クラウドでもSDNでもなく「新時代のネットワーク」に不可欠なのは“あの要素”新時代のネットワーク像【前編】

ネットワークの主要テーマと言えば、以前は仮想化やSDNが主流だった。しかしユーザーは新たなテーマへの関心を強めつつある。ユーザーコミュニティーであるONUGが指摘する新たなテーマとは。

2023年12月21日 05時00分 公開
[Deanna DarahTechTarget]

 数年前までネットワークの主要テーマと言えば、クラウドサービスでのネットワーク機能の統合、仮想化、SDN(ソフトウェア定義ネットワーク)などだった。2023年のテーマは違う。ネットワークのオープン化を目指すユーザーコミュニティー「ONUG」(Open Networking User Group)主催のカンファレンス「ONUG Fall 2023」で、ONUGの共同設立者のニック・リピス氏は、「ネットワークは新しい時代に入った」と語った。ここ数年でネットワークは何が変わったのか。

新たな時代のネットワーク像とは

 リピス氏は、現在のネットワークは機能が詰め込まれて複雑化していると指摘する。その結果、ネットワーク管理の新たなモデルが必要となっている。具体的には、組織内でネットワークとセキュリティをより調和させ、統合する必要があるという。

 ONUGが276人のIT専門家を対象にアンケートを実施した結果、35%がネットワーク運用センターとセキュリティ運用センターを、1つのインシデント対応センターとして統合していると回答した。10%はすでにネットワーク運用とセキュリティ運用のチームを統合していると回答した。

 リピス氏は、ネットワークとセキュリティを統合するメリットとして、「データの管理がより効率的になる」と述べる。データを包括的に管理できれば、ネットワークとセキュリティの状況を詳細に可視化し、洞察を得ることができる。そのため、インシデントの発生を抑えることができる他、新しい技術を導入しやすくなるという。

 今後、組織は「DX」(デジタルトランスフォーメーション)の目的であれ、複雑な管理を簡素化する目的であれ、ネットワークとセキュリティの統合を進める必要がある。ネットワークとセキュリティの境界は曖昧になっていくだろう。


 後編は実際にネットワークとセキュリティの統合に取り組んだ製薬会社GSK(グラクソ・スミスクライン)の事例を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

D2CとD2C Rが「docomo connecting path(コネパス)」計測タグを無料配布
D2CとD2C Rは、Cookieレス環境でもリターゲティング広告やオーディエンス分析が可能な新...

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...