2020年02月25日 05時00分 公開
特集/連載

2020年の見逃せないセキュリティスタートアップ5社【前編】Clumio、Siemplifyとは? 投資家が注目するセキュリティスタートアップ

2020年、セキュリティ分野のスタートアップで注目すべきはどの企業だろうか。多くの資金提供を受けたスタートアップとして、2020年に存在感を増すと考えられる5社のうち、2社を取り上げる。

[Alexander Culafi,TechTarget]

 新たなセキュリティの課題に対処すべく、さまざまなスタートアップ(設立間もない企業)が登場している。このようなスタートアップの中には、2019年にベンチャーキャピタル(投資会社)の高額な資金提供を受けているベンダーもある。セキュリティ分野の投資会社Strategic Cyber Venturesの調査によると、ワシントンに拠点を置くベンチャーキャピタルの2018年におけるセキュリティベンダーへの投資額はグローバルで53億ドルに達する。同社は2020年以降もセキュリティベンダーへの投資額が上昇すると予想する。

 本稿は、2019年に高額の資金提供を受け、2020年の活躍が見込まれるセキュリティ分野のスタートアップ5社を紹介する。取り上げるのは以下の5社だ。

  1. Clumio
  2. Siemplify(会員限定)
  3. BigID(後編で紹介)
  4. CyCognito(後編で紹介)
  5. Signal Sciences(後編で紹介)

1.Clumio

 2017年、米カリフォルニア州サンタクララでプージャン・クマール氏が設立したスタートアップがClumioだ。同社は、2019年11月に投資ラウンド(企業への投資段階)の「シリーズC」(スタートアップが事業成長を拡大させる段階)で1億3500万ドルの投資を受けたスタートアップで、バックアップのクラウドサービスであるBaaS(Backup as a Service)を提供している。このBaaSはインフラにクラウドサービス群「Amazon Web Services」(AWS)を採用する。同社の目的はセキュアなバックアップサービスとデータ保護を提供することだ。

 Clumioは、データが移動する全ての段階でデータを暗号化する。データがユーザー企業の環境を離れる前にユーザー企業の環境で暗号化し、セキュアな通信経路を通って転送する仕組みだ。その後クラウドストレージの「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)に、セキュリティが確保された状態のデータを格納する。転送の各段階で使用する暗号化鍵は「全て異なるため安全だ」と、同社で最高セキュリティ責任者(CSO)を務めるグレン・マルバニー氏は話す。

2.Siemplify

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...