2015年11月04日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ニッチな技術とはもういわせないAWSが本気を出した「AWS IoT」の実力とは (1/2)

企業は「モノのインターネット(IoT)」の氷山の一角を見ているにすぎない。米Amazon Web Services(Amazon)は、「Amazon Web Services Internet of Things(AWS IoT)」という新しいクラウドサービスでIoTの潜在能力を引き出すことを計画している。

[Beth Pariseau,TechTarget]
photo IoTの概要とイメージ (TechTargetジャパン記事「モノが自律する時代はすぐそこ? IoTの可能性を探る」から)《クリックで拡大》

 「モノのインターネット(IoT)」が大企業や先進企業のためのニッチなテクノロジーだと思ってはいないだろうか。だとしたら、ちょっと待ってほしい。

 これは筆者が米ラスベガスで2015年10月6〜9日に開催された「AWS re:Invent」で感じたことだ。このとき、「Amazon Web Services Internet of Things(AWS IoT)」サービスはβ版が提供されていた。AWS IoTを使用すると、AWSのサービスを利用している企業は、何十億台ものデバイスに安全に接続して管理できるようになる。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...

news063.jpg

Web接客の「KARTE」がB2B向け活用も視野に「Marketo」と連携
プレイドは、同社が提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE」とマルケトが提供するマー...