2020年03月03日 05時00分 公開
特集/連載

BigID、CyCognito、Signal Sciencesとは? セキュリティの熱いスタートアップ2020年の見逃せないセキュリティスタートアップ5社【後編】

2019年にベンチャーキャピタルが投資したセキュリティ分野のスタートアップの中でも、2020年に成長が見込まれる5社とはどこか。そのうち3社について紹介する。

[Alexander Culafi,TechTarget]

 2020年に注目すべきセキュリティ分野のスタートアップ(設立間もない企業)5社を前後編にわたって取り上げる。前編「Clumio、Siemplifyとは? 投資家が注目するセキュリティスタートアップ」で紹介したClumioとSiemplifyの2社に続き、後編では残る3社を見ていこう。前後編で紹介するスタートアップは以下の通りだ。

  1. Clumio(前編で紹介)
  2. Siemplify(前編で紹介)
  3. BigID
  4. CyCognito(会員限定)
  5. Signal Sciences(会員限定)

3.BigID

 2015年に設立されたBigIDは、データ管理と保護に関わる企業を支援する。同社は「カリフォルニア州消費者プライバシー法」(CCPA)や「一般データ保護規則」(GDPR)などのプライバシー法に準拠するよう企業が対処するためのサービスを提供する。同社の企業理念は「企業が顧客データの保護を希望するなら、まずデータを理解しなければならない」というものだ。

 「当社の目標は、企業が保管する顧客データについて理解した上で行動できるよう支援することだ」と、BigIDの共同設立者兼最高製品責任者(CPO)を務めるニムロッド・バックス氏は語る。規則に準拠しながらより的確にデータの保護と管理をすれば、企業はデータをより活用できるようになるとバックス氏は説明する。

 BigIDは2018年3月、セキュリティカンファレンス「RSA Conference」内で開催された、優れたセキュリティ製品/サービスを競うコンテスト「RSAC Innovation Sandbox」で優勝している。加えて2019年9月には、投資ラウンド(企業への投資段階)が「シリーズC」(スタートアップが事業成長を拡大させる段階)であるスタートアップとして5000万ドルの資金提供を受けた。これにより同社が得た資金は総額1億ドル弱に上ることとなった。

4.CyCognito

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...