2011年02月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

サービス事業者が課す制約が裏目にパブリッククラウドを使ったアプリケーション管理の限界

パブリッククラウドを利用した場合、ホスティングされているアプリケーションの管理はさまざまな制約を受ける。

[Brien Posey,TechTarget]

 サービスプロバイダーによるアプリケーションのホスティングが普及している。しかし全面的なコントロールを維持したいと考える管理者は、自社のアプリケーションをプライベートクラウドまたは従来型のアプリケーションサーバのいずれかにインストールして、社内でホスティングした方が賢明かもしれない。

 パブリッククラウドコンピューティングのプロバイダーは、利用者にできる限りの柔軟性を提供しているが、最優先するのは常にクラウドインフラのセキュリティと安定性だ。つまり、ホスティングされているアプリケーションを利用者が管理できる程度には限界がある。

アプリケーションのパッチ導入制限

 サービス事業者がアプリケーション管理を制限する方法の1つは、利用者にアプリケーションのパッチをインストールさせないことだ。

 組織はアプリケーション管理の負担軽減を目的に、アプリケーションをクラウドサービス事業者に外部委託する場合が多い。多くの管理者は、パッチ管理の雑事から解放されることを手放しで歓迎する。しかしパッチ管理の責任をサービス事業者に渡してしまうことはもろ刃の剣の側面もある。サービス事業者は、廃業に追い込まれたくなければアプリケーションの安定性を保証しなければならない。従って、パッチのテストは極めて慎重になりがちで、新たにリリースされたパッチを適用するまでに時間がかかるかもしれない。

 これは安定性の上ではメリットがあるが、サービス事業者が導入するよりも前にパッチが必要になるときもある。特に問題になるのは、Microsoftの「リリースされていない」ホットフィックスの場合だ。

 トラブルシューティング中に修正パッチの存在を発見したものの、Microsoftはまだそのパッチを一般に公開していないということは何年も前からあった。解決策は、Microsoftの技術サポートに電話して、そのパッチが欲しいと頼むことだ。言うまでもなく、Microsoftに正式リリースの準備ができていないパッチの導入をサービス事業者が認めてくれる可能性は極めて低い。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

パナソニックが早稲田大学恩藏ゼミと協働でマーケティングプロジェクトを立ち上げ
パナソニックは、早稲田大学商学部 恩藏直人教授のゼミと協働で、マーケティングプロジェ...

news048.jpg

ぴあデジタルコミュニケーションズ、レシート換金アプリ「ONE」のワンファイナンシャルと協業
ぴあデジタルコミュニケーションズは、ワンファイナンシャルと協業すると発表した。

news018.jpg

「環境ブランド調査2018」サントリーが2年連続首位――日経BP社調べ
日経BP社は、「環境ブランド調査2018」の結果を発表しました。