「ゲーム業界狙いのWeb攻撃」がコロナ禍で活発化 最も多かった攻撃は?“ゲーム人気”は攻撃者にも

コロナ禍の中で人気を博しているゲームは、サイバー攻撃の格好の標的となっている。どのような種類の攻撃が目立っているのか。Webアプリケーション攻撃に絞り、調査結果を基に実態を探る。

2021年08月18日 05時00分 公開
[Aaron TanTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)による外出制限の中、2020年の世界のゲーム業界は活況を呈した。その半面、ゲームを狙ったサイバー攻撃も活発化。CDN(コンテンツ配信ネットワーク)やクラウドセキュリティを手掛けるAkamai Technologiesの調査によると、ゲーム会社に対するWebアプリケーション攻撃は、2020年に約2億4000万件を記録した。

データベースを狙う“あの攻撃”が約6割、続いて……

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...