ZoomなどのWeb会議の「文字起こし」にセキュリティ対策が必要な理由Web会議の録画データの扱い方ガイド【後編】

企業がWeb会議を録画する際、セキュリティを確保する必要があるのは、Web会議の映像そのものだけではないという。どういうことなのか。守るべきものとは。

2021年09月01日 05時00分 公開
[Demetra EdwardsTechTarget]

 Web会議の録画データは、企業にとって注意して扱うべき情報資産だ。中編「Zoomなどの『Web会議』の録画データへのアクセスは誰に許可すべきか?」に続き、Web会議の録画データをセキュアにする6つのセキュリティ対策のうち、4〜6つ目を説明する。

4.「トランスクリプション」(文字起こし)もセキュアにする

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...