“つながらない会場”どう回避 国際展示場が挑んだネットワーク刷新の中身とは?世界有数の貿易ハブを目指すDWTC

ドバイの展示会場DWTCがExtreme Networksと手を組んで、大規模のネットワーク改修を実施した。どのような製品・技術を活用したのか。新しいネットワークで何ができるようになったのか。

2021年12月08日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 ネットワークベンダーのExtreme Networksは、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国にある展示会場Dubai World Trade Centre(DWTC:ドバイ世界貿易センター)の大規模なネットワーク改修を実施した。ネットワーク技術を活用することにより、会場内での快適な通信の実現を目指す。

 1979年に設立されたDWTCは国際会議や見本市の開催地となり、ドバイの貿易の発展に貢献してきた。2021年10月には、人工知能(AI)技術やロボット技術を披露する展示会「GITEX Global 2021」がDWTCで開催された。DWTCはこうした大型イベントを増やす方針を打ち出し、今後、会場内のネットワーク利用が増えることを見込んでいる。

“どこでもつながるイベント会場”へ 「新しいネットワーク」の気になる中身

 今回のネットワーク改修は、Extreme Networksのネットワーク仮想化技術「Fabric Connect」やネットワーク管理ツール「ExtremeAnalytics」を採用。見込んでいるネットワークの利用増加に応じて迅速に制御できるよう、ネットワークを強化した。

 Extreme Networksによると、新しいネットワークでDWTCは会場の出入り口付近や売店といったエリアごとにネットワークの利用状況を可視化した上で、データ転送の最適化を図る。来場者が会場内のどこにいても快適にネットワークにアクセスできるようになるという。DWTCは新しいネットワークを踏まえ、会場内に非接触技術を採用したディスプレイを設置したり、新たな来場者向けアプリケーションを開発したりして、CX(顧客経験価値)の向上につなげたい考えだ。

 他にもDWTCは会場内に高精細撮影ができるカメラを設け、新しいネットワークによって会場内の映像をリアルタイムに転送し、分析する。物理的セキュリティの向上につなげるためだ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)が続く中、検温データ管理といった感染予防対策にも新しいネットワークを活用する。

 新しいネットワークはセキュリティ機能を豊富に備える他、ネットワーク管理の自動化によってトラブルシューティングといった作業の負荷を減らす。DWTCはネットワークに接続しているユーザーやデバイス、アプリケーションを詳細に把握し、ネットワークの混雑を予測して、あらかじめ緩和策を講じられるようになるという。

 DWTCでIT担当のバイスプレジデントを務めるファリッド・ファルーク氏は、「今回のネットワーク改修によって世界有数の会場を目指すとともに、来場者向けのサービスを強化したい」と述べる。Extreme Networksの地域担当ディレクター、マーン・アルシャカルチ氏は、「最新技術を採用すれば、展示会場はビジネス力を磨き上げ、パンデミックを乗り越えるための武器を手に入れられる」と説明する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...