2020年10月23日 05時00分 公開
特集/連載

「顔認識技術」が人種差別を助長しかねない深刻な理由技術は差別を助長するか【前編】

人類に分け隔てなくメリットをもたらすはずの技術が、人種差別を助長する可能性がある。顔認識技術といった人物認識技術に、特定の人種を差別的に扱う傾向があることが明らかになってきたのだ。何が起きているのか。

[Lizzette B. Perez Arbesu,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


 技術はレイシズム(人種差別)を永続させる――。科学技術誌MIT Technology Reviewにこのほど掲載された記事の中で、筆者のチャールトン・マクルウェイン氏はそう指摘した。マクルウェイン氏はNew York University(ニューヨーク大学)メディア・文化・コミュニケーション学の教授で『Black Software: The Internet & Racial Justice, From the AfroNet to Black Lives Matter』の著書がある。

 この記事でマクルウェイン氏は、米国の黒人やラテンアメリカ(中南米)の住民が、顔認識技術の犠牲になっている理由を解説した。顔認識技術は人の身体的な特徴を分析するようプログラミングされていて、顔の特徴から黒人やラテンアメリカ住民だと認識すると「危険人物の可能性がある」と判断してアラートを出す傾向があるという。

特定人種を「危険人物」扱いに

ITmedia マーケティング新着記事

news094.jpg

ヤフーとLINEの経営統合でコマース・広告はどう変わるのか
新生Zホールディングスの戦略についてコマースと広告に関わるポイントをまとめました。

news054.jpg

「ウェルビーイング」がなぜCX(顧客体験)とEX(従業員体験)に重要なのか? Qualtrics調査から考察する
Qualtricsの調査によると、コロナ禍で従業員エンゲージメントが世界でも日本でも向上。従...

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...