2021年08月18日 05時00分 公開
特集/連載

「ゲーム業界狙いのWeb攻撃」がコロナ禍で活発化 最も多かった攻撃は?“ゲーム人気”は攻撃者にも

コロナ禍の中で人気を博しているゲームは、サイバー攻撃の格好の標的となっている。どのような種類の攻撃が目立っているのか。Webアプリケーション攻撃に絞り、調査結果を基に実態を探る。

[Aaron Tan,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)による外出制限の中、2020年の世界のゲーム業界は活況を呈した。その半面、ゲームを狙ったサイバー攻撃も活発化。CDN(コンテンツ配信ネットワーク)やクラウドセキュリティを手掛けるAkamai Technologiesの調査によると、ゲーム会社に対するWebアプリケーション攻撃は、2020年に約2億4000万件を記録した。

データベースを狙う“あの攻撃”が約6割、続いて……

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。