2021年08月26日 05時00分 公開
特集/連載

無料で使える、「LAMP」「Jenkins」「WildFly」がすぐ使える仮想アプライアンスデータ分析やWebアプリ開発のための無料仮想アプライアンス5選【後編】

Webアプリケーションの開発に役立つ仮想アプライアンスには、どのようなものがあるのか。「LAMP」「Jenkins」「WildFly」を利用可能な無料の仮想アプライアンスと、無料であることによる注意点を説明する。

[Paul Ferrill,TechTarget]

 「仮想アプライアンス」は特定のアプリケーションを実行するために必要な機能を備えたソフトウェア群だ。これを利用すると、IT担当者はデータ分析やWebアプリケーション開発などの用途のためのアプリケーションを容易に開発し、実行できる。前編「無料で使える、『WordPress』をすぐ利用できる仮想アプライアンスとは?」に引き続き、VMware傘下のBitRock(Bitnamiの名称で事業展開)の製品を例に、無料で利用可能な仮想アプライアンスを紹介する。加えて無料の仮想アプライアンスを利用するときの難点を整理する。

3.Bitnami LAMP Stack

 「Bitnami LAMP Stack」はサーバOS「Linux」用アプリケーションを作成するための仮想アプライアンスだ。「LAMP」と呼ばれる以下のソフトウェアとミドルウェアで構成される。

  • OSの「Linux」
  • Webサーバソフトウェアの「Apache HTTP Server」
  • リレーショナルデータベース管理システムの「MySQL」
  • スクリプト言語の「PHP」「Perl」「Python」

4.Bitnami Jenkins Stack

 「Jenkins」はアプリケーションの開発とテスト、デプロイ(配備)のプロセスを自動化できる。そのためアプリケーションの改変を繰り返す「CI/CD」(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)に基づくソフトウェア開発に適している。すぐに使えるサーバを用意できることもメリットだ。ソースコード共有サービス「GitHub」と連携させれば、GitHubにソースコードを登録すると自動的にビルド(ソースコードから実行可能なプログラムへの変換)を実行できる。「Bitnami Jenkins Stack」は、Jenkinsを容易に利用可能にした仮想アプライアンスだ。

5.Bitnami WildFly Stack

 仮想アプライアンス「Bitnami WildFly Stack」の中核要素である「WildFly」は、Red Hatのソフトウェア開発コミュニティーのJBossが提供するアプリケーションサーバ。プログラミング言語および開発・実行環境「Java」の業務アプリケーション向け仕様群「Java EE」(Java Platform, Enterprise Edition)に準拠している。起動の高速さや動作の安定性を重視しており、メモリ使用量を最小限に抑えるメモリ管理機能を提供する。

無料仮想アプライアンスの難点

 無料の仮想アプライアンスを使うことに難色を示すIT管理者もいる。考慮すべき難点は、無料ソフトウェアでは問題が発生したときにサポートサービスを利用できない場合がある点だ。もう一つの難点としてセキュリティがある。セキュリティ対策を施すには、Linuxなどサーバソフトウェアの知識を要する。そのため無料の仮想アプライアンスは、社内で利用するアプリケーションの実行やアプリケーションのテストといった用途が適する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。