Zoomなどの「Web会議」の録画データへのアクセスは誰に許可すべきか?Web会議の録画データの扱い方ガイド【中編】

Web会議の録画データのセキュリティ確保は、企業にとって重要な課題だ。許可されたエンドユーザーが正しく録画データを扱い、セキュリティを確保するために必要な3つの対策を解説する。

2021年08月25日 05時00分 公開
[Demetra EdwardsTechTarget]

 前編「Zoomなどの『Web会議』を安全に録画したいなら“これ”を決めるべし」は、企業がWeb会議の録画データを扱う前に決定すべき項目を紹介した。中編はWeb会議の録画データのセキュリティ確保のために実施すべき6つの対策のうち、1〜3つ目を取り上げる。

1.録画データへのアクセスを制限する

ITmedia マーケティング新着記事

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。