2014年07月18日 15時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドが支える新たなる潮流「モノのインターネット(IoT)」でも予想されるAmazonとGoogleの衝突

クラウドと「モノのインターネット」のアプリケーション。両者の成長が密接に関係する理由を語ろう。

[Jeff Kaplan,TechTarget]
tt_yo_kaigai_20140718aws.jpg

 今日のクラウドサービスが持つかつてないパワーが、“コネクテッドワールド”(インターネットに接続された世界)という先進的なアイデアに形を与え、実現可能なものにしている。IT企業などは「モノのインターネット」(Internet of Things、以下“IoT”)のメリットを前面に押し出し、新世代のコネクテッドデバイスやリモートセンサーを宣伝しているが、実際、クラウドを利用すれば、ほぼ全ての業種のどのような規模の企業でも、IoTの取り組みを開始し、自社が描くIoTのビジョンを実現できる。

M2MからIoTへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...