VDI設計時に忘れてはいけない「3種のテレワーカー」とは?HCIによる「VDI」設計のポイント【中編】

在宅勤務などのテレワークのために「VDI」を設計する際は、適切なインフラ選びだけではなく、テレワークを実施する従業員の業務特性を踏まえることも欠かせない。どのようなテレワーカーを想定すべきなのか。

2020年10月23日 05時00分 公開
[Kurt MarkoTechTarget]

 仮想デスクトップのクラウドサービス「DaaS」(Desktop as a Service)を利用すると、デスクトップ配信用のインフラとなるハードウェアやソフトウェアの管理をせずに済む。一方で仮想デスクトップを配信するシステムである「VDI」(仮想デスクトップインフラ)を自社構築する場合、IT部門がインフラの選定、構築、運用をする必要がある。

 DaaSの利用とVDIの自社構築には違いはあるが、いずれの場合も「スケールアップ」と「スケールアウト」の両方とも可能なハードウェアが、仮想デスクトップ配信用のインフラとして用いられる。スケールアップは仮想デスクトップ配信用サーバのプロセッサ、メインメモリ、ネットワーク、ストレージなどのリソースを増強してスペックアップを図ること。スケールアウトは仮想デスクトップの負荷を複数のサーバに分散させることを指す。

 「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)はスケールアップとスケールアウトのいずれとも相性が良い。HCIの主な用途としてVDIがよく挙がるのはこのためだ。

要件定義に不可欠な「テレワーカーの3分類」

 HCIを利用してVDIを構築する際は、どのようなエンドユーザーがいるのかを想定して要件を定義することが重要だ。Cisco Systemsによる在宅勤務者の分類を参考にすると、エンドユーザーを次の3種類に分類できる。

  • タスクワーカー
    • 主に同時に1つのアプリケーションを利用する。
  • ナレッジワーカー
    • オフィススイート「Microsoft Office」やWeb会議ツールを使用し、複数のアプリケーションや複数のWebブラウザタブを同時に利用する。
  • パワーユーザー
    • ナレッジワーカーの特性に加え、高解像度グラフィックスや動画編集ソフトウェアを使用する。

 HCIはシャシーごとに複数のノード(サーバ)を高密度で積載できる。ストレージ容量を十分に確保でき、ネットワークインタフェースも備える。一般的に利用されているVDIソフトウェアも利用できるため、VDIには理想的なインフラだ。3、4ノードのクラスタからスモールスタートし、複数のラックにまたがる数十ノードから数百ノードの構成へと迅速にスケールアウトできることもHCIの利点だ。


 後編はVDI向けのインフラとしてHCIを選ぶべき理由を掘り下げる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。