TechTargetジャパン

レポート
最新規格「IEEE 802.11ax」がやってきた! 最新無線LAN事情
 ネットワークにアクセスする通信手段として一般的に利用されるようになった無線LANだが、今でも新たな規格策定に向けた動きが活発化しており、その進化に終わりは見えない。現在、既に1Gbpsを超えるほどのスループットを実現している規格が中心となっており、2016年後半...(2017/6/13 提供:KDDI株式会社)

技術文書
迫りくるワイヤレス技術の変化:知っておくべき最新技術情報〜Qualcomm Atheros社など活用事例を交えて〜
 昨今、携帯電話は高いデータスループットを実現し、高解像度の動画を数秒でダウンロードし高速化は進んでいます。さらに、近い将来、ワイヤレスネットワークに接続されるデバイス数は莫急速に激増し、企業は多品種小ロット製品を低コストで設計開発せざるを得ない状況と...(2016/7/13 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
「データセンター配線」規格ガイド――40Gbps/100Gbpsイーサネットも徹底解説
 データセンターの配線を考える上では、配線規格である「ISO/IEC 24764」や、イーサネット/ファイバーチャネル/インフィニバンドなどを用いた配線システムに関する正しい理解が求められる。もちろん、現在の主流となっている製品や技術をフォローすることも欠かせない...(2017/3/17 提供:コムスコープ)

レポート
「超」高速無線LANがやってくる、IEEE802.11ac/adが変えるモバイルの世界
無線通信技術の「進化」と「革新」IEEE 802.11acとIEEE 802.11adの高速化を支えた、技術的な側面に焦点を絞って解説。IEEE 802.11acやIEEE 802.11adは、いかにして高速化を図ったのか。そこには、無線通信技術が脈々と培ってきた「進化」と、今までになかった「革新」があ...(2014/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
無線LANの基本を学ぶ (入門書) WiFi:802.11の物理層とトランスミッタ測定
今日、世界中いたるところでIEEE 802.11デバイスが使用され、同じ周波数バンドで動作しているため、その共存が重要になります。設計の基本は仕様を理解することからはじまります。この入門書では規格やプロトコル・アーキテクチャの概要から、物理層のフレーム構造、各世...(2015/7/21 提供:テクトロニクス)

レポート
無線LANの基礎知識――企業に最適なネットワークを探る
 「Wi-Fi」とも呼ぶ無線LANは、今日のネットワーク環境において最も一般的に利用されているインフラだ。現在の無線LANにつながる規格「IEEE802.11」を最初に策定したのは1997年だが、本格的に普及し始めたのは、転送速度が最大11Mbpsの「IEEE802.11b」を規格化した1999年...(2016/7/5 提供:KDDI株式会社)

技術文書
IoTプラットフォームの変遷から、IoTの今を知る〜エッジコンピュティングの概念から最新のTSN対応機器まで〜
IIoTを実現するため一貫してプラットフォームを強化してきたナショナルインスツルメンツが、これまでどのような取り組みをしてきたのか?そして、これから何を進めるのか。本資料の前半では、直近のIIoTを取り巻く動向を振り返ることで、計測技術を通したこれからのIIoTの...(2017/7/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
最適なアクセスポイントに常時接続、IEEE 802.11acも徹底活用できる無線LAN運用
 ワークスタイルの多様化やモバイル端末の活用を進める上で欠かせない無線LAN環境。ユーザー増加に合わせて規模を拡張したり、ギガビット無線LANを導入したりしても、不安定な接続状況が改善されず、期待したほどのスループットが得られないケースも少なくない。 その典...(2017/5/15 提供:株式会社日立システムズ)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年9月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年9月号をご紹介。 特集記事では、「IE...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
超高速無線LANの時代がやってくる! 今こそ導入すべき「IEEE 802.11ac」
 スマートフォンやタブレットなど、モバイル機器の利用者が爆発的に増えている。業務の効率化・活性化による業務拡大を目的に、多くの企業でもモバイル機器が活用され始めている。それに伴い、モバイル機器からのアクセスを想定した、企業内における高速無線LAN環境の構...(2013/11/12 提供:ノックス株式会社)

技術文書
コネクテッドカーのための802.11p規格とテスト手法
世界保健機関(WHO)が発表した統計によると、交通事故による死者数は1日約2,500人、年間で約100万人に上る。自動車会社も、道路の安全性の向上と、死傷事故発生率の低減のために、新しいテクノロジーを積極的に採用している。同時に、交通管理の改善、エネルギー効率の向上...(2017/4/20 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

技術文書
システム停止を防ぐ、高信頼性のLAN配線構築に必要なものとは?
 システムのパフォーマンスにおいて、LAN配線などの物理層の重要性があらためて認識されつつある。実際、ネットワーク問題の過半数は配線に起因している。この物理層のトラブルを未然に防ぐには、ネットワーク構築時に伝送・配線規格に則したLAN配線の認証試験を行うこと...(2017/6/30 提供:株式会社 TFF)

技術文書
産業用IoT向け“次世代イーサネット規格”とは?
 産業分野でのIoT(モノのインターネット)に対する取り組みが積極的に行われる中、標準イーサネット規格「Ethernet AVB(IEEE802.1 Audio/Video Bridging)」の拡張版である「IEEE 802.1 TSN(Time Sensitive Networking)」(TSN)の標準化が進められている。 TSNでは...(2016/6/28 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
転ばぬ先のギガビット無線LAN「IEEE 802.11ac」導入準備ガイド
 IEEE(米電気電子技術者協会)は、無線LAN規格「802.11ac」のWave 2仕様(完全な仕様)の最終ドラフトを承認した。これによって、新世代のWi-Fi製品や機器が間もなく登場するだろう。 この新しい規格は、ユーザーにどのような影響を与えるのか。また、既存規格である80...(2014/9/18 提供:アイティメディア株式会社)

事例
光ファイバー認証試験を徹底解説――損失許容値の算出と試験・トラブル防止まで
 データセンターの中核というべき光ファイバーネットワークに対する要求レベルは年々高まってきた。伝送レートが10Gbpsから40Gbps、100Gbpsへと高速化するとともに、高密度化を求めてMPO/MTP配線システムが普及。こうした変化の中で、ダウンタイムの発生やパフォーマン...(2017/6/30 提供:株式会社 TFF)

レポート
「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか?
 今やすっかり一般的な通信方式となった無線LAN(Wi-Fi)。SOHOや中小企業で無線LANを導入する場合、オフィス内をフリーアドレス制にするといったケースや、商談ルームやラウンジなど来客用に限定して無線LANを開放するといったケースなど、その目的はさまざまだろう。そ...(2017/4/17 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は?
 Wi-Fi環境を構築したものの、想定通りの速度が出ない、途切れやすい、つながりにくいといった不満を抱えているケースは多い。アクセスポイントにかかる負荷の変動やオフィス内の障害物による電波減衰などの影響から、理論値通りの性能はそうそう得られないためだ。 そ...(2017/4/17 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

プレミアムコンテンツ
5分で分かる「LPWA(Low Power Wide Area)」
 IoT(Internet of Things)を実現するためには、モノをインターネットに接続する必要があります。PCであればIEEE 802.11a/b/g、スマートフォンでいえばLTEなどが接続技術としては一般的ですが、これらは高速な通信を可能とするかわりに多くの電力を消費し、そのコストも...(2017/3/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Ethernetとコネクテッド・ワールド
 ウェアラブル機器や家庭用サーモスタットなどのIoTアプリケーションへの短距離インターフェイスとしては無線プロトコルを利用するのが一般的ですが、基盤となるネットワーク・インフラストラクチャでは今もEthernetテクノロジが欠かせません。ネットワークに接続したす...(2016/9/15 提供:日本シノプシス合同会社)

製品資料
LTE回線での二重化にも対応できる、ゼロコンフィグ対応のVPNルーターとは?
 ネットワークの構築や更新を考慮しているSIや情報システム管理者にとっては、どのようなルーターを選択するかが重要になる。ポイントになるのは、Office 365などインターネット通信の負荷軽減を考慮しているのか、無線LANを使用した店舗など向けのシステム構築を考えて...(2017/4/21 提供:センチュリー・システムズ株式会社)

事例
東京女子大学は「スチールドア付き学生寮で快適無線LAN」をどう実現したのか
 大学の学生や教員が、eラーニングや図書館データベースなどの学内システムを快適に利用できるようにするには、安定かつ高速に利用できるネットワーク環境が不可欠となる。特に重要性が高まっているのが、ケーブルを接続することなく学内LANへアクセスできる無線LANだ。(2017/6/26 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
IoT時代の無線LAN構築法、コミュニケーション基盤を維持するための3つの要件
 ビジネスの現場でもスマートデバイスや音声コミュニケーションアプリの利用が珍しくなくなっている昨今、その通信を支える無線LAN基盤には大きな負担が生じている。その一方で、音声通信やビデオ通信のようなコミュニケーション基盤は「つながって当たり前」とユーザー...(2016/11/7 提供:ユニアデックス株式会社)

謚?陦捺枚譖ク
縲仙渕遉弱°繧牙ュヲ縺カRFIC縲代ヱ繝ッ繝シ繧「繝ウ繝?/繝輔Ο繝ウ繝医お繝ウ繝峨Δ繧ク繝・繝シ繝ォ險域クャ縺ョ蝓コ譛ャ ?シ郁恭隱櫁ウ?譁呻シ?
繝代Ρ繝シ繧「繝ウ繝?/繝輔Ο繝ウ繝医お繝ウ繝峨Δ繧ク繝・繝シ繝ォ險域クャ縺ョ蝓コ譛ャ ?シ域悽雉?譁吶?ッ闍ア隱槭→縺ェ繧翫∪縺呻シ嘘F PA縺ョ諤ァ閭ス縺ョ迚ケ諤ァ隧穂セ。繧定。後≧縺ォ縺ゅ◆繧翫?∵ァ倥??縺ェ險域クャ/繝?繧ケ繝医ユ繧ッ繝九ャ繧ッ繧剃スソ逕ィ...(2017/8/2 提供:譌・譛ャ繝翫す繝ァ繝翫Ν繧、繝ウ繧ケ繝?繝ォ繝。繝ウ繝?譬ェ蠑丈シ夂、セ)

技術文書
新世代LabVIEWは何が変わるのか――その進化点とLabVIEWが持つ豊富な機能
こうした課題に応えるにはどうすればよいだろうか。その解決策として、過去 30 年、何十万人ものエンジニアや科学者によって、生産性や機能性が向上してきたLabVIEW の実績を基に、共通の開発タスクの最適化というエンジニア固有の機能を組み合わせることで、システム開発...(2017/7/14 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
IoT実現のキモとなる「センサ計測」とは?【高確度のセンサ計測を実現するためのテクニカルガイド】
IoTの実現が進む中で、あらゆる装置や機器に取り付けられるセンサ。センサにより収集されたデータを有効活用するためには、高確度のデータ取得が必須でなり、高度な計測技術が求められます。正確なデータがなければ、たとえ優秀なデータサイエンティストであっても、デー...(2017/1/10 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は?
 Wi-Fi環境を構築したものの、想定通りの速度が出ない、途切れやすい、つながりにくいといった不満を抱えているケースは多い。アクセスポイントにかかる負荷の変動やオフィス内の障害物による電波減衰などの影響から、理論値通りの性能はそうそう得られないためだ。 そ...(2016/12/14 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

技術文書
5GやIoT時代に求められる<ソフトウェア環境>の4つの課題を読み解く!
 5GやインダストリアルIoTなど新たなトレンドに適応する際、技術的にもビジネス的にも安心して革新を進めるためには何が必要になるか?重要な要素のひとつであるソフトウェアにおいて、新しい技術に対応する環境とはどういったものか。30年使われ続ける開発ツール「LabVI...(2017/6/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
「光ファイバー認証試験」実践ガイド:基礎から分かる高速回線の高確度測定と診断
 モバイル機器の普及やビデオ情報の高精細化などが進んだことにより、光ネットワークの伝送レートも10Gbpsから40Gbps、100Gbpsへと高速化を続けている。それに伴い、光ファイバー認証試験への要求もかつてないほど厳しいものとなりその重要性も増している。 特に光ファ...(2016/12/15 提供:株式会社 TFF)

製品資料
テレワークやBYODを低コストかつ安全に実現するシンクライアント活用術
 情報漏えい対策や災害対策だけでなく、テレワークやBYODの対応手段としても導入が進むシンクライアント。中でも注目されているのが、USB型シンクライアントだ。専用のUSBを挿入すれば、さまざまな端末をシンクライアント化して場所を選ばずに利用できる。 このUSB型シ...(2017/7/26 提供:日本ナレッジ株式会社)

技術文書
次期主流となる「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル
 かつては、コストや容量、耐久性などの問題を抱えていたフラッシュアレイだが、近年は金融業界を中心にエンタープライズでも極めて高い信頼性と安全性を要求される分野で導入が進んでいる。そこで脚光をあびたのが、これまでのSCSIに代わるフラッシュの性能をさらに生か...(2017/7/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

Loading