2016年12月01日 12時00分 UPDATE
特集/連載

半導体の需要拡大を見込んだ業界再編IoT時代到来で半導体業界はどう変わる? 5件の大型買収を振り返る

モノのインターネット(IoT)用のデバイスには、新しいタイプの半導体チップが必要になると予想されることから、半導体業界には企業買収の波が押し寄せている。半導体業界の動向を振り返る。

[Gary Orenstein,TechTarget]

 IT系Webサイト『AnandTech』はQualcommのNXP Semiconductors買収について次のように報じている。

 「合併後の会社は、汎用(はんよう)半導体を提供する世界最大規模のサプライヤーの1つとなる。売上高はSamsung ElectronicsやIntelと肩を並べることになるだろう」。

 QualcommによるNXP Semiconductorsの買収の他にも、半導体業界ではモノのインターネット(IoT)時代に備えた大型買収が相次いでいる。この2年間に発表された大型買収のうち、主な5つの案件は以下の通りだ。

  • NXP SemiconductorsがFreescale Semiconductorを118億ドルで買収(2015年3月発表)
  • Avago TechnologiesがBroadcomを370億ドルで買収(2015年5月発表)
  • IntelがAlteraを170億ドルで買収(2015年6月発表)
  • ソフトバンクがARM Holdingsを310億ドルで買収(2016年7月発表)
  • QualcommがNXP Semiconductorsを470億ドルで買収(2016年10月発表)

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。