コロナ禍で全大会白紙 英国ボート競技チームは「データ活用」でどう対処したか「データ分析」をボート競技に生かす【後編】

新型コロナウイルス感染症の影響で、2020年には主要なボート競技が相次いで中止・延期となった。こうした中、英国ボート競技チームはデータを活用した選手のトレーニング方法を生み出し、実践した。その中身とは。

2021年08月17日 05時00分 公開
[Eric AvidonTechTarget]

関連キーワード

データ分析


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)中に、英国のボート競技チームがトレーニングと選手選考の両面で実施したこと(詳細は前編「英国ボート競技チームが『SAS』と『エルゴ』で実現した“勘と経験”からの脱却」を参照)の成果は、イタリアのバレーゼで2021年4月に開催された「2021 European Rowing Championships」(2021年欧州ローイング選手権)で現れた。チームメンバーが1年以上顔を合わせていなかった英国ボート競技チームが、メダル数で1位になったのだ。

コロナ禍で生み出した「データ活用型トレーニング法」とは

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...