2021年08月18日 05時00分 公開
特集/連載

Zoomなどの「Web会議」を安全に録画したいなら“これ”を決めるべしWeb会議の録画データの扱い方ガイド【前編】

テレワークの定着に伴い、企業はWeb会議の録画データを活用するようになった。録画データの安全な保管方法を検討する前に、どのような方針で管理するのかを決める必要がある。何を決めればよいのか。

[Demetra Edwards,TechTarget]

 会議や研修のために、企業が「Google Meet」「Cisco Webex」「Zoom」といったWeb会議ツールを使う中で、Web会議の録画データが蓄積され続けている。そうした録画データを安全に保存する方法を知っておくことは重要だ。

 企業にとって、Web会議ツールを使ったオンライン会議は日常になった。テレワークとWeb会議ツールの普及によって、録画データの扱い方に変化が生じている。録画の安全を保つためには、どのようなプロセスやコンプライアンス(法令順守)を従業員に徹底させる必要があるのだろうか。

 企業は誰が録画データを参照、共有できるのかを把握しておかなければならない。録画データのセキュリティ計画の前に、録画データを管理するための戦略を確立させる必要がある。企業が録画データの取得前に決めておくべき項目には以下がある。

1.録画するかどうかの決定

ITmedia マーケティング新着記事

news026.jpg

ティム・クック氏の給与明細 時価総額3兆ドル企業のCEOは平均的Apple社員の1447倍稼ぐ
巨大リンゴと姫リンゴ? 「apple to apple」とは言えない格差がさらに拡大中。

news093.jpg

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

news029.jpg

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...