TechTargetジャパン

レポート
製造メーカーのための「モノのインターネット」入門 概要から対応策まで
いままさに世界はあらゆるところでつながりつつある。インターネットに接続されているモノの数は、地球上の総人口を超え、2010 年代の終わりには、接続機能を持つデバイスの数が 500 億にまで増大するとされているのだ。製造メーカーにとって、新たに出現した「モノのイン...(2014/9/3 提供:PTC ジャパン株式会社)

技術文書
モノのインターネットを支える技術とその可能性
 やがて、コーヒーカップにもネットワークアドレスが割り当てられる日が来るかもしれない――。 各種センサー端末から情報家電、白物家電、インフラ監視機器など、あらゆるモノに通信機能を組み込んでネットワーク化する、いわゆる“モノのインターネット”は、この地球...(2015/6/16 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「モノのインターネット」のセキュリティ、どう確保する?
 昨今、ITセキュリティの新たな課題となっているのが「モノのインターネット」に関するセキュリティリスクだ。インターネットに接続した「モノ」は2013年の99億から2020年には300億に増加するという予測がある。セキュアな開発が行われていない黎明期のデバイスは、PCや...(2015/2/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査
 爆発的な普及が予測される「IoT(モノのインターネット)」技術。幅広い業種で活用が見込まれているが、中でも製造業では以前からマシンデータを収集・分析してきており、IoTへの取り組みが活発だ。 既に設備状況を把握することで品質や歩留まりの向上につなげたり、納...(2017/3/10 提供:SAS Institute Japan株式会社)

プレミアムコンテンツ
脅威にどう備える? 先進事例から学ぶ「工場セキュリティ」
 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)やインダストリー4.0に注目が集まる中、製造業では「つながる工場」の実現に向け、汎用OSや標準通信規格ベースのネットワーク技術が急速に工場内に入り込み始めている。これまで閉じられた世界で守られてきた工場も、“...(2017/2/28 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
「センサー」「仮想化」「フォグ」の視点からIoTを再考する
 モノのインターネット(Internet of Things:IoT)が必須事項の1つとしてその地位を確立するにつれ、その基本概念に注目するシステム・アーキテクトが増加しています。そのなかで専門家は、IoTの「構造」に対して厳しい視線を送っています。IoTを「全てがインターネット...(2016/12/9 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
新たなうねり、“Internet of Things”を支えるキー・テクノロジーとは?
 従来人と人、人とモノをつないできたインターネットにおいて、現在は、モノとモノとがインターネットを介してつながるM2M(Machine-to-Machine)のネットワークが広がりを見せている。膨大な数のデバイスやモバイル端末が相互に繋がることにより、人々の暮らしや社会の...(2014/2/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
カーテレマティクスの先進事例から学ぶ、製造業IoTのヒント
 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の流れは、製造業にも大きな変革をもたらすといわれています。 しかし、その一方で具体的な活用の道筋や効果が見えづらい状態にあり、導入に躊躇(ちゅうちょ)する企業も少なくありません。 本稿では、代表的なIoTの...(2016/5/23 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
【医療】IoT がもたらす変革、未来の医療と健康管理の形とは
 高齢化社会による社会保障給付金における医療費の増加が課題となっている日本。そんな中、健康管理を徹底することで病気を未然に防ぎ、病気を早期に発見して治療することが、医療費の削減につながるとされている。健康管理において、「IoT」( Internet of Things:モノ...(2016/7/5 提供:インテル株式会社)

技術文書
IoT で実現化される「予防保全」の可能性とは
 機械や設備の状態を監視することで、将来起こり得る問題発生を見いだし、未然に防ぐ…この「予防保全」という分野は、古くから注目されていたテーマだ。 ニーズは高かったものの、技術的な課題により、今まではそれほど高精度では実現できなかった。それが今、「IoT( ...(2016/7/5 提供:インテル株式会社)

技術文書
インテルと7社のベンチャー企業で構成された「IoTベンチャーズ」
 インテルは「IoT(Internet of Things: モノのインターネット)」の分野でベンチャー企業と共同でソリューションを提案する取り組みを始めている。 「IoT ベンチャーズ」という枠組みの下、7社のベンチャー企業がインテルのプラットフォームでさまざまなIoT ソリューシ...(2016/7/5 提供:インテル株式会社)

技術文書
IoTを成功に導くために、取り組むべき6つの課題と解決策
 「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」を実践する上で企業はセキュリティやネットワーク、分析プラットフォーム、コストなど多くのことを考える必要がある。 そのようなIoTに関わるエンドツーエンドのソリューションを提供するのがインテルだ。近年は...(2016/6/30 提供:インテル株式会社)

レポート
IoT時代のデータ収集と活用、どうすればいい? SASの戦略担当に聞く7つの質問
 モノのインターネット (IoT)は大きな話題となっており、一部の業種では急速に業務環境に組み込まれつつある。また、変革をもたらすビジネス・アプリケーションのための各種テクノロジーも手軽に利用できるようになっている。とはいえ、この機会に関する認識および行動...(2017/2/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
通信事業者58社に聞く、5G動向調査レポート「けん引役はIoT」
 Telecommunications Industry Association(TIA)は、世界中の通信事業者 58 社を対象に、5G(第5世代移動通信)について調査を行った。多くの通信事業者が、5G では「完全な商用化は 2022 年以降」「けん引役は IoT」「開発と導入ではアジアがリード」と考えていること...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
Hadoopよりも高速なSparkの活用を積極推進するIBMは何をしようとしているのか?
 2009年にUC Berkeley AMPLabのプロジェクトとしてスタートした「Apache Spark」は、2010年にオープンソース化され、現在ではApache Software Foundationで最もアクティブなプロジェクトの1つとなった。SparkはHadoopと比較して、統計処理や機械学習のような「繰り返し計...(2015/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Predixの事例に学ぶ、日本企業のためのオープンイノベーション入門
 日本ではバズワードとして次々と消費され忘れ去られていった概念が世界ではきちんと積み上げられ、新しい競争モデル作りに活用されている。今回取り扱うのは、これらのうち「ビジネスエコシステム」「オープンイノベーション」など多くの人にとって聞き覚えのある概念だ...(2016/12/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
徹底解説:あらゆるモノのつながりが生む「IoT」の新世界
 「モノのインターネット」(IoT:Internet of Things)が現実になりつつある。だが、IoTの可能性を十分に引き出すには、無線ネットワークやソフトウェアエコシステムをまず確立する必要がある。 既に一部の先進的な企業では、計測機器やセンサーをインターネットに接続...(2014/6/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly 新たなセキュリティリスクと対策
 「モノのインターネット」によって生じる新たなセキュリティリスク。信頼性の高いWebサイトが使っている正規の短縮URLの悪用。限界に達したパスワード認証に代わる新たな認証技術。 セキュリティ分野では、毎日のように新たなトレンドが生まれている。本PDFは、最近注...(2014/11/12 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
FTPでは10時間以上かかる巨大データを8.4秒で転送できる技術
 ビッグデータの活用。ビジネスで扱われるデータの種類は、テキスト中心から、画像、音声、映像など多岐に及ぶようになり、データ容量は肥大化の一途をたどっている。今後は、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の進展や、分析・解析技術の進歩により、ビ...(2014/12/15 提供:エヌアイシー・パートナーズ株式会社)

技術文書
モノづくり企業にとっての「モノのインターネット」〜IoTとは何か、我々は何をすべきか〜
今後数年の間に数百億個のデバイスが互いに接続され、インターネットを超えた新たなネットワーク「Internt of Things(IoT)」が誕生するといわれています。インターネットによって、人々の行動や価値観が、企業のあり方が、そして世界が変わってしまったように、IoT によっ...(2014/11/17 提供:株式会社アットマークテクノ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月7日号:PC産業にイノベーションは残っているか?
 Computer Weekly日本語版 5月7日号は、以下の記事で構成されています。■ビッグデータ分析で犯罪の兆候を検出するMicrosoftデジタル犯罪対策部門 米Microsoftは、ビッグデータ分析を犯罪防止と対策に活用して成果を挙げている。ビッグデータ分析の可能性と、同社の活...(2014/5/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
5分で分かる「IoT」の基本、経営者も熱い視線を送るビジネス利用の将来性
 インターネットに接続する情報端末、電化製品、機械は増加の一途をたどっている。あらゆるものがインターネットにつながった「IoT」(モノのインターネット)の世界が現実となりつつある。 そうした中で、IoTがどのようなものかを理解し、その利用ケースや企業における...(2015/7/6 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

製品資料
「IoTアプリケーションの心臓部」となるセキュリティ機構を知ろう
IoT(Internet ofThings:モノのインターネット)の可能性に注目が集まっている。IoTをベースとした新しいアプリケーションを構築し、自社のソリューションの機能を強化することは、ソフトウェア開発に携わる部署や企業にとって最優先事項となっている。たとえば、インテ...(2015/10/16 提供:日本セーフネット株式会社)

レポート
IoTのビジネス活用に高まる期待 顧客体験の改善で新たな商機を狙え
 IoT(モノのインターネット)の注目度が急速に高まっており、これをビジネスに活用しようという機運が盛り上がりを見せている。「人」と「モノ」または「モノ」と「モノ」がつながることの最大のメリットは、顧客体験(UX)を改善できる点にある。 医療分野や建設分野...(2015/7/21 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
「IoT」に思わず前のめり 決して無視できないインパクトとは
 製造現場では、製造装置からガスタービン、風車、ジェットエンジンに至るまで、幅広いデータが大量に発生している。これらの機械データは長年の間、その価値に目を向けられることなく、工場や現場での利用にとどまっていた。 昨今、このような機械データのソースとイン...(2015/7/13 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
「状況は100倍悪い」って本当? IoT時代の本当は怖いセキュリティ
 「IoT(モノのインターネット)」はバズワードの域を超え、これからあらゆる産業に影響を与えそうだ。そんな中、インターネットに接続された膨大な数のデバイスが、企業に押し寄せようとしている。ビジネスの拡大など、決して良い面ばかりではない。企業のIT部門は、そ...(2015/7/21 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

技術文書
IoT時代の鍵を握る、第5世代移動通信(5G)の動向
 モビリティーやIoT(モノのインターネット)はネットワークの容量と帯域幅の消費量を急激なペースで増大させ、現在では10 Gビット/秒を超える通信速度、LTEの約1000倍にもおよぶ通信容量を目指した5Gの研究が進められている。 本資料では、5Gの基礎や実用化へ向けた技術...(2015/7/1 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
ハイパフォーマンスADC(アプリケーションデリバリコントローラー)が必要な「4つの理由」
 データセンターの年間トラフィック量は平均20%以上で増加し、それに対応するための平均予算は毎年約1.5%上昇するといわれている。このように企業システムのネットワーク環境は厳しい状況へと変化してきている。さらにネットワーク環境を厳しいものにしている要因は...(2015/7/28 提供:A10ネットワークス株式会社)

レポート
デジタル社会の成熟した消費者に購入を促す「心に秘めた3つの扉」を開ける方法
 デジタル端末機器の中で、スマートフォン、タブレット、ノートPC、高精細テレビは「ビッグ・フォー」と呼ばれ、市場をけん引してきた。しかし、アクセンチュアが2014年の秋に世界24カ国2万4000人の消費者を対象に行った購入計画調査では、いずれの製品も4〜8%減少して...(2015/3/16 提供:アクセンチュア株式会社)

講演資料
社会とともにIBM、ストリームコンピューティングとともにIoT
 デバイスやセンサーだけでなく家電やクルマなどさまざまなモノがつながるIoT(Internet of Things)が急速な展開を見せる中、これらの大量のトラフィックを効率的・効果的に扱うMQTTプロトコルが注目を集めている。本コンテンツでは、IoTやM2M(Machine-to-Machine)に...(2014/11/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading