのIT戦略
 Computer Weekly日本語版 6月26日号は、以下の記事で構成されています。■ロータスF1チーム ハックランドCIOが語るF1とIT あらゆる分野でITを駆使するF1チーム。そのシステムや思想をインタビューする。■英住宅金融組合の10億ポンドのIT投資は顧客拡大につながるか?...(2017/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
多種多様な企業で採用されたクラウド型ファイルサーバの効果とは?
 コラボレーション機能を備えたクラウド型ファイル共有ツールを、さまざまなコンテンツのプラットフォームとして利用している企業が増えている。本コンテンツでは、導入した企業の事例を基に、この製品の特徴を見ていく。 大手広告代理店では、「大容量のファイルのやり...(2017/3/30 提供:株式会社サテライトオフィス)

プレミアムコンテンツ
3D設計業務の未来を見据えた戦略とビジョン
 「CREATE THE NEW, THE NEXT, THE NEVER BEFORE.」をテーマに、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された3次元設計ソリューション「SOLIDWORKS」の年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2017」(会期:米国時間2017年2月5〜8日)。 同イベントで、SOLIDWORKSの...(2017/3/7 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
組み込み開発の視点で見る、「IoTと組み込みセキュリティ」その概念と実装
 「Internet of Things」(IoT)はすっかり時代を象徴する言葉となった。IoTはサービス化されたインフラやプラットフォームを組み合わせることで、小さな投資で大きな効果を得られる、いわば「美しい物語」の立役者であるが、ITやICTといった技術に強く依存するためイン...(2017/3/24 提供:アイティメディア株式会社)

事例
東急建設のインフラ刷新、SDDC移行で変わったセキュリティとインフラ運用の負荷
 建設需要が一段落するポストオリンピックを見据えて、東急建設はICTの積極活用による新たな価値創造と業務プロセスの革新を目指している。その土台となるITインフラには早期からサーバ仮想化・統合ストレージ環境を利用してきたが、想定以上にシステム数が増え、負荷が...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
VDI導入コストを削減する、「Linux VDI」のメリットと制約
 「Linux」の仮想デスクトップを導入する最大のメリットはライセンスにある。オープンソースのVDI(仮想デスクトップインフラ)は、「Microsoft VDI」ライセンスに掛かるコストを削減または一掃する。WindowsやMicrosoft Officeが必要ないユーザーをLinux VDIにすること...(2017/3/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
プラスチック製品設計のポイントを図解で大公開!射出成形を成功させるためのノウハウが詰まった技術資料
「設計データと、成形品に違いが出る」そこにギャップや違和感を感じることはないだろうか?樹脂パーツを射出成形するプロセスでは、成形性を考慮した設計がとても重要となる。そんなギャップを解消し、成形性を実現するためのノウハウが詰まった当資料では、ヒケやそりが...(2017/2/1 提供:プロトラブズ合同会社)

事例
高度な3D CADからVRまで――鹿島建設の業務を支えるモバイルワークステーション
 建築物の3D CADデータにさまざまな管理系情報をひもづけたBIM(Building Information Modeling)は、建設コストの低減や施工の迅速化に欠かせない情報だ。大手総合建設会社の鹿島建設は、このBIMデータを社内外で共有できる専用プラットフォームを構築し、計画段階から...(2016/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
実は間違い「企業とシステムの規模は比例する」そのワケは?
 企業の規模に応じて業務の規模も決まることから、ミッションクリティカルは大企業だけの課題だというイメージが強い。しかしこれは誤解であり、アプリケーションがミッションクリティカルか否かはアプリケーションの特性によって決まるものだ。 また、現実には企業規模...(2017/2/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
自動車業界はVRをどのように生かそうとしているのか
 急速に注目を集めているVR(Virtual Reality:仮想現実)だが、ゲームなどのエンターテインメント分野だけでなく、実務に活用する“プロフェッショナルVR”としての活用の検討が始まっている。設計開発や現場で日常的に3D データを扱う製造業や建設業では、既に豊富なVR...(2017/1/17 提供:オートデスク株式会社)

比較資料
Nutanix vs. EVO-RAIL――ハイパーコンバージド主要2製品比較
 仮想化の利用拡大とともに注目されるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。その代表的な2製品を対象に「導入実績」「ユーザー要件に合わせた構成の自由度」「スケールアウト力」「パフォーマンス維持力」など機能の比較調査を行った。 HCIで特に重要となるのが、高い...(2017/2/7 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

Loading