TechTargetジャパン

レポート
「超」高速無線LANがやってくる、IEEE802.11ac/adが変えるモバイルの世界
無線通信技術の「進化」と「革新」IEEE 802.11acとIEEE 802.11adの高速化を支えた、技術的な側面に焦点を絞って解説。IEEE 802.11acやIEEE 802.11adは、いかにして高速化を図ったのか。そこには、無線通信技術が脈々と培ってきた「進化」と、今までになかった「革新」があ...(2014/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
無線LANの基本を学ぶ (入門書) WiFi:802.11の物理層とトランスミッタ測定
今日、世界中いたるところでIEEE 802.11デバイスが使用され、同じ周波数バンドで動作しているため、その共存が重要になります。設計の基本は仕様を理解することからはじまります。この入門書では規格やプロトコル・アーキテクチャの概要から、物理層のフレーム構造、各世...(2015/7/21 提供:テクトロニクス)

技術文書
超高速無線LANの時代がやってくる! 今こそ導入すべき「IEEE 802.11ac」
 スマートフォンやタブレットなど、モバイル機器の利用者が爆発的に増えている。業務の効率化・活性化による業務拡大を目的に、多くの企業でもモバイル機器が活用され始めている。それに伴い、モバイル機器からのアクセスを想定した、企業内における高速無線LAN環境の構...(2013/11/12 提供:ノックス株式会社)

技術文書
産業用IoT向け“次世代イーサネット規格”とは?
 産業分野でのIoT(モノのインターネット)に対する取り組みが積極的に行われる中、標準イーサネット規格「Ethernet AVB(IEEE802.1 Audio/Video Bridging)」の拡張版である「IEEE 802.1 TSN(Time Sensitive Networking)」(TSN)の標準化が進められている。 TSNでは...(2016/6/28 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
転ばぬ先のギガビット無線LAN「IEEE 802.11ac」導入準備ガイド
 IEEE(米電気電子技術者協会)は、無線LAN規格「802.11ac」のWave 2仕様(完全な仕様)の最終ドラフトを承認した。これによって、新世代のWi-Fi製品や機器が間もなく登場するだろう。 この新しい規格は、ユーザーにどのような影響を与えるのか。また、既存規格である80...(2014/9/18 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
LAN配線試験の必須知識を“速習”――押えておくべき3つの規格と3つの文書
 オフィスに張り巡らされたLANについて、日頃、ユーザーが意識することはないが、LAN配線の性能はコネクタとの接続やケーブルの引き回しなどによっても変化する。そのため、作業者の技量や施工環境によっては、規格が定める性能を下回ることがある。 そこで、配線の構築...(2016/6/22 提供:株式会社 TFF)

技術文書
IoT実現へ、今、注目される「テスト戦略」とは?最新動向に学ぶ、市場投入期間の短縮やコスト削減のヒント!
 本格的なIoTの運用で、近い将来、インターネット接続デバイスの数は500億台に上るとも言われている。多くの企業は膨れ上がるデバイスに対し、それぞれ要求されるテストを実施していかなければならない。同時に、デバイスの低価格化が進み、検証ツールが多様化し、ますま...(2016/6/21 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
ネットワーク管理者に贈る、失敗しないネットワーク仮想化へのガイドライン
 企業システムのクラウドへの移行が本格化してきた。サーバやストレージに関する仮想化技術の急速な進化がその背景にある。一方、ネットワークの仮想化はというと、いまだ多くのクラウド環境でVLAN技術が利用されているのが現状だ。複数のデータセンターが連携するなど...(2013/8/26 提供:日本アバイア株式会社)

技術文書
コストを削減しつつ「組込・制御システム開発」を成功させる秘訣とは?国内外の先端研究事例に学ぶ
 本資料には、システム開発や保守費用にかかるコストを削減しつつ、テスト開発の生産性を高め開発時間の短縮に成功した事例が数多く掲載されている。新しい領域の研究開発や製品設計に挑む技術者には見逃せない資料だ。高い性能と信頼性が要求されるアプリケーションにお...(2016/6/13 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
今さら誰も教えてくれない「正しい物理インフラ構築・管理・作業の方法」
 物理インフラはデータセンターやサーバルームのネットワークやシステムそのものを支える基盤であり、その品質はそのままITシステムの信頼性を左右する。例えば、LAN配線の設置が乱雑な状態であると、その後の取り扱いが面倒になるだけでなく、セキュリティレベルの低下...(2016/3/1 提供:パンドウイットコーポレーション日本支社)

レポート
無線LANセキュリティのポイントは、デジタル証明書
 企業のITシステムは、スマートフォンやタブレットといった「マルチデバイス化」や、モバイルワーク、在宅勤務などの「マルチワークスタイル化」に対応していく必要がある。これにより、社外からのリモートアクセスゲートウェイ、社内の無線アクセスポイントの整備が急務...(2015/5/8 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

事例
沖縄もずく養殖の課題をIoTによる環境モニタリングで解決!?
 沖縄県南城(なんじょう)市にある「志喜屋(しきや)漁港」で、IoT(Internet of Things)技術を活用した、沖縄もずく養殖の環境モニタリングに関する“世界初”をうたう実証実験が開始された。 IoTによる環境モニタリングが沖縄のもずく養殖、ひいては「養殖漁業」の...(2016/6/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
OpenSSLの脆弱性問題で注目度急上昇「Forward Secrecy」って何だ?
 OpenSSLの脆弱性問題には、該当ソフトのアップデートという対処でいったん安全を保てるものの、サーバ管理者としては今後に備えて根本的な対策を施す必要がある。特に今回の問題を通じて、もしサーバのトラフィックを記録し続けている盗聴者がいて将来的に暗号化の秘密...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始 Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

レポート
iPad ProはWindows 2-in-1と比べて何が優れているのか
 スレートタイプのボディとそこに接続するキーボードユニットが標準で付属することで、タブレットとしてもクラムシェルデバイスとしても使える「2-in-1」デバイスは、Windows搭載ノートPCでは、すでに何年も前からモバイル利用を重視するユーザーにおいて主流になってい...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

技術文書
組み込みモジュール「COM Express」、最新の「タイプ7」とは?
 ADLINK CTOのジェフ・マンシュ (Jeff Munch) をリーダーとするPICMG COM Expressサブコミッティが策定した最新のCOM Express仕様が間もなくリリースされる。 最大4つの10GbE-KRインタフェースに対応したCOM Expressタイプ7にピンアウトは、将来の大きな発展の1つで、Io...(2016/5/9 提供:ADLINKジャパン株式会社)

レポート
無線LANセキュリティ――「あって当たり前」だからこそ忘れてはいけないこと
 社内で、あるいは外出先で忙しく動き回る社員にとって、Wi-Fiは不可欠なものだ。だが、利用者がモバイルデバイスを安全にネットワークに接続できるようにするためには、企業が相応のセキュリティポリシーを用意する必要があるだろう。 無線LAN新規格「IEEE 802.11ac」...(2015/5/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
エッジPC導入でIoTは変わる
 センサーで収集されたデータは、エッジPCにより処理・加工・蓄積され、必要な時に必要なデータのみクラウドやサーバーに送信される。 エッジPCの導入メリットは、クラウドの巨大化や通信回線の容量不足と遅延を最小限に抑えるだけでなく、演算能力を分散させることで...(2016/4/18 提供:株式会社ピノー)

技術文書
PS4の中身から、半導体の未来を占う
 半導体や電子機器の解析を手掛けるカナダの Chipworks は、スマートフォンやタブレット端末の分解リポートを公開する iFixit と共同で、ソニーの「プレイステーション 4(PS4)」を分解した。 「ソニーは、7年をかけて開発した多くの革新的な設計を PS4 に盛り込んだ」...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
【基礎から学ぶ!】RF/通信の基本
 今日、様々なシステムやアプリケーションにおいて、RF、マイクロ波、ワイヤレスデバイス/信号が採用され、テスト・計測アプリケーションを使いこなすには、RF/通信の基本的な知識が必要である。この技術資料は、アナログ/デジタル変調、I/Qデータ、RF/マイクロ波仕様...(2015/7/1 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
IEEE 802.11ac テストにおける意味
 IEE E 802.11acは、2015年までに世界全体で10億個以上の対応ICの出荷が予測され、市場に大きな影響を与えると期待される。802.11acは、最大160MHzのチャンネル帯域幅、256 QAM変調、8x8 MIMOを用いることにより、最大6 GPbpsのデータレートを達成できる。 また、既存の...(2012/6/29 提供:ライトポイント・ジャパン株式会社)

技術文書
OpenSSLの脆弱性問題で注目度急上昇、「Forward Secrecy」って何だ?
 OpenSSLの脆弱性問題には、該当ソフトのアップデートという対処でいったん安全を保てるものの、サーバ管理者としては今後に備えて根本的な対策を施す必要がある。特に今回の問題を通じて、もしサーバのトラフィックを記録し続けている盗聴者がいて将来的に暗号化の秘密...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

その他
英語で記載された文献を「読まず」に「推測する」方法
 英語で記載された文献を、短時間でいかに手を抜きつつ理解するか、あるいは理解したかのように自分を納得させるか。さらには、上司や同僚に『あなたが理解した』かのように誤認させるか――。実践編(文献調査)の前半となる今回は、上司の「気まぐれ」で依頼された文献...(2016/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
センサ計測がわかる!センサの理論や選び方、センサ計測のノウハウ
 IoT(モノのインターネット)の実現へ向け、さまざまな装置・機器にセンサが取り付けられ、ますますニーズが増えているセンサ計測。本資料では、温度、歪み・負荷・応力、圧力、音響/振動などのセンサ計測について、基本的な理論から、適切なセンサの選び方、計測システ...(2015/11/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
IoT時代の製品開発ノウハウ「継続的エンジニアリング」を知っていますか?
「継続的エンジニアリングとは何か」「複雑な製品設計を継続的に改善する方法」「市場と顧客についての予測と対応を行う方法」「社内のエンジニアリング・リソースを最大限活用する方法」など、いますぐ使えるノウハウを詰め込んだ、全75ページの小冊子「継続的エンジニア...(2016/1/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
高級車メーカーがなぜ車載情報機器の開発に注力するのか
 2013年5月28〜29日に東京都内で開催された、「Automotive Linux Summit Spring 2013」(主催:The Linux Foundation)。同イベントでは、車載情報機器への採用が広がりつつあるLinuxや、それと関連する開発プロジェクトの最新情報が紹介された。 本稿では、ジャガーラン...(2015/8/31 提供:アイティメディア株式会社)

事例
IoTの普及をリードする「オンライン状態監視」- 予期せぬ設備障害を防ぎ、ビジネス機会の損失を無くす
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2015/12/15 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
事例:名古屋工業大学がキャンパス情報ネットワークのファイアウォールを刷新
 創立110年を迎えた名古屋工業大学は、工学の広い分野で先端的、独創的な研究の創出に取り組む。同大学の教育研究活動を支える情報インフラは、サーバ、ネットワーク、ストレージ、クライアントに至るまで仮想化され、セキュアな学内外との通信を実現していた。2014年に...(2015/12/3 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

技術文書
電力系統安定化を支える、20年以上メンテナンスフリーの「長寿命フライホイール蓄電システム」
不安定な再生可能エネルギーの大量導入に備え、蓄電素子を用いた系統電力の安定化装置の需要が増加している。現在一般的な化学電池(NAS、Li-ion電池など)は、サイクル寿命により10年ほどで交換が必要であり、温度変化に弱く耐環境性に欠ける。そこでサンケン電気では、蓄...(2015/10/15 提供:サンケン電気株式会社)

レポート
AWSすら青ざめる? 中国“アリババストレージ”の衝撃
 大手のオンライン企業が提供するデータストレージサービスが増えており、ITのコスト削減を試みるIT担当者から注目を集めている。2015年3月11日に開催されたLinuxのストレージとファイルシステムのカンファレンス「Vault 2015」では、中国Alibaba Groupがオープンソース...(2015/10/29 提供:アイティメディア株式会社)

Loading