2021年03月08日 10時00分 公開
PR

手作業のデータ管理に潜むリスク、自動化が進む製品設計でPDMが果たす役割とはPTC ジャパン株式会社提供|Onshape に関するホワイトペーパー

3D CADの浸透により、製品設計と製造プロセスの自動化が進んだ一方、生成される膨大なデータの管理を、いまだに手作業で行う企業も少なくない。データ管理の負荷から従業員を解放し、その活用を促進するためのベストプラクティスを探る。

[ITmedia]

 現在、市場に存在するさまざまな製品の設計データは、その多くが3D CADソフトウェアによって作成されている。3D CADの浸透は、製品設計の迅速化、機能検証の容易さ、非技術系部門にとっての製品理解のしやすさなど、さまざまなメリットを組織にもたらしている。

 一方で、CADシステムによって生成される膨大な量のデータの管理は、紙の図面を使っていた時代からあまり変化しておらず、いまだに手作業による管理を行う企業も存在する。こうした環境では、必要なデータの検索もままならず、未公開のバージョンや間違ったバージョンの設計のコピーが使用されやすく、大きなリスク要因となり得る。

 本資料では、製品設計、製造プロセスの全ての段階で、データの適切な管理がなぜ重要であるのかを説明するとともに、データ管理の負荷から従業員を解放し、その活用を促進するためのソリューションとしてPDM(製品データ管理)システムの導入を提案している。さらに、PDM製品の選定において重視すべきポイントについても解説しているので参考にしてほしい。