TechTargetジャパン

事例
クラウド型 CAD で機敏な設計を実現!導入メリットと事例を公開
 クラウドベースのサービスや 3Dプリンティングなど、最先端のテクノロジーがこれまでになく利用しやすくなったことで、新しいデザインをすばやく調査したりプロトタイプを作成できるようになった。特に小規模メーカーやスタートアップ企業での製品開発は、規模は小さ...(2016/11/24 提供:オートデスク株式会社)

技術文書
機能強化した「Autodesk Inventor」と「AnyCAD テクノロジー」
 本資料では、例として部品サプライヤーと組み立てメーカーの間の協調設計の効率化を図る「AnyCAD テクノロジー」について解説するとともに、革新的な製品を開発する「オートデスクのプロダクトイノベーションプラットフォーム」を紹介する。 「AnyCAD」は、他社製 3D C...(2016/11/10 提供:オートデスク株式会社)

事例
デジタルツールによる「ものづくり」の革新
 ここ最近、社内で「ものづくり」に取り組まれている企業が規模の大小にかかわらず増えてきています。 背景には3DCADやモデリングマシンをはじめとするデジタルツールが普及し、これまで専門業者に外注していたことを自社内で対応できるようになり、内製化できるものが...(2017/5/25 提供:ローランド ディー.ジー.株式会社)

事例
まだ1年前の機能を使っているの? いつでも進化する「AutoCAD」の真価
 オートデスクでは2014年から順次、ライセンス体系の変更を進めてきており2016年8月に全ての製品のライセンスを「ライセンス買い取り型」から「サブスク リプション型」に切り替えた。これに伴いCAD製品である「AutoCAD」も全面的にサブスクリプション型へ移行。さらに20...(2016/12/6 提供:オートデスク株式会社)

Webキャスト
CADデータの変換はもう不要!?「AnyCAD テクノロジー」を動画で解説
 「Autodesk Inventor 2017」には、これまで設計者が抱えていた悩みを解決する多くの注目すべき機能がある。 その1つが、他社CADデータを“参照”しながら取り込める「AnyCAD」テクノロジーだ。この機能を使うと、他社CADデータをそのままInventor 2017のアセンブリ/パ...(2016/11/10 提供:オートデスク株式会社)

レポート
設計者の教育は?ツールが最適形状を提案?最新CAD事情レポート
 オートデスクでは“The Future of Making Things 〜ものづくりの未来〜” をメインテーマに掲げ、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS 2016)」に出展。競争力のある優れた製品開発を支援する「Autodesk Inventor 2017」の注目機能や“現場の生の声” を伝えるユ...(2016/11/17 提供:オートデスク株式会社)

プレミアムコンテンツ
3Dマシンビジョンの仕組みと導入メリット
製造業の生産ラインにおいて、バラ積みされた状態の部品をロボットでピックアップして次工程に供給する「部品供給工程の自動化」が着目されている。部品は通常、他の工場や工程で製造され、輸送などにおいて部品箱の中でバラ積み状態となっていることが多い。しかしロボッ...(2017/5/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
STLはもう必要ない?CADデータから直接3Dプリント
GrabCAD Print では、プロフェッショナルの CAD データ形式からダイレクトにプリントすることができます。従来、STLファイルへの変換と設定に要していた時間を削減することができます。従来の3Dプリンティング・ワークフローを簡素化し、プリンタの使用に関連した情報を提...(2017/1/23 提供:株式会社ストラタシス・ジャパン)

技術文書
小規模なエンジニアリングチームの強みとは?製品開発における新たなアプローチ
大規模な組織と競争する上で、小規模なエンジニアリングチームの強みは、アジリティ(機敏さ)、効率に細心の注意を払う、間接費を低く抑えるといった点が挙げられる。では、こうした利点を活かしつつ、設計や生産、製造の場面において、小規模なチームおよび中小企業が注意...(2017/4/26 提供:オートデスク株式会社)

レポート
「テクニカルショウヨコハマ」展示会レポート
“未来をひらく新技術”をテーマに、加工技術や機器・製品、環境などの総合見本市を展開する展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回りきれなかった方な...(2017/5/16 提供:株式会社アペルザ)

プレミアムコンテンツ
イノベーションの実現を支える3D CADのあるべき姿と将来への構想
 2016年1月31日〜2月3日(米国時間)に開催された「SOLIDWORKS World 2016」(開催地:テキサス州ダラス)。 5000人を超えるユーザーが世界中から参加する“「SOLIDWORKS」の祭典”では、将来の設計・デザイン業界の変革を見据えた数々の新機能や新製品/ソリューション...(2017/2/2 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
身近になってきた「VR」をビジネスで生かすには?
概念自体は古くから存在していたVR(Virtual Reality:仮想現実)だが、2016年にはゲームをはじめとしたエンタテイメントのいち手法として強い存在感を発揮するまでに成長した。存在感を発揮するのはまだエンタメ分野に留まっているが、製造業や建設業の設計から製造、マ...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

レポート
「ネットワーク化した工場」だけでは生産性は上がらない、最後の1ピースとは
製造業において、IIoTやインダストリー4.0、スマートファクトリーといった“つながる”ことによる革新は大きなテーマとなっている。事実、関係者からの注目度も高く、リード エグジビション ジャパンが開催した展示会「スマート工場 EXPO」(2017年1月18〜20日、東京ビッ...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

プレミアムコンテンツ
「派遣技術者からメーカー社員」「他職種から設計職」――技術者転職の成功事例
 転職を考えている技術者の皆さん、これからの転職活動/キャリアチェンジに不安はないでしょうか? そのような不安を抱える皆さんのために、キャリアコンサルタントである筆者が、「転職活動のリアルなお話」を交えながら、今後のキャリアを考える上でのヒントを提示し...(2017/5/18 提供:アイティメディア株式会社)

事例
VDI導入事例集:業種別デスクトップ仮想化活用法、大学・病院でも導入が進む
 「デスクトップ仮想化基盤(VDI)」は、さまざまな業種・業態で導入が進んでいる。デスクトップ環境(OSやアプリ)を仮想化し、ユーザーはネットワークを通じてサーバ上に仮想化された環境に接続できるため、データを端末に残さず、ユーザーには「情報漏えい対策」「ワ...(2017/4/10 提供:富士通株式会社)

レポート
IoT時代における電気設計改革のススメ
 日本の電気制御設計(以下電気設計)、特に配電制御盤等の盤設計、産業機械や電子機器のケーブル・ハーネス設計に求められる要件が大きく変わり始めている。特にIoTが電気設計に与えるインパクトは非常に大きい。あらゆるモノがインターネットにつながることで、今まで...(2016/10/27 提供:株式会社図研)

製品資料
専門性の高い3次元の機械設計を可能にする、Autodesk Inventor 2018 新機能紹介
Inventor 2018のリリースは、3次元による専門性の高い機械設計において次の一歩を踏み出した。設計ワークフローの改善、相互運用性の強化、そして、世界中のユーザーからのフィードバックをもとに全体的なユーザーエクスペリエンスが強化され、生産性と柔軟性も向上してい...(2017/4/28 提供:オートデスク株式会社)

レポート
「JIMTOF2016」展示会レポート
「JIMTOF」は、工作機械と関連機器を一堂に集めた展示会。今回の来場者数は約15万人。海外からの来場者も1万人を超えるなど、国内外を問わず高い関心を集めている。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかっ...(2017/4/11 提供:株式会社アペルザ)

レポート
IT予算の限られる企業が超高速ストレージを手に入れる方法
 企業の規模に応じて業務の規模も決まることから、ミッションクリティカルは大企業だけの課題だというイメージが強い。しかしこれは誤解であり、アプリケーションがミッションクリティカルか否かはアプリケーションの特性によって決まるものだ。 また、現実には企業規模...(2017/4/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
これからのクルマ開発はどうなる??― 電圧混合電装システムと新素材を使ったワイヤハーネスの評価
クルマに搭載される電装システムのアーキテクチャは、急速に変化している。EV/HEVの増加に伴って、混合型の電圧システムの導入が広がっているのだ。また、少しでもコストを抑えるため、銅線に代わる有望な導体としてアルミニウム電線に注目が集まっている。これに伴い、混...(2017/4/27 提供:メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社)

レポート
「水素・燃料電池展」展示会レポート
水素・燃料電池の研究開発、製造に必要なさまざまな技術、部品・材料、装置、および燃料電池システムが集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回り...(2017/4/25 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
空撮対応からデータ活用まで――ドローン活用がすぐできる運用統合管理サービス
 農業や映像制作などの分野で注目され始めたドローンは、現在では測量や検査などさまざまな分野へ活用の範囲が広がっている。例えば、橋梁や道路、送電設備などの建造物や設備に対して行われる目視による検査をドローンに置き換えることができれば、大幅な人件費削減と高...(2017/4/14 提供:株式会社日立システムズ)

レポート
「Japan Drone 2017」展示会レポート
2017年3月23日〜25日に幕張メッセで開催された「ジャパン・ドローン2017|第2回 / Japan Drone 2017」。本格的な民間ドローン専門展示会&コンファレンスの単独イベントで、ドローン製造からドローンを利用したサービスまで、さまざまな企業・団体が出展している。本レポ...(2017/4/12 提供:株式会社アペルザ)

事例
【事例】鹿島建設がBIMを活用するために、採用した高性能ワークステーションとは
 鹿島建設は、2011年3月に東日本大震災が発生したことを受け、省エネルギーの推進やバッテリー駆動による業務継続が容易なノートブックPCに着目し、特別な事情がない限りはユーザー端末としてノートブックPCを調達することを決めており、処理性能、モバイル性、コスト・...(2016/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

プレミアムコンテンツ
無償3D CADで初めての「ミニ四駆」ボディー作りに挑戦!!
 近年、「ミニ四駆」の公式大会でも、3Dプリント製のオリジナルボディーを搭載したマシンが「コンクールデレガンス」(見た目の装飾などを競う部門)で入賞しているのをご存じだろうか? 趣味として広く世間に認知されているミニ四駆の魅力は、無数に用意されたカスタム...(2016/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
「基板」単位ではなく「機能」単位による製品開発を実現したオリンパスの取り組み
医療機器メーカーとしても知られるオリンパス。同社は医療機器開発に関して、1998年ごろからEDAソリューションを導入、シンボルの一元管理やCAD記載不備での品質不具合防止に取り組んでいた。加えて2000年代に入ってからはPDM/PLMツールも導入し、作成された図面データ管...(2017/2/9 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
標的型攻撃は「出口対策」で防ぐ、端末のデータ可視化が迅速な対応を可能に
 これまでセキュリティ対策はファイアフォールやIDS/IPS、アンチウイルス対策など「入口対策」が主流だった。しかし、高度化・巧妙化する標的型攻撃に対抗するには入口対策だけでは不十分だ。その侵入を前提とした「出口対策」を組み合わせる必要がある。 その対策手法...(2017/3/31 提供:クロス・ヘッド株式会社)

レポート
第4次産業革命の本質とは何か? 成果を得るにはまず「設計と製造の壁」を破れ
 IoT の真価は、モノにデータの取得機能と通信機能を持たせることで、モノからの情報と人からの情報を組み合わせ、一元的な情報とし、従来は得られなかった知見を得られる仕組みにある。日系製造業でもこうした動きに対し、積極的に取り入れようという動きが広がっている...(2017/3/21 提供:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社)

製品資料
多種多様な企業で採用されたクラウド型ファイルサーバの効果とは?
 コラボレーション機能を備えたクラウド型ファイル共有ツールを、さまざまなコンテンツのプラットフォームとして利用している企業が増えている。本コンテンツでは、導入した企業の事例を基に、この製品の特徴を見ていく。 大手広告代理店では、「大容量のファイルのやり...(2017/3/30 提供:株式会社サテライトオフィス)

製品資料
IT環境のボトルネックを解消――課題別ストレージ選びのポイント
 データは企業がビジネスを遂行する上で不可欠なものだが、常に増え続けるデータを万全に保護し、活用できるかどうかは、その置き場所であるストレージ次第となる。そのストレージも、いまや多種多様な製品が市場に出回っており、一体どれが適しているのか、選定に悩むユ...(2017/3/24 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

Loading