2017年12月07日 05時00分 公開
特集/連載

IoTアプリケーション開発に必須の言語再び実感するJavaのすごみ、IoTでJavaが選ばれる4つの理由

IoT(モノのインターネット)アプリケーションをJavaで開発する体制は、今後も長期的に存続するだろう。IoTのアプリケーション開発でJavaが選ばれる4つの理由を挙げる。

[Ritesh Mehta,TechTarget]

 Java言語の最大級の利点は、アプリコードの安定性にある。C言語がメモリ参照用に明示ポインタを使っているのに対し、Javaのオブジェクト参照は全て、アプリのコードでは操作できない暗黙のポインタが使われる。これによって、アプリが突然動作を停止する原因となるメモリアクセス違反のような問題の可能性が自動的に排除される。C言語で書かれたアプリを新しいプラットフォームに移植するには時間とコストがかかってミスが生じることもある。これに対してJavaのもう1つの利点は、1度書けばどこでも実行できる点にある。アプリで使っているAPIが変わらなければ、既存のJARファイルクラスにデプロイし直すだけで済む。単純な再コンパイルを行えば、Javaの新しいバージョンに移行できる。

IoTアプリケーション開発でJavaが選ばれる4つの理由

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...