TechTargetジャパン

技術文書
コンバージドインフラ製品導入戦略ガイド
 ハイパーコンバージドプラットフォームは、デジタル製品の開発を加速しながら、拡張やプロビジョニング、管理業務を合理化できる。この技術を利用することでスキルの数や関連コストを削減できる一方で、スタックの全パーツを管理する方法を確実に把握しておくことが求め...(2017/4/26 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する?
 優れた柔軟性と拡張性から注目される「OpenStack」。IDC Japanの調査では、このクラウドプラットフォームを本番環境に利用しようという企業は増加傾向にあり、特にICT企業では4割が既に利用または導入に向けて取り組んでいるという。 ただ、数百以上の仮想マシンを搭載...(2017/4/17 提供:日本電気株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ネットワーク機能仮想化製品導入戦略ガイド
 固定されたネットワークアーキテクチャでは、現代のネットワークニーズに適した柔軟性は実現できない。そこでネットワーク機能仮想化(NFV)の人気が上昇している。本稿ではOpenStack Neutronの進展と、NFVによるネットワークの柔軟性増大、通信事業者によるWAN機能のコ...(2017/3/29 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラ基礎解説:性能と可用性を見極めるポイントは?
 仮想化環境に必要な要素がまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。ソフトウェアや管理ツールの機能に目が行きがちだが、その土台となるのはハードウェアの性能だ。スペックは当然として、注目したいのが信頼性や柔軟性を向上する機能だ。 例えば劣化したHDDは...(2017/3/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
東急建設のインフラ刷新、SDDC移行で変わったセキュリティとインフラ運用の負荷
 建設需要が一段落するポストオリンピックを見据えて、東急建設はICTの積極活用による新たな価値創造と業務プロセスの革新を目指している。その土台となるITインフラには早期からサーバ仮想化・統合ストレージ環境を利用してきたが、想定以上にシステム数が増え、負荷が...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
Webサービスの負荷激増にどう対処する? “常時SSL化”時代のトラフィック制御
 Webサイトのトラフィック増大、サイバー攻撃の増加などを背景に導入が進むアプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)。ロードバランサーの上位製品であるADCは、高度なトラフィック制御技術により、WebサイトやWebサービスの負荷分散とセキュリティ強化を実現す...(2017/3/3 提供:SCSK株式会社)

製品資料
データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋
 現在では、効率的なITインフラの構築のために、サーバやネットワークの仮想化が一般的に使われるようになってきた。一方で、扱うデータ量は急増を続け、バックアップやDRの仕組みを改善したい、手間や時間をかけずに開発環境を準備したい、クラウドをハイブリッドで活用...(2017/3/1 提供:ベル・データ株式会社)

製品資料
デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」
 デジタル化の進展に伴い、IoTやAIを活用した新たなビジネスの創出に取り組む企業が増えている。その一方で、日々の運用に人手を割かれ、新規ビジネスを開拓するための業務システム開発に着手できない──その悩みは、多くのIT部門で共通するものだろう。経営から期待さ...(2017/2/17 提供:日本電気株式会社)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

製品資料
業務に合わせたクラウドの選び方、オンプレミスからサービスまで徹底解説
 ひと口にクラウドサービスといっても、その内容はさまざまだ。SaaS、PaaS、IaaSなどのサービス区分があり、それぞれのサービスメニューも千差万別で、IaaSに限っても、仮想サーバだけでなくユーザーが占有できる物理サーバのサービスもあり、基幹系などのニーズに対応し...(2017/2/15 提供:日本電気株式会社)

事例
次世代のデータセンター、その革新的なサービスとNFV製品選定のポイントとは?
 これまでは「ラック貸し」「場所貸し」のイメージがあったデータセンターだが、近年は、そのビジネスモデルの変革が大きく進んでいる。クラウドサービスのように「使いたいとき、使いたい分だけ」利用できる次世代データセンターも登場し、大きく注目されている。 この...(2017/1/31 提供:SCSK株式会社)

技術文書
アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット
 AWSやAzureとの差別化を図るため、他のクラウドサービスプロバイダーは低価格での提供や、将来的ニーズが不明確なままのプラットフォーム構築など、負担を強いられている。また、顧客の進化に応じたサービスやソリューションを迅速に調節できない、新しい市場や収益源を...(2016/12/8 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿
 パブリッククラウドの利用が一般的になり、今やクラウドの使い勝手を自社インフラのも期待するようになってきた。例えば迅速なサービス立ち上げ、柔軟な拡張性、低コストで高パフォーマンス、ユーザーセルフサービスで利用できることなどだ。 一方、インフラを運用する...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
データセンターの次世代セキュリティ――ネットワーク仮想化で解決できる3つの課題
 データセンターの運用効率改善や俊敏性の向上、コスト削減などを目指す企業にとって、仮想環境への移行は現在でも有力な選択肢の1つだ。しかし、それだけでは解決できないネットワークに関する問題も徐々に知られるようになっている。 ネットワークの境界で防御するセ...(2016/11/25 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
金融システムのセキュリティから「複雑性」を取り除く新しいアプローチとは?
 金融業界において、今最も重視されているセキュリティ課題は「複雑性の排除」だ。インターネット黎明期から導入されてきたセキュリティ製品に加えて、さまざまなソリューションが適用され、まるでパッチワークのような様相となっているからだ。この状態でパフォーマンス...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
巧妙な攻撃を防ぎ、データセンターの次世代セキュリティを導入するためのガイドライン
 現在の進化したデータセンターでは、物理および仮想のコンピューティング、ネットワーク、およびストレージコンポーネントが使用されている。どのようなデータセンタートポロジーを使用しているかにかかわらず、一般的なアプリケーションを使用してデータを抜き取る攻撃...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月1日号:ネットワーク機器はもういらない(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 11月1日号は、以下の記事で構成されています。■故障率58%! なぜiPhoneの故障率が急増したのか■消費者協会がWindows 10アップグレード戦略に激怒、Microsoftの回答は?■選択肢は2つ:ストレージのボトルネック解消プロジェクトの最適解と...(2016/11/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月1日号:ネットワーク機器はもういらない(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 11月1日号は、以下の記事で構成されています。■故障率58%! なぜiPhoneの故障率が急増したのか■消費者協会がWindows 10アップグレード戦略に激怒、Microsoftの回答は?■選択肢は2つ:ストレージのボトルネック解消プロジェクトの最適解と...(2016/11/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月1日号:ネットワーク機器はもういらない
 Computer Weekly日本語版 11月1日号は、以下の記事で構成されています。■故障率58%! なぜiPhoneの故障率が急増したのか■消費者協会がWindows 10アップグレード戦略に激怒、Microsoftの回答は?■選択肢は2つ:ストレージのボトルネック解消プロジェクトの最適解と...(2016/11/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
パフォーマンス低下の原因はOffice 365? 導入前に考えたいインフラ最適化
 業務におけるモバイル活用やワークスタイルの多様化などへの高いニーズを背景に、新しいクラウドサービスが次々と登場している。その中で企業が採用するクラウドサービスの数は年々増加し、「Office 365」のようなクラウドベースのオフィススイーツの導入も進んでいる。(2016/10/6 提供:テクマトリックス株式会社)

製品資料
VDIだけでは防げない「未知のマルウェア」、被害を最小化する4つの手法
 ランサムウェアなどによるサイバー攻撃に対して、仮想デスクトップとセキュリティ製品を組み合わせた対策を施す企業が増えている。しかし、攻撃の手法は高度化・巧妙化が進んでおり、このような対策だけでは脅威を最小化できなくなりつつある。 そのため、これからのセ...(2016/10/6 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
IT自動化からDR対策まで、ネットワーク仮想化の「4つのメリット」
 仮想環境でのインフラ運用が進むにつれ、リソースを迅速に調達する要求が激しくなり、それに応えるためにネットワークのプロビジョニングが頻繁に実施されるようになる。ネットワークの仮想化が注目されるようになった最大の理由は、この対応力を強化したいというニーズ...(2016/10/4 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
データセンター全体に浸透する防御網「マイクロセグメンテーション技術」とは?
 近年、データセンターにおける中心的な技術として、仮想化とクラウドの導入が進んでいる。これにより、サーバやストレージ、ネットワークのプロビジョニングの時間が短縮されたが、その結果、今まで以上に迅速にワークロードを保護する必要が生じている。 その一方で...(2016/10/4 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージド導入のメリットを比較検証――コストと管理の手間はどう変わる
 米調査会社のEdison Groupの調査によると、現在の企業ITインフラの市場は、BYO(独自構築)システムからハイパーコンバージドアプライアンスに大きく移行し始めているという。ハイパーコンバージドシステムの移行は、大きな潜在的メリットが得られる一方で、その判断に...(2016/10/3 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
ハイブリッドクラウドを生かすSD-WAN選びのポイント
 SD-WANはソフトウェアによってハイブリッドなネットワーク環境を効率的に運用する技術だ。現在の企業ネットワークは、商用インターネット回線やMPLS(Multi Protocol Label Switching)などを利用した信頼性の高い回線の混成状態になっている。SD-WANはハイブリッドなネ...(2016/9/30 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
2016年版クラウド市場予測:これからの数年で起きる10の変化
 IT調査会社のIDCは、2017年までに50%以上の国内企業がハイブリッドクラウドに取り組むという予測を発表した。そしてパブリックとプライベートの両方を活用するハイブリッドクラウドは、オンプレミスのシステムとも緊密に連携するとしている。 これらの調査結果をまと...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
Interop Tokyo 2016、最優秀データセンタースイッチにプロが納得する3つの理由
 2016年6月に幕張メッセで開催された情報通信関連の専門イベント「Interop Tokyo 2016」。出展された新製品の中から最優秀製品を決定する「Best of Show Award」のクラウドプラットフォーム部門では、近年のトレンドにはないデータセンター向け製品がグランプリを受賞し...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
今さら聞けない「SDNとSD-WANの違い」──SD-WAN最適化のために知っておくべきこと
 急速に発展を遂げるソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)の適用先はデータセンターからWAN(Wide Area Network)へと移行し始めている。その中でも注目されているのが、従来のWANよりも高度な複雑さを解消できるソフトウェア定義WAN(SD-WAN)だ。 SD-WANはハイブ...(2016/9/15 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化の導入準備から運用まで、メリットを最大化するポイントは?
 ネットワーク仮想化には、まず自社のネットワークアーキテクチャをあらためて把握することが欠かせない。スイッチ管理の省力化、人的資産の有効活用などへの期待から、すぐに導入検討へ入るケースも目立つが、事前準備として、何度も試験的な運用を行い、メリット最大化...(2016/9/7 提供:株式会社日立製作所)

Loading