Adobe、映像共同制作サービスのFrame.ioを12億7500万ドルで買収 その背景はTechTarget発 世界のITニュース

Adobeは、映像編集者やプロデューサー、代理店、クライアント間の共同作業を効率化するために映像共同制作サービスを提供する企業を買収する。映像制作作業のテレワーク移行の難しさを解決する目的だ。

2021年09月30日 12時00分 公開
[Don FluckingerTechTarget]

関連キーワード

Adobe Systems | クラウドサービス


 Adobeは2021年8月、映像の共同制作サービスを提供するFrame.io社を12億7500万ドルで買収すると発表した。同社の2021会計年度の第4四半期(9〜11月)中にこの取引が完了する見込みだ。

 2015年創設のFrame.io社は、同名の共同映像制作サービスを提供している。同社はAdobeの他、映像編集者やプロデューサー、代理店およびそのクライアントなど100万人を超えるユーザーを抱えている。

Frame.io社買収の背景は

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...