2020年08月12日 05時00分 公開
特集/連載

1990年に誕生した「世界初のWebサーバ」とは?「サーバ」の歴史を振り返る【前編】

いまだ進化を続ける「サーバ」。その起源は、1990年に誕生した「世界最初のWebサーバ」にさかのぼる。サーバはどのようにして登場したのか。

[Jacob Roundy,TechTarget]

 「サーバ」の起源を考えたことはあるだろうか。いまや数え切れない数のサーバが世界中に存在し、データセンターや企業のオフィスで稼働している。サーバの歴史をたどると、サーバ自体が極めて急速な進化を遂げたことや、ITの進化にどのような役割を果たしてきたかが分かる。

 一般的にサーバは、別のソフトウェアやコンピュータにサービスを提供するソフトウェアやコンピュータのことを指す。サービスを受ける側のソフトウェアやコンピュータは「クライアント」と呼ばれる。ハードウェアのリソースをクライアントと共有したり、異なるクライアント間でファイルを送受信する仲介をしたりと、サーバはさまざまなタスクを実行する。

 プロセッサ、メモリ、ストレージが、サーバのハードウェアを構成する基本的なコンポーネントだ。だが、これだけでは一般的なコンピュータとサーバの違いは分からない。サーバをその他のコンピュータから切り分けているのは、ハードウェアではなく提供するサービスの種類だ。

 現在はさまざまな種類のサーバが存在する。例えば下記のようなサーバがある。

  • アプリケーションサーバ
  • プロキシサーバ
  • ファイルサーバ
  • ネットワークポリシーサーバ
  • 仮想サーバ

 サーバの歴史は、1990年に世界初のWebサーバが発明されたところに始まる。

1990年:世界初の「Webサーバ」誕生

 1989年、素粒子物理学研究施設の「ヨーロッパ合同原子核研究機構」(CERN)に在籍していた英国のコンピュータ科学者、ティム・バーナーズ・リー氏が「ワールドワイドウェブ」(World Wide Web)を開発した。World Wide Webは、インターネットを通じてWebページを相互に結び付けるシステムだ。バーナーズ・リー氏がWorld Wide Webを開発した目的は、世界中の科学者の間で情報を共有することだった。

 バーナーズ・リー氏は1990年12月、世界初のWebサーバを生み出した。利用したコンピュータは、スティーブ・ジョブズが創業したNeXT Computer開発の「NeXTcube」だ。このWebサーバはCERNに現存する。筐体の前面に貼られた大きな白いラベルには「このコンピュータはサーバだ。電源は切るな」と書かれている。

 世界初のWebページは、World Wide Webの開発プロジェクトに関する情報へのリンクや、Webサーバに関する技術的な内容を掲載していた。1991年12月には、米カリフォルニア州にある物理学研究施設「SLAC国立加速器研究所」に、ヨーロッパ以外では初となるWebサーバが設置された。1992年後半には利用可能なWebサーバがさらに増え、World Wide Webは拡大した。

 1993年4月、CERNはWorld Wide Webをパブリックドメインとして公開し、誰でも利用できるようにした。それをきっかけにWorld Wide Webは急速な成長と進化を遂げることになった。同年12月には、全世界で500台を超えるWebサーバが存在していたことが分かっている。Webサーバの利用は右肩上がりで増え続けた。1994年12月までにはWebサーバの台数は1万台、ユーザー数は1000万人に達した。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...