Zoomなどの「Web会議」を安全に録画したいなら“これ”を決めるべしWeb会議の録画データの扱い方ガイド【前編】

テレワークの定着に伴い、企業はWeb会議の録画データを活用するようになった。録画データの安全な保管方法を検討する前に、どのような方針で管理するのかを決める必要がある。何を決めればよいのか。

2021年08月18日 05時00分 公開
[Demetra EdwardsTechTarget]

 会議や研修のために、企業が「Google Meet」「Cisco Webex」「Zoom」といったWeb会議ツールを使う中で、Web会議の録画データが蓄積され続けている。そうした録画データを安全に保存する方法を知っておくことは重要だ。

 企業にとって、Web会議ツールを使ったオンライン会議は日常になった。テレワークとWeb会議ツールの普及によって、録画データの扱い方に変化が生じている。録画の安全を保つためには、どのようなプロセスやコンプライアンス(法令順守)を従業員に徹底させる必要があるのだろうか。

 企業は誰が録画データを参照、共有できるのかを把握しておかなければならない。録画データのセキュリティ計画の前に、録画データを管理するための戦略を確立させる必要がある。企業が録画データの取得前に決めておくべき項目には以下がある。

1.録画するかどうかの決定

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。