2019年04月05日 05時00分 公開
特集/連載

BIをクラウドへ、低コストで移行するための5つのヒント落とし穴を回避(1/2 ページ)

BIや分析をクラウドに移行するには戦略が必要だ。何を詳しく調査し、どのような点に注意して、どんなことに取り組むべきか、専門家やIT担当者からヒントを得る必要がある。

[Ericka Chickowski,TechTarget]

 ビジネスインテリジェンス(BI)ツールをクラウドに移行することで、非常に大きなメリットを得られる企業は少なくない。BIツールはクラウドで利用できた方が柔軟性や拡張性が高まる。社内のシチズンデータサイエンティスト(注)のためにセルフサービス機能を数多く用意しようとしている場合には特に実感できる。ただし従来のオンプレミスシステムからクラウドにBIツールを移行するプロセスは、必ずしも多くのベンダーが見せかけているほど単純ではない。

 移行経路を慎重に計画しなければならない。想定外の移行コストや、クラウドで分析に時間をかけることで生じる隠れたコストなど、予期せぬ落とし穴にはまるのは避けたい。

※注:統計や分析を本業としないデータ分析人材。

ヒント1:課金モデルの理解

 クラウド形式のBIツール(以下、クラウドBI)を利用する場合、万能のサービス課金モデルは存在しない。購入担当者は、データの管理方法や計量方法の細部を徹底的に勉強する必要がある。また、クラウドサービスの請求額のベースになるストレージや使用量の計測方法についても同様だ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...

news021.jpg

「半沢直樹」視聴者におけるTwitter利用実態 多く使われた絵文字3位に「土下座」――Twitter Japanと電通調査
Twitter Japanなどがテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)を題材に実施した「テレビを観な...