2021年08月18日 05時00分 公開
特集/連載

Zoomなどの「Web会議」を安全に録画したいなら“これ”を決めるべしWeb会議の録画データの扱い方ガイド【前編】

テレワークの定着に伴い、企業はWeb会議の録画データを活用するようになった。録画データの安全な保管方法を検討する前に、どのような方針で管理するのかを決める必要がある。何を決めればよいのか。

[Demetra Edwards,TechTarget]

 会議や研修のために、企業が「Google Meet」「Cisco Webex」「Zoom」といったWeb会議ツールを使う中で、Web会議の録画データが蓄積され続けている。そうした録画データを安全に保存する方法を知っておくことは重要だ。

 企業にとって、Web会議ツールを使ったオンライン会議は日常になった。テレワークとWeb会議ツールの普及によって、録画データの扱い方に変化が生じている。録画の安全を保つためには、どのようなプロセスやコンプライアンス(法令順守)を従業員に徹底させる必要があるのだろうか。

 企業は誰が録画データを参照、共有できるのかを把握しておかなければならない。録画データのセキュリティ計画の前に、録画データを管理するための戦略を確立させる必要がある。企業が録画データの取得前に決めておくべき項目には以下がある。

1.録画するかどうかの決定

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...