2021年09月30日 12時00分 公開
ニュース

Adobe、映像共同制作サービスのFrame.ioを12億7500万ドルで買収 その背景はTechTarget発 世界のITニュース

Adobeは、映像編集者やプロデューサー、代理店、クライアント間の共同作業を効率化するために映像共同制作サービスを提供する企業を買収する。映像制作作業のテレワーク移行の難しさを解決する目的だ。

[Don Fluckinger,TechTarget]

関連キーワード

Adobe Systems | クラウドサービス


 Adobeは2021年8月、映像の共同制作サービスを提供するFrame.io社を12億7500万ドルで買収すると発表した。同社の2021会計年度の第4四半期(9〜11月)中にこの取引が完了する見込みだ。

 2015年創設のFrame.io社は、同名の共同映像制作サービスを提供している。同社はAdobeの他、映像編集者やプロデューサー、代理店およびそのクライアントなど100万人を超えるユーザーを抱えている。

Frame.io社買収の背景は

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

news029.jpg

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...

news129.jpg

2022年のEC売り上げ、6割が「伸びる」と予測――フューチャーショップ調査
コロナ禍でも拡大し続けるEC、ポイントは口コミSNSの活用にありそうです。