2021年10月28日 05時00分 公開
特集/連載

「Java」はなぜ、今も昔も開発者に愛されるのかJavaが愛され続ける5つの理由【後編】

「Java」はさまざまなアプリケーション開発に活用できるプログラミング言語だ。Javaが開発者からの支持を得続けている理由を説明する。

[Cameron McKenzieTechTarget]

 プログラミング言語および開発・実行環境「Java」は、今もアプリケーション開発で広く使われている。前編「『Java』を学びたくなるシンプルな理由」に続く本稿は、その5つの理由のうち、残る3つを解説する。

理由3.周辺ツール開発が盛ん

 Javaは数あるプログラミング言語の中でも開発ツールが充実している。このことはJavaの評価を揺るぎないものにするのに一役買っている。Java開発者は、アプリケーション開発を効率化するためのさまざまな開発ツールをJavaで開発している。Javaで記述された開発ツールには以下の例がある。

  • ビルド(実行可能ファイルの生成)自動化ツール「Gradle」
  • プロジェクト管理ツール「Apache Maven」
  • CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)ツール「Jenkins」
  • アプリケーションサーバ「Apache Tomcat」
  • コンテナでJavaアプリケーションを扱うためのフレームワーク「Quarkus」

理由4.Androidアプリケーション開発が可能

 Javaは、世界中に普及したスマートフォンOS「Android」用アプリケーションの開発における標準プログラミング言語だ。PC用アプリケーションやサーバサイドアプリケーションをJavaで開発できる人であれば、Androidアプリケーション開発のノウハウも素早く習得できる。Javaアプリケーションを実行する「Java仮想マシン」(JVM)と、Androidアプリケーションを実行する「Dalvik」「Android Runtime」の違いは、Androidアプリケーション開発を少し学習すれば意識せずに済む。

理由5.継続的な進化

 徐々に、だが着実にJavaは進化を積み重ねている。Javaの開発元は、長期サポート版(LTS)ではJavaコミュニティーが求める大きな変更を、それ以外のバージョンでは漸進的な改良を加えてきた。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...