TechTargetジャパン

技術文書
Java EEアプリケーションを安全かつ簡単に高速化する方法 〜検証から学ぶクラウド時代のスケールアウト戦略〜
 企業システムを担当している人であれば、「パフォーマンスがでない」という問題に直面したことは多いだろう。ー般的にJavaEEアプリケーションサーバの場合、アプリケーションサーバの台数を増やすこと(スケールアウト)で処理性能を向上することができる。しかし、単純...(2014/8/1 提供:レッドハット株式会社)

レポート
実機検証レポート:「ゼロダウンタイム」のアプリケーションサーバは構築できるか?
 一般的にロードバランサを用いることで、ユーザーリクエストを複数のノードに分散させて負荷を平準化させるとともに、障害が発生したノードの処理を別のノードで引き継ぐことでサービスの可用性を高めることができる。 しかし、一般的にロードバランサ単体では、アプリ...(2014/3/20 提供:日本電気株式会社)

製品資料
ECアプリの優先順位付けで顧客転換率を向上、Webサービス基盤構築に必要な条件
 Webサービスが競争力の源泉となっている企業にとって、パッケージソフトやSaaSなど“既成品”を利用して新規サービスを展開することは、将来的にスピードや柔軟性の面で機能の制約を設けることにつながる。サービスを他社に先駆けて提供するためには、その開発力でしの...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける?
 企業システムの構築・運用に必要となるさまざまなサービスを提供する「Oracle Cloud」。クラウドに注力するOracleらしく、その機能は多岐にわたり、その把握も容易ではない。そこで、あらためて同サービスの特徴・機能を確認したい。 Oracle Cloudの大きな特徴は、統一...(2017/9/8 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策
 メーカーサポートが終了したOSが、業務システムを運用する企業にとって大きな問題となることがある。その最たるものが、ミッションクリティカルなアプリケーションが稼働するレガシーシステムが、技術的、財政的な理由で新規システムに移行できないケースだ。 そのため...(2017/9/19 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は
 システム障害やサイバー攻撃などのリスクへの備えとして不可欠なバックアップ環境。近年、導入が進むハイパーコンバージドインフラでは、特に慎重な製品選びが求められる。そのため、バックアップ時間、仮想マシンの保護、ライセンスコストなどについて総合的に判断する...(2017/7/31 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
今さら聞けない「重複排除バックアップ」の基本原理――最新技術と効果を学ぶ
 企業内データの増大により、バックアップはより時間がかかり、多くのストレージ容量が消費される。こうしたコストや時間の増大に課題を持ちながらも、多くの担当者は多忙のため、バックアップの課題解決に対応できる余裕はない。そのため最低限のバックアップをギリギリ...(2017/7/21 提供:クエスト・ソフトウェア株式会社)

製品資料
SAPに最適なクラウドの活用法は? ニーズに合わせて見極めたい3つの選択肢
 企業におけるクラウドの適用範囲は、かつてオンプレミスが当然とされていたようなERPにまで広がっている。代表的な製品であるSAP ERPもクラウドで利用されるようになってきているが、ERPをクラウドに移行する際の課題や、クラウド固有の制約に悩むユーザーも多いだろう...(2017/7/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Windows Server 2003からの脱出を成功に導く3つの移行シナリオ
 Windows Server 2003サポートが、2015年7月に終了する。サポート期限にまだ時間的な余裕があるように思えるが、最新環境にスムーズに、最小限のダウンタイムで移行するには、すぐにでも移行プロジェクト計画を開始する必要がある。OSサポート終了のリスクに加え、老朽化...(2014/11/13 提供:富士通株式会社)

技術文書
次世代ストレージ製品導入戦略ガイド
 ストレージのニーズが増大し続けている。本稿では差し迫った需要に対応したストレージシステムの進化、オールフラッシュアレイの継続的な役割、ストレージ投資を最大限に活用する方法について解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。■速度ニーズに対応す...(2017/7/26 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ワンランク上のWebサービス基盤に必要な「3つの機能」――競合製品との比較検証
 顧客や取引先、従業員向けにモバイル対応のWebサービスを展開し始め、トランザクションの急激な変化への対処に追われる企業が増加している。さらには本社を含めた複数の拠点でのデータ分析ニーズに応えるため、Webサービスによって独自の分析基盤を展開したり、新しいマ...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値
 市場のニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境変化に対応していくには、常に新しい技術が実装されるオープンソースソフトウェア(OSS)の活用が欠かせない。中でも注目されているのが「Node.js」「Apache Spark」「Docker」の3つだ。 Dockerで柔軟性の高いシステ...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「脆弱性を17カ月放置し続けた企業」が受けた“ 社会的制裁”とは?
 システムに潜む脆弱性を悪用してWebサイトを改ざんしたり、重要情報を盗み出したりする攻撃が止まらない。企業にとって、脆弱性をいかに迅速に発見して対処するかは大きな課題だ。ただし、それは言うほど簡単なことではないのも事実である。特にビジネス要求の変化に応...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする?
 組織のネットワーク内部を侵害するサイバー攻撃のほとんどは、組織外から「不審な通信」を指摘されて発覚するという。外部からの通報の場合は、その真偽の確認も必要だ。通報/検知内容を確認、適切に判断し、被害の最小化や原因の追究に向けて、迅速かつ適切なインシデ...(2017/3/8 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
DDoS攻撃対策の選び方――大規模攻撃に備える3つの対策を解説
 日本国内でもサービス障害を引き起こし、損害をもたらすDDoS攻撃の勢いが衰えない。対策の必要性は認識しているものの、実際に被害を受けていないことや、被害のイメージがつかめていないためか、対策が後回しになっている企業も少なくない。 DDoS攻撃の対策には、大き...(2017/2/27 提供:日本ラドウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

事例
バックアップ応用術、霧島酒造が仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した方法
 あらゆるデータが肥大化を続ける中で、BCP体制の構築やバックアップ/リストア時間の改善、DRサイトでの復旧時間の短縮への要求が日増しに増大している。しかし、そのためのコストや人員の負担は大きく、企業にとって頭の痛い問題となっている。 芋焼酎「霧島」で知ら...(2017/2/3 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
クラウドバースト製品導入戦略ガイド
 クラウドの概念が拡大している。本稿ではクラウドバーストのメリットとデメリット、オンプレミスITの役割について解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。■クラウドバーストのメリットとデメリット■クラウドバーストの利用が伸びない理由■クラウドバー...(2017/2/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
普段使わないから選択に困る「データ保護製品」を選ぶための5つの理由
 万が一に備えてデータ保護の用意は欠かせない。だが平常時には出番のない備えだからこそ、いざ障害が起きてしまってから「リストアに想定外の時間がかかる」などの問題が明らかになるケースも多い。 そうならないための「データ保護ソリューションを選ぶ5つの理由」を...(2016/12/13 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築
 近年は社内向けポータルや顧客向けWebサイトで、さまざまなサービスやアプリケーションが提供されている。これらを利用するユーザーは、より多くの機能を活用したコラボレーションや情報共有を求める一方で、複数のID/パスワードの使い分けのような面倒なことは避けた...(2017/1/27 提供:株式会社イージフ)

製品資料
鍵を掛ければデータ保護は万全? 暗号化が最大効果を生む4つのポイント
 どのような企業や業務でも“社外秘”の機密情報は存在し、万が一にも漏えいしないよう慎重な取り扱いを行っているはずだ。その対策方法はさまざまだが、最近の注目は「暗号化」である。 機密データの暗号化と保管を厳重に行うのが第一歩である。次に、暗号化に用いた鍵...(2017/1/27 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
SDSを“新たな足かせ”にしない汎用プラットフォーム向けストレージ刷新術
 近年、サーバやデスクトップの仮想化が急速に普及しているが、ストレージには旧来の環境を使い続けている企業も少なくない。そのため、ITシステム全体で見た場合に、リソース管理の柔軟性などメリットを十分に得られていないケースも見られる。 そこで注目されるように...(2016/9/30 提供:株式会社エス・ワイ・シー)

事例
ムラウチドットコムを支えるシステム基盤――10年以上も止まらない秘訣を探る
 ムラウチドットコムは、PC、家電、家具、アパレル、DIY、生活雑貨など幅広い商品をネット通販で提供する企業だ。販売窓口であるECサイトに不具合が生じたり、レスポンスの遅延が起きたりすることは、売り上げに直結する経営問題となる。従って、24時間365日にわたる安定...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Webサービスの負荷テスト、自動化でコストと時間はどこまで削減できる?
 企業間決済や電子取引、オンラインバンキングなど、近年では多くのサービスやアプリケーションがWeb化されている。これらのWebサービス・Webアプリケーションの停止やパフォーマンスの悪化はユーザー満足度の低下を招き、ビジネス機会の損失や生産性の低下などの損害を...(2016/8/16 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラ超入門――6つのメリットと3つの用途
 ハイパーコンバージドインフラは、今後、多くの企業が導入すると考えられているIT基盤の1つだ。しかし、サーバやストレージを統合したIT基盤であることは分かっていても、その具体的な仕組みや導入のメリットについては意外と知らないことが多い。 まず押さえておきた...(2016/8/23 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
複数プラットフォームのシステムはそのままに、新採用の障害監視ツールでコストを5分の1に
 業務システムが異なるプラットフォームで稼働しているケースは珍しくない。OSはWindows、UNIX、Linuxがほぼ3分の1ずつ、アプリケーションサーバはMicrosoft IIS、JBoss Application Server、Apache Tomcatがあり、データベースもOracle Databaseだけでなく、一部にMS SQ...(2015/11/19 提供:ゾーホージャパン株式会社)

事例
システム部門に頼らず業務部門が直接データ活用、さまざまな業種での実例紹介
 基幹システム内のデータを活用する上で問題となるのは、業務部門が欲しいデータを引き出すために、必要以上の時間がかかってしまうことだ。さらに別の切り口を加えようとすると、また一層の時間を要してしまう。こうした状況を作り出している原因は、基幹システム内のデ...(2015/10/16 提供:富士電機株式会社)

製品資料
バックアップの統合運用「3つのポイント」――仮想・物理環境も複数OSも問わず
 事業を支えるITシステムを安定稼働させるための対策として、多くの企業がバックアップ体制を整えている。しかし、年々進行するシステムの複雑化やデータの増加により、バックアップに対する新たな課題も見え始めている。 特に物理・仮想環境の併用や複数OSの混在などが...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
システムインテグレーターの現実解は? 障害対策をどこまで提供できるのか
 かつては「止められないシステム」といえば、金融機関の勘定系や製造業の基幹系などに限られていたが、現在ではほとんどの業種業態のシステムがこれに該当する。そのため、システムの障害対策が以前にも増して重要となっている。 しかし、現実を見るとクラウドを活用す...(2016/6/20 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
今すぐできる「Windows Server 2003/2003 R2からの移行ガイド」
 Windows Server 2003/2003 R2の延長サポートが2015年7月15日に迫ってきた。サーバOSの移行はクライアントOS以上に時間がかかるため、Windows XPのサポート終了時以上に早期に対応に取り掛かることが必要だ。サポート終了のOSを使い続けるとセキュリティ更新プログラム...(2015/4/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading