TechTargetジャパン

技術文書
迫りくるワイヤレス技術の変化:知っておくべき最新技術情報〜Qualcomm Atheros社など活用事例を交えて〜
 昨今、携帯電話は高いデータスループットを実現し、高解像度の動画を数秒でダウンロードし高速化は進んでいます。さらに、近い将来、ワイヤレスネットワークに接続されるデバイス数は莫急速に激増し、企業は多品種小ロット製品を低コストで設計開発せざるを得ない状況と...(2016/7/13 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
「超」高速無線LANがやってくる、IEEE802.11ac/adが変えるモバイルの世界
無線通信技術の「進化」と「革新」IEEE 802.11acとIEEE 802.11adの高速化を支えた、技術的な側面に焦点を絞って解説。IEEE 802.11acやIEEE 802.11adは、いかにして高速化を図ったのか。そこには、無線通信技術が脈々と培ってきた「進化」と、今までになかった「革新」があ...(2014/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
無線LANの基本を学ぶ (入門書) WiFi:802.11の物理層とトランスミッタ測定
今日、世界中いたるところでIEEE 802.11デバイスが使用され、同じ周波数バンドで動作しているため、その共存が重要になります。設計の基本は仕様を理解することからはじまります。この入門書では規格やプロトコル・アーキテクチャの概要から、物理層のフレーム構造、各世...(2015/7/21 提供:テクトロニクス)

レポート
無線LANの基礎知識――企業に最適なネットワークを探る
 「Wi-Fi」とも呼ぶ無線LANは、今日のネットワーク環境において最も一般的に利用されているインフラだ。現在の無線LANにつながる規格「IEEE802.11」を最初に策定したのは1997年だが、本格的に普及し始めたのは、転送速度が最大11Mbpsの「IEEE802.11b」を規格化した1999年...(2016/7/5 提供:KDDI株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年9月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年9月号をご紹介。 特集記事では、「IE...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
超高速無線LANの時代がやってくる! 今こそ導入すべき「IEEE 802.11ac」
 スマートフォンやタブレットなど、モバイル機器の利用者が爆発的に増えている。業務の効率化・活性化による業務拡大を目的に、多くの企業でもモバイル機器が活用され始めている。それに伴い、モバイル機器からのアクセスを想定した、企業内における高速無線LAN環境の構...(2013/11/12 提供:ノックス株式会社)

技術文書
産業用IoT向け“次世代イーサネット規格”とは?
 産業分野でのIoT(モノのインターネット)に対する取り組みが積極的に行われる中、標準イーサネット規格「Ethernet AVB(IEEE802.1 Audio/Video Bridging)」の拡張版である「IEEE 802.1 TSN(Time Sensitive Networking)」(TSN)の標準化が進められている。 TSNでは...(2016/6/28 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
転ばぬ先のギガビット無線LAN「IEEE 802.11ac」導入準備ガイド
 IEEE(米電気電子技術者協会)は、無線LAN規格「802.11ac」のWave 2仕様(完全な仕様)の最終ドラフトを承認した。これによって、新世代のWi-Fi製品や機器が間もなく登場するだろう。 この新しい規格は、ユーザーにどのような影響を与えるのか。また、既存規格である80...(2014/9/18 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Ethernetとコネクテッド・ワールド
 ウェアラブル機器や家庭用サーモスタットなどのIoTアプリケーションへの短距離インターフェイスとしては無線プロトコルを利用するのが一般的ですが、基盤となるネットワーク・インフラストラクチャでは今もEthernetテクノロジが欠かせません。ネットワークに接続したす...(2016/9/15 提供:日本シノプシス合同会社)

製品資料
IoT時代の無線LAN構築法、コミュニケーション基盤を維持するための3つの要件
 ビジネスの現場でもスマートデバイスや音声コミュニケーションアプリの利用が珍しくなくなっている昨今、その通信を支える無線LAN基盤には大きな負担が生じている。その一方で、音声通信やビデオ通信のようなコミュニケーション基盤は「つながって当たり前」とユーザー...(2016/11/7 提供:ユニアデックス株式会社)

技術文書
IoT実現のキモとなる「センサ計測」とは?【高確度のセンサ計測を実現するためのテクニカルガイド】
IoTの実現が進む中で、あらゆる装置や機器に取り付けられるセンサ。センサにより収集されたデータを有効活用するためには、高確度のデータ取得が必須でなり、高度な計測技術が求められます。正確なデータがなければ、たとえ優秀なデータサイエンティストであっても、デー...(2017/1/10 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
「光ファイバー認証試験」実践ガイド:基礎から分かる高速回線の高確度測定と診断
 モバイル機器の普及やビデオ情報の高精細化などが進んだことにより、光ネットワークの伝送レートも10Gbpsから40Gbps、100Gbpsへと高速化を続けている。それに伴い、光ファイバー認証試験への要求もかつてないほど厳しいものとなりその重要性も増している。 特に光ファ...(2016/12/15 提供:株式会社 TFF)

技術文書
Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は?
 Wi-Fi環境を構築したものの、想定通りの速度が出ない、途切れやすい、つながりにくいといった不満を抱えているケースは多い。アクセスポイントにかかる負荷の変動やオフィス内の障害物による電波減衰などの影響から、理論値通りの性能はそうそう得られないためだ。 そ...(2016/10/28 提供:ラッカスワイヤレスジャパン合同会社)

技術文書
IoT実現の肝となる「センサ計測」:テクニカルガイド最新版〜高確度なセンサ計測を実現するために〜
 IoT(モノのインターネット)の実現が進む中、あらゆる装置や機器にセンサが取り付けられ、センサにより収集されたデータを有効活用することが求められる。そのためには、高確度なデータの取得が必須となり、高度な計測技術が要求されることになる。正確なセンサーデー...(2016/9/28 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
【基礎から学ぶ!】RF/通信の基本
 あらゆるものが繋がるIoT時代の到来とともに、複雑化と高度化が加速するワイヤレス技術において、RF/通信の基本的な知識を身につけることは必要不可欠となります。様々なシステムやアプリケーションにおいて、RF、マイクロ波、ワイヤレスデバイス/信号が採用され、テス...(2016/7/25 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
LAN配線試験の必須知識を“速習”――押えておくべき3つの規格と3つの文書
 オフィスに張り巡らされたLANについて、日頃、ユーザーが意識することはないが、LAN配線の性能はコネクタとの接続やケーブルの引き回しなどによっても変化する。そのため、作業者の技量や施工環境によっては、規格が定める性能を下回ることがある。 そこで、配線の構築...(2016/6/22 提供:株式会社 TFF)

技術文書
センサ計測の基本をしっかり押さえて、IoTに貢献を。【センサ計測の基本─エンジニアのツールボックス】
 本資料では、IoTに欠かせないセンサ計測について、NIのSC Expressや9219をはじめとするハードウェアや、LabVIEWソフトウェアを使った計測・解析方法を紹介しています。【温度計測】熱電対の正しい理解や計測時の考慮すべき項目、RTDやサーミスタの計測について解説して...(2016/12/12 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
計測システムを構築するための完全ガイド 〜10の選定ポイント〜
最適な計測システムを構築するためには、その目的に応じた最適なツールを組み合わせる必要がある。本資料「計測システムを構築するための完全ガイド」では、それぞれのツールについて「10の選定ポイント」としてまとめた。【10の選定ポイント】・センサ・DAQデバイス・バ...(2016/12/8 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
産業ネットワーク最新動向!インダストリ4.0に向けIoTの新たな価値を創造する技術とは?
技術革新、産業革新、生産革新を軸に見たとき、産業分野の現在地はどこに位置しているのか?第4次産業革命時代の到来により、市場ではIoTによる新たな価値創造がはじまっている。 産業ネットワークとは、様々な工場設備や機器を繋ぐためのネットワークの総称だ。産業ネ...(2016/12/5 提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社)

技術文書
OpenSSLの脆弱性問題で注目度急上昇「Forward Secrecy」って何だ?
 OpenSSLの脆弱性問題には、該当ソフトのアップデートという対処でいったん安全を保てるものの、サーバ管理者としては今後に備えて根本的な対策を施す必要がある。特に今回の問題を通じて、もしサーバのトラフィックを記録し続けている盗聴者がいて将来的に暗号化の秘密...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
不正端末・なりすまし接続を即座に検出、社内ネットワークの24時間監視
 社員がモバイル端末を当たり前のように使い始めたことで、社内ネットワークに対する不正接続の脅威がかつてないほどに増大している。そこで、不正端末によるウイルスの拡散や情報漏えいなどを未然に防ぐ、内部セキュリティ対策の導入が進んでいる。 しかし、“守りの業...(2016/12/14 提供:株式会社ギガ)

製品資料
15分で導入できる“なりすまし”対策――イントラネットから不正端末を自動排除
 近年、相次ぐ個人情報流出事件では、LAN/無線LANへ不正接続されたケースが少なからず報告されている。その主な手口には、無線LANの通信を傍受し、パスワードを特定して侵入するものと、社内ルーターの空きポートに小型無線LANルーターを接続して、ひそかに無線LAN環境...(2016/12/14 提供:株式会社ギガ)

技術文書
ハリウッドでも身代金被害 ランサムウェアの仕組みと対処方法を理解する
 2016年2月、ロサンゼルスのHollywood Presbyterian Medical Centerは、ランサムウェアでコンピュータネットワークを侵害し無効化したハッカーに、およそ1万7000ドルの身代金(ランサム)を支払った。2月5日に、従業員が病院のネットワークおよび電子医療記録システムに...(2016/12/7 提供:Intel Security)

レポート
Wi-Fi導入で失敗する高等教育機関によくある「9つの誤解」
 現在、大部分の大学でWi-Fiが利用できるが、大学のような教育機関にとってWi-Fiは比較的新しい技術だ。この技術は10年以上前から存在するが、大学がWi-Fiを確実に導入できる予算を持つようになったのは数年前のことだ。それまではセキュリティや教育上の理由で導入を見...(2016/9/26 提供:ラッカスワイヤレスジャパン合同会社)

製品資料
通信事業者級の安全性を実現、大規模ネットワークに最適なサービスゲートウェイ
 ファイアウォールなどのネットワークセキュリティ機能は、利用する規模に応じて、求められる性能や機能が違ってくる。大規模ネットワークでは、支店や中・大規模拠点で利用される製品とは桁違いのスループット性能や、より高度なセキュリティが求められる。 本コンテン...(2016/11/21 提供:マクニカネットワークス株式会社)

技術文書
電気自動車(EV)充電ステーションを安全で高効率にするフォトカプラ
 路上を走行するEV台数が急増しており、エネルギーを補給して路上に迅速に戻るために、より多くの充電施設が必要とされています。EV充電ステーションは、充電施設において、電気エネルギーをEVに供給しネットワーク接続を提供する重要な要素です。 急速充電システムのニ...(2016/10/24 提供:アバゴ・テクノロジー株式会社 (Broadcom Limited))

製品資料
1000億件の観測データを処理する宇宙ミッションに採用されたデータベースとは?
 約10億個の天体の正確な立体地図を作成するため、欧州宇宙機関(ESA)が推進する「ガイアミッション」。人工衛星を使って宇宙空間から無数の天体を詳細に観測し、そのデータを地上に送って処理することで、高精度な天文地図を作成しようというプロジェクトである。 こ...(2016/10/19 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
自動車業界は「5G」をどう捉えているのか?
 現在、通信業界では「5G(第5世代移動通信)」の実現に向けて、あらゆる人々とモノ(自動車を含め)をつなげるため、精力的な活動を展開している。 5G規格について、通信業界は「ミッションクリティカルな用途向けに、2ミリ秒を下回る遅延(レイテンシ)を実現できる」...(2016/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
なぜ、30年も使われ続けるのか!人気の開発用ソフトウェアでできることとは?
 30年変わらずに使われつづけるソフトウェアは珍しい。グラフィカルプログラミング構文を用いた「LabVIEW」 は、30 年にわたり、高度なテスト、計測、制御アプリケーションの開発用ソフトウェアとして、多くの技術者や研究者に使用されてきた。本資料では、グラフィカル...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

Loading