TechTargetジャパン

製品資料
レガシーWANからSD-WANへ、移行で得られる「5つのメリット」
 リサーチ企業のIHSによると、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)の市場規模は2014年の7億8100万ドルから2019年には130億ドルまで拡大する見込みだという。このように急速に発展を遂げるSDNだが、近年、その適用先はデータセンターからWANへと移行し始めている。 ...(2016/9/15 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化の導入準備から運用まで、メリットを最大化するポイントは?
 ネットワーク仮想化には、まず自社のネットワークアーキテクチャをあらためて把握することが欠かせない。スイッチ管理の省力化、人的資産の有効活用などへの期待から、すぐに導入検討へ入るケースも目立つが、事前準備として、何度も試験的な運用を行い、メリット最大化...(2016/9/7 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
中・大規模データセンターで構築、最新アプリ運用に最適なネットワークとは?
 現在のデータセンターは高度分散型のアプリケーションを活用するため、サーバ側では1ギガビットイーサネット(GbE)と10GbEの混在環境が必要になり、さらには40GbEのアップリンク環境が求められるようになっている。こうした環境で起こりやすいのは、数百、数千にも及ぶ...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
仮想化とクラウドを最大活用、ネットワークアーキテクチャはどう革新させるのか
 ネットワークとアプリケーションの待ち時間を減らすという課題は、仮想環境やクラウドシステムをデータセンターで運用している企業にとって、常につきまとうものだ。多様なアプリケーションが次々と導入され、大規模な分析作業や開発プロジェクトが進められるようになっ...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
ネットワーク技術者の残業を劇的に減らすネットワーク仮想化の方法とは?
 仮想化やクラウドの進展で、ネットワークエンジニアの負荷が一気に増加したのは、従来のネットワークアーキテクチャがそのまま温存された状態で、アプリケーションの可用性が求められるようになったからだ。トラフィックが従来の数倍にも跳ね上がる仮想環境を、物理的に...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
IT自動化からDR対策まで、ネットワーク仮想化の「4つのメリット」
 仮想環境でのインフラ運用が進むにつれ、リソースを迅速に調達する要求が激しくなり、それに応えるためにネットワークのプロビジョニングが頻繁に実施されるようになる。ネットワークの仮想化が注目されるようになった最大の理由は、この対応力を強化したいというニーズ...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
データセンターの次世代セキュリティ――ネットワーク仮想化で解決できる3つの課題
 データセンターの運用効率改善や俊敏性の向上、コスト削減などを目指す企業にとって、仮想環境への移行は現在でも有力な選択肢の1つだ。しかし、それだけでは解決できないネットワークに関する問題も徐々に知られるようになっている。 ネットワークの境界で防御するセ...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
データセンター全体に浸透する防御網「マイクロセグメンテーション技術」とは?
 近年、データセンターにおける中心的な技術として、仮想化とクラウドの導入が進んでいる。これにより、サーバやストレージ、ネットワークのプロビジョニングの時間が短縮されたが、その結果、今まで以上に迅速にワークロードを保護する必要が生じている。 その一方で...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージド導入のメリットを比較検証――コストと管理の手間はどう変わる
 米調査会社のEdison Groupの調査によると、現在の企業ITインフラの市場は、BYO(独自構築)システムからハイパーコンバージドアプライアンスに大きく移行し始めているという。ハイパーコンバージドシステムの移行は、大きな潜在的メリットが得られる一方で、その判断に...(2016/9/5 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化でよくある6つの課題、ベストの解決方法は?
 サーバ仮想化の次の段階として、自社データセンターの俊敏性を高めるという目的で、ネットワーク仮想化に取り組む企業が増えている。特に、プライベートクラウドを構築したものの、運用が進むにつれ、エンドユーザーのさまざまな要望に応え切れなくなった企業で、具体的...(2016/8/26 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
クラウドを進化させるネットワーク構築「5つのポイント」
 ハイブリッドクラウドを運用する多くの企業にとって、次なる目標はネットワークの仮想化だ。この動きは、本社だけでなく全拠点でクラウドシステムの利用が進み、モバイルやSNS、ビッグデータ分析などの用途が広がることで、ネットワーク運用にさまざまな課題が増えてき...(2016/8/26 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

事例
ついに移行が始まる次世代基盤「ソフトウェア定義データセンター(SDDC)」とは?
 近年、さまざまな企業で、必要なときにアプリケーションがすぐに使えることを要求するユーザーが増加している。時間や場所を問わずアクセスできるIT環境と、オンデマンドで提供されるアプリケーションは、もはやユーザーにとって必須の業務基盤となりつつある。 しかし...(2016/8/16 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
「インターネット分離」で、業務効率とセキュリティを両立する前提条件とは?
 特定組織を狙った標的型攻撃がもたらす被害は情報漏えいだけではなく、社会的信頼の失墜や復旧のための時間/コストの負担など幅広い。大規模組織を中心に、国内でも標的型攻撃の被害が広く報道され続けており、その危険性の認識はあらためて説明するまでもないだろう。(2016/8/10 提供:株式会社日立製作所)

Webキャスト
「物理ネットワーク」で実現する超簡単SDNへの第一歩とは?
 一般的にSDN(Software-Defined Networking)では、管理者が集約してトラフィックフローを制御し、個々のスイッチに手動でログインしてアップデートする必要はないことが、メリットの1つといわれる。これにより、トラフィックフローや優先度、さらにはセキュリティも一...(2016/7/14 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
SDN移行で注意すべき5つのポイント――導入を成功に導くための課題を解説
 ネットワークをソフトウェアで管理する「SDN(Software-Defined Networking)」は、それまで物理的な作業が伴っていた各種設定変更からITスタッフを解放し、ネットワークの「新設/増設/改変」のスピードを大きく改善する点が特に注目されている。しかし、SDNの導入メ...(2016/6/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月22日号:ネットワーク市場を激変させるNFV(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 6月22日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ■コンシューマーはFacebook銀行&Google銀行を望んでいる?■「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク■「こん...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月22日号:ネットワーク市場を激変させるNFV(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 6月22日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ■コンシューマーはFacebook銀行&Google銀行を望んでいる?■「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク■「こん...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月22日号:ネットワーク市場を激変させるNFV
 Computer Weekly日本語版 6月22日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ■コンシューマーはFacebook銀行&Google銀行を望んでいる?■「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク■「こん...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
医療現場の情報セキュリティ、危うい実情と今後求められる対策を探る
 ランサムウェアなどによる情報漏えい被害が日本でも拡大している。個人情報の中でも特に重要な医療情報を扱う病院などでは、このような攻撃に常に備えなければならない。しかし、近年では攻撃手法が巧妙化し、従来のセキュリティ対策では防ぎきれない状況が生まれつつあ...(2016/6/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
「SD-WAN」と「レガシーWAN」を比較検証、4つのWANコストはどう変わる?
 本ホワイトペーパーは、ソフトウェアで柔軟にネットワークを制御するSDN技術をWAN環境に取り入れた、次世代SD-WANソリューション導入による「WANに関わるコスト削減効果」を示している。ゼロタッチな拠点展開、クラウドGUIによる集中制御、回線種別を問わないルーティン...(2016/4/26 提供:マクニカネットワークス株式会社)

講演資料
アプリ/デスクトップの仮想化でセキュリティを強化――検討すべき5つの要件
 近年、相次いで発生している情報漏えい事件では、マルウェアが使われた報告が少なくない。Web閲覧やメール送受信を行うクライアント端末は狙われやすいため、さまざまな対策が取られているが、業務アプリケーションの互換性の問題からいまだに旧バージョンのWebブラウザ...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
適材適所で生かすSDNの基礎知識――2つのSDN実装モデルを解説
 ビッグデータやソーシャル、モバイルなどの活用が経営に与える影響は大きくなりつつある。そのため、IT部門に対しても、モバイル・クラウドの活用やハードウェア仮想化といったネットワーク環境の変化に対する管理スキルの高度化が求められている。サービス品質、コスト...(2016/3/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
仮想マシン間の複雑なトラフィックに紛れ込んだサイバー脅威の正しい見つけ出し方
 サイバー攻撃をシステムの入口で防ぐと同時に、巧妙に侵入された場合でも被害を最小限にする内部セキュリティ対策を講じることは、高度化する脅威からシステムを守る上で重要なポイントだ。しかし複雑化かつ多様化する仮想環境においては、ハイパーバイザー内のトラフィ...(2016/1/18 提供:ノックス株式会社)

技術文書
Intelが5Gで目指す「高速通信とクラウドの組み合わせ」
Intelは、2015年8月18〜20日に米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催された「Intel Developer Forum(IDF) 2015」の基調講演で、5G(第5世代移動通信)に対する同社のビジョンを明らかにした。“シームレスなソリューション”というのが目標だという。Intelは、コ...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

その他
仮想環境を完全可視化、潜在的なリスクの発見と仮想環境に最適化された防御策
 システムへの攻撃に対しては、侵入を防ぐための防御策だけでなく、侵入されることを前提にした対策も必要だ。これを仮想環境に当てはめると、マルウェアに感染した仮想マシンの通信を把握することで二次感染の被害を食い止めることが重要となる。つまり、マイクロセグメ...(2015/12/21 提供:ノックス株式会社)

製品資料
企業の“ホンネ”に応えて、プライベートクラウドのメリットを最大化する方法
 プライベートクラウドのメリットは、ハードウェア資産の集約、社内ユーザーへの素早いIT提供、ビジネス部門の要請に対するレスポンス向上にある。しかし、そこまでのレベルに達するには、仮想化をサーバだけでなくネットワークやストレージにまで広げ、セルフサービス化...(2015/12/7 提供:フリービット株式会社)

製品資料
本当?「ハウジング無料・運用お任せ・簡単操作」なのに「高セキュリティ」の次世代プライベートクラウド
 企業のクラウド活用が活発化している。とはいえ長年利用してきた自社データセンターをプライベートクラウドとして生まれ変わらせるには、SI費用など大きなコスト負担を覚悟しなくてはならない。構築後もハードウェア管理をしなくてはならず、パブリッククラウドとの連携...(2015/12/7 提供:フリービット株式会社)

講演資料
突然のOpenStack導入プロジェクト発足、立ちはだかる“2つの壁”は超えられるか?
 OpenStack導入プロジェクトをスタートさせるとき、まず立ちはだかる2つの壁がある。1つは、導入によってビジネスにどんなメリットがあるのか、それをいかに示すかである。もう1つは、実際に本番環境で安定稼働させるには、どのようなシステム構成にすればいいのかという...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

事例
5つの実例からひも解く、実践レベルに入ったSDNの可能性とは?
 仮想化技術を用い、ネットワーク構成等を柔軟に、俊敏にソフトウェアで管理するSDNは、いよいよ本格的な普及フェーズに入りつつある。2019年までの企業におけるSDNの成長率予想は年間平均で55%という数字もある。 本ホワイトペーパーは、5つの実例から得られたSDN実装...(2015/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
オープンクラウド構築のベストプラクティス、OpenStackとSDSの関係
 以前から懸念されていた企業システムにおけるデータの増加傾向は、IoT活用によってさらに加速すると予測されている。こうした状況においても、システムインフラに対するコスト抑制の圧力は依然として継続している。その一方で、システムインフラの担当者にはエンドユー...(2015/10/19 提供:レッドハット株式会社)

Loading