2021年08月23日 05時00分 公開
特集/連載

学生2万人の大学がオンライン教育に生かした「Horizon」×「Azure」のVDIとは?コロナ禍をITで乗り越えるエジンバラネピア大学【前編】

英国のEdinburgh Napier Universityは、COVID-19のパンデミック前から構築してきたVDIを生かし、オンライン教育へと迅速に移行した。「VMware Horizon」と「Microsoft Azure」で構築したという、同校のVDIとは。

[Karl Flinders,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)は、仕事や普通の生活のさまざまな部分に影響を及ぼしている。特に大きな打撃を受けているのが教育だ。大学は一斉にオンライン教育の推進にかじを切り、学生はキャンパスで学ぶことができなくなった。

 最新技術への投資で、パンデミックによる影響の軽減に成功した大学もある。英国のEdinburgh Napier University(エジンバラネピア大学)は、仮想デスクトップインフラ(VDI)への投資を既に済ませていた。そのためパンデミックによってキャンパスの閉鎖を余儀なくされたときに、すぐにVDIのメリットを生かすことができた。学生はパンデミックが始まった直後から、勉学に必要な教材などのリソース全てに24時間安全にアクセスすることが可能だった。

約2万人の学生を支える「VDI」の中身

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...