2015年11月04日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ニッチな技術とはもういわせないAWSが本気を出した「AWS IoT」の実力とは (1/2)

企業は「モノのインターネット(IoT)」の氷山の一角を見ているにすぎない。米Amazon Web Services(Amazon)は、「Amazon Web Services Internet of Things(AWS IoT)」という新しいクラウドサービスでIoTの潜在能力を引き出すことを計画している。

[Beth Pariseau,TechTarget]
photo IoTの概要とイメージ (TechTargetジャパン記事「モノが自律する時代はすぐそこ? IoTの可能性を探る」から)《クリックで拡大》

 「モノのインターネット(IoT)」が大企業や先進企業のためのニッチなテクノロジーだと思ってはいないだろうか。だとしたら、ちょっと待ってほしい。

 これは筆者が米ラスベガスで2015年10月6〜9日に開催された「AWS re:Invent」で感じたことだ。このとき、「Amazon Web Services Internet of Things(AWS IoT)」サービスはβ版が提供されていた。AWS IoTを使用すると、AWSのサービスを利用している企業は、何十億台ものデバイスに安全に接続して管理できるようになる。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。