2021年09月30日 08時00分 公開
特集/連載

HPがリモートアクセス技術のTeradiciを買収 “在宅勤務”市場での狙いは?TechTarget発 世界のITニュース

HPはTeradiciを買収し、遠隔のコンピュータへのリモートアクセス技術を統合する。PCベンダー大手はどのような戦略を描いているのか。

[Mike Gleason,TechTarget]

 PCベンダーのHPは2021年7月27日(現地時間)、リモートアクセス用のソフトウェアベンダーTeradiciを買収すると発表した。HPは自社製品にTeradiciのソフトウェアを組み合わせ、在宅勤務を拡大している企業に売り込む。買収は2021年末までに完了する見通しだ。HPは買収金額などの詳細を明らかにしていない。

「場所を問わずにワークステーションを使う」技術を入手

 Teradiciは、CAD(コンピュータ支援設計)や3D(3次元)レンダリングを中心とした用途向けの、遠隔のPC間でネットワークを介して表示画面を転送するプロトコル「PC over IP」(PCoIP)の技術を強みとしている。この技術の主な導入先はAmazon Web Services(AWS)やGoogle、Microsoftのクラウドサービス、仮想デスクトップインフラ(VDI)製品などだ。

 HPは今回の買収によって、物理ワークステーションへリモートアクセスできるHPのソフトウェア「ZCentral Remote Boost」にTeradiciの技術を組み合わせる計画だ。エンジニアやアニメーション制作者、映像編集者といったユーザーがノートPCやタブレットを使い快適に作業できるようにするという。

 調査会社Knowledge Sourcing Intelligenceはリモートアクセスのソフトウェア市場について、オフィス出社と在宅勤務を組み合わせた「ハイブリッドワーク」の拡大を背景に、2026年まで年間約16%の成長率を見込む。HPのプレジデント、アレックス・チョ氏は、「Teradiciの技術統合によって場所を問わずに高性能なPCを利用したいというニーズに応える」と言う。

TechTarget発 世界のITニュース

新製品・新サービスや調査結果、セキュリティインシデントなど、米国TechTargetが発信する世界のITニュースをタイムリーにお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...