2021年09月30日 12時00分 公開
ニュース

Adobe、映像共同制作サービスのFrame.ioを12億7500万ドルで買収 その背景はTechTarget発 世界のITニュース

Adobeは、映像編集者やプロデューサー、代理店、クライアント間の共同作業を効率化するために映像共同制作サービスを提供する企業を買収する。映像制作作業のテレワーク移行の難しさを解決する目的だ。

[Don Fluckinger,TechTarget]

関連キーワード

Adobe Systems | クラウドサービス


 Adobeは2021年8月、映像の共同制作サービスを提供するFrame.io社を12億7500万ドルで買収すると発表した。同社の2021会計年度の第4四半期(9〜11月)中にこの取引が完了する見込みだ。

 2015年創設のFrame.io社は、同名の共同映像制作サービスを提供している。同社はAdobeの他、映像編集者やプロデューサー、代理店およびそのクライアントなど100万人を超えるユーザーを抱えている。

Frame.io社買収の背景は

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...