TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツ
商用3D CADカタログ 2017年版「SOLIDWORKS」
 ミッドレンジ3D CADとして、製造業を中心に幅広く活用されている「SOLIDWORKS(ソリッドワークス)」。本稿ではその歴史と特長、注目機能および次期バージョンに搭載予定の新機能を紹介する。 1995年、業界に先駆けてWindows完全準拠の3D CADとして「SolidWorks 95」が...(2017/9/19 提供:アイティメディア株式会社)

事例
クラウド型 CAD で機敏な設計を実現!導入メリットと事例を公開
 クラウドベースのサービスや 3Dプリンティングなど、最先端のテクノロジーがこれまでになく利用しやすくなったことで、新しいデザインをすばやく調査したりプロトタイプを作成できるようになった。特に小規模メーカーやスタートアップ企業での製品開発は、規模は小さ...(2016/11/24 提供:オートデスク株式会社)

プレミアムコンテンツ
PTCはIoTベンダーになったのか? CAD、PLMユーザーに向けたメッセージ
 近年、主力事業のCAD、PLMよりも、IoTプラットフォームやARソリューションの話題が目立つPTC。長年同社のCADやPLMを活用してきたユーザーからは、「PTCは一体どこへ向かうのか?」といった不安の声が聞かれるのも事実だ。 そうした声に応えるかのように、米国マサチュ...(2017/7/4 提供:アイティメディア株式会社)

事例
大手食品機械メーカーの開発設計を改革!3次元CAD導入でチーム生産性が大幅向上
 大手食品機械メーカーの不二精機(福岡市博多区)は、これまで複数メーカーの CAD ソフトを混在させて使っていたのを一掃し、オートデスクの製品に統一した。 オートデスクの機械設計 3 次元 CAD「Inventor」など計 70 シートに及ぶオートデスク製品を導入したことで...(2017/8/22 提供:オートデスク株式会社)

レポート
800枚の図面分析から分かった、設計チーム効率改善5つのツボ
 CAD導入の初期は、個人がスキル向上をして効率化を目指す。しかし、このような『部分最適』アプローチでは、その効果は知れている。本ホワイトペーパーで紹介するACPE(AutoCAD Productivity Enhancement)プログラムでは、『全体最適』の視点で、チームが効率化の手法...(2017/8/22 提供:オートデスク株式会社)

事例
西部電機が「2D CAD」から「初のオール 3D 設計」に踏み切って得たもの
 福岡県古賀市の西部電機は、物流マテハンシステムから産業機械、放電加工機、工作機等を開発・生産するメカトロニクスメーカーだ。その高度な技術力を示す最新例が、この春発表された超精密ワイヤ放電加工機「MEX15」だ。 その新製品の開発にあたり、高性能とコストダ...(2017/8/22 提供:オートデスク株式会社)

事例
TOTO、CAE/CAD用の仮想デスクトップ環境を構築しグローバル展開への基盤を強化
 TOTO株式会社は、「TOTO Vプラン2017」における重要な戦略として、国内および海外における新規製品開発を推進し、それをより効率的に行うために、商品開発の要となるIT 戦略の抜本的な見直しを進めてきた。 とくに、以前からCAEと3D CAD を活用して衛生陶器やウォシュ...(2017/6/20 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
1600人が利用してもVDIが安定稼働、東北大学が選んだ仮想化環境専用ストレージ
 東北大学は、事務職員用の端末の更新を機にICTガバナンスの強化と運用管理の効率化、セキュティ強化を目的としてVDI環境を導入した。約1600人の事務職員が利用するVDI環境において、常に安定したパフォーマンスを実現し、大学運営を支えているという。 VDI環境導入に際...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

事例
仮想マシン急増は要注意、TKCに学ぶストレージの危機回避
 仮想化環境の導入時に見落とされがちな課題の1つに、仮想マシンの増加に伴うストレージ性能の低下がある。この状態に陥ると、一部の仮想マシンの負荷増大が、他の仮想マシンを圧迫し、連鎖的な性能低下が生じるようになる。もし、システムが業務と直結しているのであれ...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

事例
ブートストームをものともせずに数秒で起動――伊達市がVDI環境に施した工夫
 仮想デスクトップ(VDI)環境では、始業時などに多数のアクセスがシステム基盤に集中することでパフォーマンスが低下する「ブートストーム」が問題となる。これは多数の仮想デスクトップからストレージへの入出力が集中することにより生じる現象で、システム全体として...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

技術文書
機能強化した「Autodesk Inventor」と「AnyCAD テクノロジー」
 本資料では、例として部品サプライヤーと組み立てメーカーの間の協調設計の効率化を図る「AnyCAD テクノロジー」について解説するとともに、革新的な製品を開発する「オートデスクのプロダクトイノベーションプラットフォーム」を紹介する。 「AnyCAD」は、他社製 3D C...(2016/11/10 提供:オートデスク株式会社)

事例
営業の一声から始まった3次元化への道、日本製衡所の目指す新たな設計体制とは
 日本製衡所は工業分野に特化した計量器の総合メーカー。主力はトラックスケールや工業用台はかりなど100kg〜10万kgの大型計量器で、その品質の高さには定評がある。 2000年には AutoCAD Mechanical を導入し、2D CAD による設計体制を確立していたが、営業部門からは...(2017/8/22 提供:オートデスク株式会社)

プレミアムコンテンツ
DMG森精機の「CRPプロジェクト」が推進する日独統合
 DMG森精機の前身である森精機製作所は、2009年にドイツのGildemeisterと業務・資本提携を開始して、2013年に社名およびブランドを統一(DMG MORI)、2015年に経営一体化を図って、2016年に完全経営統合を果たした。 この経営統合により、DMG森精機の拠点は世界7カ国(1...(2017/8/9 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「第2回 名古屋 設計・製造ソリューション展」「第1回 名古屋 工場設備・備品展」「第1回 名古屋 航空・宇宙機器開発展」展示会レポート
CADや製造業向けのITソリューション、工場向けの設備や製品、作業服、航空機やロケット向けの高度な部品や先端技術などが一堂に集まる展示会です。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有...(2017/8/17 提供:株式会社アペルザ)

レポート
身近になってきた「VR」をビジネスで生かすには?
 概念自体は古くから存在していたVR(Virtual Reality:仮想現実)だが、2016年にはゲームをはじめとしたエンタテイメントのいち手法として強い存在感を発揮するまでに成長した。存在感を発揮するのはまだエンタメ分野に留まっているが、製造業や建設業の設計から製造...(2017/9/1 提供:KDDI株式会社)

レポート
「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2017 横浜」展示会レポート
自動車の車両、部品、材料、測定など、さまざまな分野の最新技術や製品が集まる、自動車エンジニアのための技術展。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回りき...(2017/9/14 提供:株式会社アペルザ)

レポート
「第20回 組込みシステム 開発技術展」展示会レポート
組込みシステム開発に必要なハードウェア、ソフトウェア、コンポーネントから開発環境までが揃う展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回りきれなかった...(2017/9/7 提供:株式会社アペルザ)

事例
デジタルツールによる「ものづくり」の革新
 ここ最近、社内で「ものづくり」に取り組まれている企業が規模の大小にかかわらず増えてきています。 背景には3DCADやモデリングマシンをはじめとするデジタルツールが普及し、これまで専門業者に外注していたことを自社内で対応できるようになり、内製化できるものが...(2017/5/25 提供:ローランド ディー.ジー.株式会社)

製品資料
3Dモデルと2D図面の連携、幾何公差と3D注記の統合など「Inventor 2018」新機能
Inventor 2018のリリースは、3次元による専門性の高い機械設計において次の一歩を踏み出した。設計ワークフローの改善、相互運用性の強化、そして、世界中のユーザーからのフィードバックをもとに全体的なユーザーエクスペリエンスが強化され、生産性と柔軟性も向上してい...(2017/8/22 提供:オートデスク株式会社)

事例
まだ1年前の機能を使っているの? いつでも進化する「AutoCAD」の真価
 オートデスクでは2014年から順次、ライセンス体系の変更を進めてきており2016年8月に全ての製品のライセンスを「ライセンス買い取り型」から「サブスク リプション型」に切り替えた。これに伴いCAD製品である「AutoCAD」も全面的にサブスクリプション型へ移行。さらに20...(2016/12/6 提供:オートデスク株式会社)

技術文書
金属パーツの材料選定と製造方法 〜「軟質」と「硬質」の材料特性を理解しよう〜
鋼鉄やステンレス鋼などの硬質金属と、真鍮、アルミニウムなどの軟質金属ではそれぞれ特性や用途が異なる。本ホワイトペーパーでは、以下の金属ごとに、強度・軽量性・耐食性などの特性や、製造方法を詳しく解説。【解説項目】・軟質と硬質 それぞれの材料特性について・...(2017/8/1 提供:プロトラブズ合同会社)

製品資料
TCO大幅削減を狙うには? 自社に合ったハイパーコンバージド製品の見極め方
 複雑性の排除や限界のない拡張性などのメリットを持ち、今後企業インフラの主流になると見込まれるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。IT専門の調査企業IDCによればTCOを最大で60%削減できる製品も登場しており、多くの企業が注目している。 ただ、一口にHCIと言っ...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

プレミアムコンテンツ
5分で分かる「PLM」入門
 PLMとは、“Product Lifecycle Management”の略であり、日本語では「製品ライフサイクル管理という。 PLMの主な目的は、企業利益の最大化のために、製品の企画、設計から生産、販売、廃棄に至るまでの“ライフサイクル全体”における製品情報を一元管理することである...(2017/7/26 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
IoTプラットフォームの変遷から、IoTの今を知る〜エッジコンピュティングの概念から最新のTSN対応機器まで〜
IIoTを実現するため一貫してプラットフォームを強化してきたナショナルインスツルメンツが、これまでどのような取り組みをしてきたのか?そして、これから何を進めるのか。本資料の前半では、直近のIIoTを取り巻く動向を振り返ることで、計測技術を通したこれからのIIoTの...(2017/7/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
過半数が「ディスク容量不足」に不安、ファイルサーバの課題にどう対応する?
 ファイルサーバやNASを運用している企業の多くが、「ハードウェアトラブル」や「災害時のデータ消失」以上に「ディスク容量不足」に不安を感じていることが、TechTargetジャパンの調査で分かった。実際、ビジネスのデジタル化に伴い、企業が取り扱うデータは急速に増大...(2017/7/3 提供:株式会社ジャストシステム)

Webキャスト
CADデータの変換はもう不要!?「AnyCAD テクノロジー」を動画で解説
 「Autodesk Inventor 2017」には、これまで設計者が抱えていた悩みを解決する多くの注目すべき機能がある。 その1つが、他社CADデータを“参照”しながら取り込める「AnyCAD」テクノロジーだ。この機能を使うと、他社CADデータをそのままInventor 2017のアセンブリ/パ...(2016/11/10 提供:オートデスク株式会社)

レポート
設計者の教育は?ツールが最適形状を提案?最新CAD事情レポート
 オートデスクでは“The Future of Making Things 〜ものづくりの未来〜” をメインテーマに掲げ、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS 2016)」に出展。競争力のある優れた製品開発を支援する「Autodesk Inventor 2017」の注目機能や“現場の生の声” を伝えるユ...(2016/11/17 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
専門性の高い3次元の機械設計を可能にする、Autodesk Inventor 2018 新機能紹介
Inventor 2018のリリースは、3次元による専門性の高い機械設計において次の一歩を踏み出した。設計ワークフローの改善、相互運用性の強化、そして、世界中のユーザーからのフィードバックをもとに全体的なユーザーエクスペリエンスが強化され、生産性と柔軟性も向上してい...(2017/6/29 提供:オートデスク株式会社)

プレミアムコンテンツ
電動バイク「zecOO」の実現を支えた3次元ツール
 電動バイク「zecOO(ゼクー)」をプロデュース/デザインしたznug designの根津孝太氏と、zecOOの設計・製造を行ったオートスタッフ末広の中村正樹氏が、「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」(会期:2015年6月24〜26日、場所:東京ビッグサイト)に出展し...(2017/6/16 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
3Dマシンビジョンの仕組みと導入メリット
製造業の生産ラインにおいて、バラ積みされた状態の部品をロボットでピックアップして次工程に供給する「部品供給工程の自動化」が着目されている。部品は通常、他の工場や工程で製造され、輸送などにおいて部品箱の中でバラ積み状態となっていることが多い。しかしロボッ...(2017/5/19 提供:アイティメディア株式会社)

Loading