TechTargetジャパン

講演資料
アプリ/デスクトップの仮想化でセキュリティを強化――検討すべき5つの要件
 近年、相次いで発生している情報漏えい事件では、マルウェアが使われた報告が少なくない。Web閲覧やメール送受信を行うクライアント端末は狙われやすいため、さまざまな対策が取られているが、業務アプリケーションの互換性の問題からいまだに旧バージョンのWebブラウザ...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
適材適所で生かすSDNの基礎知識――2つのSDN実装モデルを解説
 ビッグデータやソーシャル、モバイルなどの活用が経営に与える影響は大きくなりつつある。そのため、IT部門に対しても、モバイル・クラウドの活用やハードウェア仮想化といったネットワーク環境の変化に対する管理スキルの高度化が求められている。サービス品質、コスト...(2016/3/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
仮想マシン間の複雑なトラフィックに紛れ込んだサイバー脅威の正しい見つけ出し方
 サイバー攻撃をシステムの入口で防ぐと同時に、巧妙に侵入された場合でも被害を最小限にする内部セキュリティ対策を講じることは、高度化する脅威からシステムを守る上で重要なポイントだ。しかし複雑化かつ多様化する仮想環境においては、ハイパーバイザー内のトラフィ...(2016/1/18 提供:ノックス株式会社)

技術文書
Intelが5Gで目指す「高速通信とクラウドの組み合わせ」
Intelは、2015年8月18〜20日に米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催された「Intel Developer Forum(IDF) 2015」の基調講演で、5G(第5世代移動通信)に対する同社のビジョンを明らかにした。“シームレスなソリューション”というのが目標だという。Intelは、コ...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
「SD-WAN」と「レガシーWAN」を比較検証、4つのWANコストはどう変わる?
 本ホワイトペーパーは、ソフトウェアで柔軟にネットワークを制御するSDN技術をWAN環境に取り入れた、次世代SD-WANソリューション導入による「WANに関わるコスト削減効果」を示している。ゼロタッチな拠点展開、クラウドGUIによる集中制御、回線種別を問わないルーティン...(2015/12/24 提供:マクニカネットワークス株式会社)

その他
仮想環境を完全可視化、潜在的なリスクの発見と仮想環境に最適化された防御策
 システムへの攻撃に対しては、侵入を防ぐための防御策だけでなく、侵入されることを前提にした対策も必要だ。これを仮想環境に当てはめると、マルウェアに感染した仮想マシンの通信を把握することで二次感染の被害を食い止めることが重要となる。つまり、マイクロセグメ...(2015/12/21 提供:ノックス株式会社)

製品資料
企業の“ホンネ”に応えて、プライベートクラウドのメリットを最大化する方法
 プライベートクラウドのメリットは、ハードウェア資産の集約、社内ユーザーへの素早いIT提供、ビジネス部門の要請に対するレスポンス向上にある。しかし、そこまでのレベルに達するには、仮想化をサーバだけでなくネットワークやストレージにまで広げ、セルフサービス化...(2015/12/7 提供:フリービット株式会社)

製品資料
本当?「ハウジング無料・運用お任せ・簡単操作」なのに「高セキュリティ」の次世代プライベートクラウド
 企業のクラウド活用が活発化している。とはいえ長年利用してきた自社データセンターをプライベートクラウドとして生まれ変わらせるには、SI費用など大きなコスト負担を覚悟しなくてはならない。構築後もハードウェア管理をしなくてはならず、パブリッククラウドとの連携...(2015/12/7 提供:フリービット株式会社)

講演資料
突然のOpenStack導入プロジェクト発足、立ちはだかる“2つの壁”は超えられるか?
 OpenStack導入プロジェクトをスタートさせるとき、まず立ちはだかる2つの壁がある。1つは、導入によってビジネスにどんなメリットがあるのか、それをいかに示すかである。もう1つは、実際に本番環境で安定稼働させるには、どのようなシステム構成にすればいいのかという...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

事例
5つの実例からひも解く、実践レベルに入ったSDNの可能性とは?
 仮想化技術を用い、ネットワーク構成等を柔軟に、俊敏にソフトウェアで管理するSDNは、いよいよ本格的な普及フェーズに入りつつある。2019年までの企業におけるSDNの成長率予想は年間平均で55%という数字もある。 本ホワイトペーパーは、5つの実例から得られたSDN実装...(2015/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
オープンクラウド構築のベストプラクティス、OpenStackとSDSの関係
 以前から懸念されていた企業システムにおけるデータの増加傾向は、IoT活用によってさらに加速すると予測されている。こうした状況においても、システムインフラに対するコスト抑制の圧力は依然として継続している。その一方で、システムインフラの担当者にはエンドユー...(2015/10/19 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化で劇的に変わる、運用管理とセキュリティ
 仮想環境によるシステムの可用性増大は多くの企業が享受しているところだが、一方でセキュリティを確保しながら運用するために、IT管理者が休日返上で対応しているケースも増加している。この作業量増加の大きな原因として、ネットワーク面での対応が挙げられる。仮想環...(2015/10/8 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
仮想化による“マイクロセグメンテーション”でネットワークはどう変わるか
 サーバ仮想化によって仮想マシンの構築は手軽になったが、セキュリティの設定は多くの仮想マシン間で共有しており、その設定や変更には多大な時間がかかるケースが多い。IT管理者はこうした膨大な作業をこなすために休日や夜間なども作業を行っているが、どうしても手動...(2015/10/8 提供:株式会社ネットワールド)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始■HeartbleedバグはOpenSSLに極めてポジティブな影響をもたらした■掲示板への書き込みもバレバレ!? VPNサービスに通信内容漏え...(2015/10/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始■HeartbleedバグはOpenSSLに極めてポジティブな影響をもたらした■掲示板への書き込みもバレバレ!? VPNサービスに通信内容漏え...(2015/10/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始 Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目...(2015/10/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
例えばOpenStack導入、クラウド基盤を「統合インフラ」で構築するという選択
 ビジネスを支えるIT環境の基本条件として、仮想化やクラウドへの対応はもちろん、適用業務に対する最適なインフラの構築・運用が求められる。統合インフラは、ネットワークモジュールから管理ソフトまで全てをそろえて効率良くサーバ環境を構築できるため、最適なインフ...(2015/10/5 提供:シスコシステムズ合同会社)

講演資料
グローバル案件で活躍する現場マネジャーが語る「ストレージのOpenStack適用の勘所」
 ストレージやサーバ、ネットワークをソフトウェアで仮想化し、統一的に制御可能とすることで、ユーザーのさまざまな要求へ迅速に対応可能な、ビジネス機会を逃さないIT環境を実現できる。 こうしたITインフラ全体を統一的に制御可能とするSDI(Software-Defined Infras...(2015/9/28 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
8%の企業しか全容を把握していない企業のシャドーIT、解決のヒントは何か?
 従来、企業ネットワークはクライアント/サーバ型の分散コンピューティングに対して設計されており、クラウドサービスに対して、速さ、スケーラビリティ、対障害性のいずれにも対応できてはいない。サーバ仮想化により瞬時にサーバリソースが増強されても、ネットワーク...(2015/9/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

技術文書
予測不可能な次の20年に備える自由なインフラへ 「Old IPとNew IP」その違いとメリット
 ビジネスに選択の幅と柔軟性をもたらす第3のプラットフォームへの対応は、IT部門にとっても喫緊の課題となっている。データ量は増大し、ネットワークは拠点や人だけでなく、無数のモノをつなぐIoTへと変化してきている。第3のプラットフォームでは、モバイル、ソーシャ...(2015/9/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

謚?陦捺枚譖ク
莉翫&繧芽◇縺代↑縺?縲後け繝ゥ繧ヲ繝画ァ狗ッ峨↓縺翫¢繧九ロ繝?繝医Ρ繝シ繧ッ莉ョ諠ウ蛹悶?阪r蜈ィ菴灘ワ縺九i逅?隗」縺吶k
縲?繧ッ繝ゥ繧ヲ繝牙渕逶、縺ョ蜿ッ逕ィ諤ァ繧偵>縺九↓鬮倥a縺ヲ縺?縺上°縺ッ縲∫樟蝨ィ縲∝、壹¥縺ョ繝ヲ繝シ繧カ繝シ縺檎峩髱「縺励※縺?繧玖ェイ鬘後□縲ょ柑邇?逧?縺ェ驕狗畑繧貞ョ溽樟縺励↑縺後i蜿ッ逕ィ諤ァ繧帝ォ倥a縲√お繝ウ繝峨Θ繝シ繧カ繝シ縺ョ隕∵...(2015/9/17 提供:繝ャ繝?繝峨ワ繝?繝域?ェ蠑丈シ夂、セ)

技術文書
OpenStack環境でネットワーク仮想化、最適な構築を実現する方法とは?
 サーバ仮想化にVMwareやXen、KVM、Hyper-Vなど異なる選択肢があるのと同様に、クラウド基盤のネットワーク仮想化においても、異なるマーケットセグメントに対応するソリューションが必要とされることは言うまでもない。特に大規模なデータセンターでは、テナントごとに...(2015/9/16 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化に向けて、VSPはクラウドデータセンターをどのように変えるか
 現在のクラウドデータセンターの多くに見られる問題は、仮想マシンのアプリケーション展開と起動に関してはわずか数分しかかからないのに対し、Webやデータベースなどサーバ連携からなるアプリケーション構造に対応するネットワーク配備には、数週間から数カ月もかかっ...(2015/9/16 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
マンガで学ぶ:5分で分かる「ネットワーク仮想化(SDN)の基礎知識」
 SDN(Software-Defined Networking)という新たな技術を使ったネットワークを導入する企業が増えている。しかし導入メリットなどの理解がなければ、社内への提案もままならない。 SDNはソフトウェアでネットワークの集中制御を行う技術である。これにより、個々のネッ...(2015/9/16 提供:日本電気株式会社)

事例
5年間のTCO20%削減を目標 みずほ情報総研のベンダー選定の評価ポイントとは?
 2012年4月、みずほ情報総研では仮想サーバ環境の集約率を高めること、およびストレージネットワーク環境への仮想化技術の適用を強化することを基本要件に、マネージドクラウドサービス基盤を大幅に刷新した。 サービス提供のスピードアップ、一層の柔軟性の獲得、コス...(2015/9/16 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
BYODのカギは「ネットワーク」、既存インフラ再構築のための段階的アプローチ
 現在の企業ネットワーク環境は、わずか数年前には想像もできなかった課題に直面している。企業は従業員に、より簡単かつ効率的に仕事をさせるために次々と無線デバイスを与えており、同時に従業員、パートナー、訪問者は、個人のスマートフォン、タブレット、またはノー...(2015/8/31 提供:ALE日本支社)

技術文書
BYODのセキュリティを確保するネットワーク設計とはどのようなものか?
 普段の生活でいつでも、どこでも、どのデバイスからでもアプリケーションにアクセスできる利便性に慣れた従業員は、業務で利用するアプリケーションについても同じシームレスなアクセスを求めている。しかし、BYOD(私物端末の業務利用)は企業のIT部門にとっては大きな...(2015/8/31 提供:ALE日本支社)

技術文書
マンガでわかる!製造業でも使えるネットワーク仮想化 【SDN活用研究所】
 仮想化技術によって、サーバは柔軟性、拡張性を大きく向上した。では、ネットワークはどうか──。 いまだ物理的な制約が大きく、企業のIT コストや運用負荷の増大、活用のスピードの低下など、大きなロスを生んでいる。例えば、要求に応じて仮想サーバはすぐに用意で...(2015/8/11 提供:日本電気株式会社)

技術文書
一般的なアプリケーションを使用した巧妙な攻撃からデータセンターを守るガイドライン
 一般的なアプリケーションを使用してデータを抜き取る侵害は、どのようなデータセンタートポロジを使用しているかにかかわらず、大きな脅威として認識されている。 この攻撃に対処するには、データセンターアプリケーションの識別および相互に通信可能なアプリケーショ...(2015/7/29 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

技術文書
金融システムのセキュリティから「複雑性」を取り除く新しいアプローチとは?
 金融業界において、今最も重視されているセキュリティ課題は「複雑性の排除」である。インターネット黎明期から導入されてきたセキュリティ製品に加えて、さまざまなソリューションが適用され、まるでパッチワークのような様相となっているからだ。この状態で、パフォー...(2015/7/29 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

Loading