2021年08月23日 05時00分 公開
特集/連載

学生2万人の大学がオンライン教育に生かした「Horizon」×「Azure」のVDIとは?コロナ禍をITで乗り越えるエジンバラネピア大学【前編】

英国のEdinburgh Napier Universityは、COVID-19のパンデミック前から構築してきたVDIを生かし、オンライン教育へと迅速に移行した。「VMware Horizon」と「Microsoft Azure」で構築したという、同校のVDIとは。

[Karl Flinders,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)は、仕事や普通の生活のさまざまな部分に影響を及ぼしている。特に大きな打撃を受けているのが教育だ。大学は一斉にオンライン教育の推進にかじを切り、学生はキャンパスで学ぶことができなくなった。

 最新技術への投資で、パンデミックによる影響の軽減に成功した大学もある。英国のEdinburgh Napier University(エジンバラネピア大学)は、仮想デスクトップインフラ(VDI)への投資を既に済ませていた。そのためパンデミックによってキャンパスの閉鎖を余儀なくされたときに、すぐにVDIのメリットを生かすことができた。学生はパンデミックが始まった直後から、勉学に必要な教材などのリソース全てに24時間安全にアクセスすることが可能だった。

約2万人の学生を支える「VDI」の中身

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...