2021年08月17日 05時00分 公開
特集/連載

コロナ禍で全大会白紙 英国ボート競技チームは「データ活用」でどう対処したか「データ分析」をボート競技に生かす【後編】

新型コロナウイルス感染症の影響で、2020年には主要なボート競技が相次いで中止・延期となった。こうした中、英国ボート競技チームはデータを活用した選手のトレーニング方法を生み出し、実践した。その中身とは。

[Eric Avidon,TechTarget]

関連キーワード

データ分析


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)中に、英国のボート競技チームがトレーニングと選手選考の両面で実施したこと(詳細は前編「英国ボート競技チームが『SAS』と『エルゴ』で実現した“勘と経験”からの脱却」を参照)の成果は、イタリアのバレーゼで2021年4月に開催された「2021 European Rowing Championships」(2021年欧州ローイング選手権)で現れた。チームメンバーが1年以上顔を合わせていなかった英国ボート競技チームが、メダル数で1位になったのだ。

 22チームが参加する中、英国ボート競技チームはメダル総数が10個で1位、金メダル数が3個でイタリアと同数の1位だった。障害者ボート競技の「パラローイング」を含めると、金メダルは5個でメダル総数は12個だった。2018年に英国で開催された際は、メダル総数がわずか4個で、金メダルがゼロだった。「全ての選手が実力を発揮してくれた。20カ月ぶりのレースで、上々のレース再開になった」と、同チームのパフォーマンス担当ディレクター、ブレンダン・パーセル氏は述べる。

 全ての選手に屋内向けローイング(ボートこぎ)マシンの「ローイングエルゴメーター」(以下、エルゴ)を提供したこと以外に、コーチ陣がデータを活用して下した大きな判断の一つは、トレーニングスケジュールの変更だ。2020年3月、「2020年東京オリンピック競技大会」(以下、東京五輪)の開催延期が決定した。この時点で既に、新型コロナウイルス感染症の影響が長引き、スポーツイベントは月単位の延期か完全な中止を余儀なくされることが明らかだった。

コロナ禍で生み出した「データ活用型トレーニング法」とは

ITmedia マーケティング新着記事

news121.jpg

Logicadが音声広告配信機能を拡充 「Spotify」「radiko」への配信を開始
今後大きな成長が期待される市場へ広告枠を拡張。

news080.jpg

ハヤカワ五味氏×本田哲也氏 社員全員PRマインドを作る方法を語る
「最新版 戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則」出版記念イベントから、著者である本田...

news058.jpg

Salesforceがデジタル営業支援を強化 「Sales Cloud」に“サブスク管理”など3機能を追加
AIを活用したインサイト、統合されたセールスイネーブルメントリソース、顧客主導のセル...