2021年09月30日 12時00分 公開
ニュース

Adobe、映像共同制作サービスのFrame.ioを12億7500万ドルで買収 その背景はTechTarget発 世界のITニュース

Adobeは、映像編集者やプロデューサー、代理店、クライアント間の共同作業を効率化するために映像共同制作サービスを提供する企業を買収する。映像制作作業のテレワーク移行の難しさを解決する目的だ。

[Don Fluckinger,TechTarget]

関連キーワード

Adobe Systems | クラウドサービス


 Adobeは2021年8月、映像の共同制作サービスを提供するFrame.io社を12億7500万ドルで買収すると発表した。同社の2021会計年度の第4四半期(9〜11月)中にこの取引が完了する見込みだ。

 2015年創設のFrame.io社は、同名の共同映像制作サービスを提供している。同社はAdobeの他、映像編集者やプロデューサー、代理店およびそのクライアントなど100万人を超えるユーザーを抱えている。

Frame.io社買収の背景は

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...