2021年09月01日 05時00分 公開
特集/連載

ZoomなどのWeb会議の「文字起こし」にセキュリティ対策が必要な理由Web会議の録画データの扱い方ガイド【後編】

企業がWeb会議を録画する際、セキュリティを確保する必要があるのは、Web会議の映像そのものだけではないという。どういうことなのか。守るべきものとは。

[Demetra Edwards,TechTarget]

 Web会議の録画データは、企業にとって注意して扱うべき情報資産だ。中編「Zoomなどの『Web会議』の録画データへのアクセスは誰に許可すべきか?」に続き、Web会議の録画データをセキュアにする6つのセキュリティ対策のうち、4〜6つ目を説明する。

4.「トランスクリプション」(文字起こし)もセキュアにする

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...