TechTargetジャパン

技術文書
APIの概念、何が変わったのか? 「API活用」のために知っておくべき10の項目
 多様なデバイスやセンサーで得たデータ、Webアプリケーションを活用して直接ビジネスを行うようになった今、「APIの活用」があらためて注目を集めている。例えばAmazon.comは、新たな売買取引者が簡単に参入できるAPIを基盤として入念に構築されており、パブリックAPIや...(2016/2/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
5分で分かる 基幹システムと連携しビジネスを創出、「APIマネジメント」とは何か?
 APIは今、ビジネスを活性化させる、あるいはビジネスそのものを新しく作り出すキーワードとして注目されている。クローズドなシステム間連携に利用するのではなく、一定の利用資格を持つ不特定多数の企業がある企業の基幹システムにアクセスし、それぞれのデータを活用...(2015/6/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
APIマネジメント成功の秘訣、デジタルポストがAPI標準化でパートナー展開を加速
 自社サービスのAPIを外部に公開したり、利用者が外部のAPIで自社サービスの機能を強化したりすることでビジネスの拡大へとつなげる「APIエコノミー」。サービス事業者の間で浸透しつつあるが、そのためには自社独自のAPIから標準的なAPIへと移行を図る必要がある。 イ...(2016/3/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
自社Webサービスの可能性を無限に広げる「Web API戦略」の策定方法
 今日、企業は製品やサービスを多様なチャネルやデバイスで消費者に提供することが求められている。だが、最先端の技術を要する企業でも、時間やリソースの余裕がなく、単独では実現するのが困難な目標だ。 このような課題の解決策としてWeb APIでビジネスを公開するこ...(2015/1/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
基幹システムとAPIが連携、ビジネスモデルの転換を支える次世代インフラとは?
 自動車配車サービスの「Uber」や宿泊施設提供サービスの「Airbnb」といったデジタル企業は、タクシーやホテルなどの資産を持たずに世界中でビジネスを展開している。このような新しいビジネスモデルへの転換は、今後、多くの業種で避けては通れない道となっていくだろう...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
既存のIT資産とモバイルやクラウドを連携させる「APIの管理・運用」
 基幹システム上で扱われる機密性の高い情報をWebサービスに活用するため、サービス指向アーキテクチャ(SOA)への移行が、かつて盛んに行われた。これにより、顧客の個人情報や取引情報などを参照しないと実現しない多様なサービスが開発され、IT資産の有効活用が進めら...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
モバイル/クラウド時代の新潮流:API エコノミー―企業資産をAPIとして提供していく選択
 モバイル/クラウドの活用を推進するアプリケーション構築を検討する上で、サービスを組み合わせて、アプリケーションを作成していく潮流があり、モバイル・アプリケーションを実現する要素として、サービス提供の接点となる“API”という考え方が重要になる。 本資料...(2014/8/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Google Maps APIで分かるものは「位置だけ」ではない
 当初は拠点の位置情報を知りたいためだけに「Google Maps API」を利用していたが、次第にさまざまな利用方法に気付き、その活用に積極的に取り組むことで多くのビジネスメリットを発掘し、顧客サービスの充実を実現してきた企業が世界中で増加している。 ある保険会社...(2015/9/28 提供:グーグル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月15日号:Windows 10 vs. Mac OS X El Capitan
■Mac OS X El Capitanの魅力はWindows 10以下か? Appleが発表した新Mac OS「El Capitan」。同OSをWindows 10と比較すると、幾つかの点で見劣りする。Windows 10にあってEl Capitanにない機能とは?■リリース直前、Windows 10へのアップグレード体制は整ったか? いよ...(2015/7/15 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
APIによる基幹データの公開はどのように「キラーアプリ」を生み出すのか?
 複数の企業が互いの基幹データを連携させることができれば、さまざまな手続きやプロセスを要するサービスや製品の販売を、異業種企業でもワンストップで行うことができるようになる。こうした仕組みを素早く構築・運用できるようにするのが、APIの役割だ。 例えば、自...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
モバイルサイト/アプリ配信のユーザー体験を阻害する「5つの問題」
 モバイルサイトやアプリの最適化には、何が問題となっているかを見極め、複数の側面からの対策を講じる必要がある。しかし、こうした問題のそれぞれの原因は複雑で、解決方法も単純ではないことが多い。 例えば、接続の制限や制約が原因の場合、モバイル固有のパフォー...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
Webページのロードは2秒まで、ユーザーの厳しい要求に応えるモバイルサイト開発
 モバイルユーザーはデスクトップユーザーよりもオンラインマーケットでの購入額が大きいという調査結果があり、その差は年間810ドルとも言われている。今モバイルユーザーとモバイルサイトは全世界で爆発的に増加しており、この傾向は日本でも変わらない。 モバイルサ...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
社外業務をクラウドで支援! クラウド型APIを活用しモバイルシステムでオフィス文書を簡単閲覧。
 企業の業務効率化が求められる中、社外からモバイルアクセスでのオフィスドキュメント閲覧ニーズは高まっている。 このニーズに、富士フイルムは長年培った画像処理技術を用いて、オフィスドキュメントを画像に変換してモバイル機器へ送信するという新発想を実用化。 ...(2010/11/1 提供:富士フイルム株式会社)

技術文書
「IBM Watson IoT Platform」で実現するコグニティブコンピューティングの開発とは?
 コグニティブ(認知的)テクノロジー「IBM Watson」でIoTのデータを解析する「IBM Watson IoT Platform」は、機械学習、自然言語処理、テキスト解析、画像および動画の解析という4つのAPIと関連サービスを提供する。コグニティブコンピューティングシステムは膨大なデー...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
「APIエコノミー」で既存資産を収益化、企業間で基幹データを連携する方法
 ポイントサービスなどを異業種企業と連携して運用する場合、これまでは、窓口になるシステムを別途構築し、必要な情報を基幹システムから抽出して運用するのが一般的な流れだった。しかし、こうした手法はコストを増大させ、拡張や新たな機能追加などの対応スピードが遅...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Pepperに銀行で「まとも」に働いてもらう方法
 ソフトバンクモバイルが2014年に発表したロボットのPepperは、個人向けと合わせて企業での業務活用を試みている。Pepperを雇うためのコストは月額5万5000円のレンタル契約で済む。しかし、Pepperに「うちの会社で働いてもらう」ためには、それぞれの企業でPepperにやっ...(2016/9/16 提供:株式会社リクルートキャリア)

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
モバイル配信のコスト削減、利用環境に合わせた“高速化”で顧客体験を調整
 モバイルサイトやアプリを利用するユーザーは、さまざまなデバイスを使って、あらゆる環境からアクセスしてくる。そうしたユーザーに一貫したパフォーマンスを提供するには、さまざまな動的コンテンツの配信を均一な方法でスピードアップさせるだけでは不十分だ。 ユー...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
2016年版クラウド市場予測:これからの数年で起きる10の変化
 IT調査会社のIDCは、2017年までに50%以上の国内企業がハイブリッドクラウドに取り組むという予測を発表した。そしてパブリックとプライベートの両方を活用するハイブリッドクラウドは、オンプレミスのシステムとも緊密に連携するとしている。 これらの調査結果をまと...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

講演資料
クラウド選定前に確認したい「今求められるクラウド基盤の要件」とは
 エンタープライズITには、ERPやCRMなどのSoR(記録のためのシステム:Systems of Record)と、メール、グループウェア、SNSなどのSoE(人との関係を構築するためのシステム:Systems of Engagement)の分野がある。求められるクラウドは、このSoR・SoEの両分野に対応す...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

技術文書
OpenStack環境でクラウドサービスを堅牢・安定・柔軟にするため知っておきたいトレンド
 自社で構築したプライベートクラウドとパブリッククラウドを連携させてビジネス要求に対応する、あるいはクラウド事業者としてさまざまなユーザーからの要求に迅速に応えるといった場合、物理と仮想の両環境においてインフラ資源の運用効率を最大限に高めていく必要があ...(2015/9/28 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
Amazon EC2のバックアップ大丈夫? AWSを生かすバックアップ設計・運用のヒント
 クラウドの普及に伴い、AWSをビジネスに活用する企業は多い。システム運用に欠かせないバックアップについて、AWSは豊富なサービスを提供しており、サーバ(Amazon EC2)のバックアップもコンソールやAPIを使って簡単に実行可能だ。しかし、手作業でのバックアップ運用...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

製品資料
そのモバイル開発体制は大丈夫? モバイルアプリ開発のアプローチを再確認
 2017年までに顧客対応向けのアプリケーションは、100%モバイルファーストで開発されるという予測もある。ビジネスのスピード感が増し、IoT(Internet of Things)環境が進む中、必要なときに素早く情報にアクセスし、その場で簡単にデータや情報を確認したり、入力でき...(2015/12/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
グループ経営の経理業務を効率化、サーバ管理不要のクラウド型財務会計
 会計業務をクラウドに移行することには、コスト低減に加え、複数人で同時に作業や共有を行える、さまざまなデバイスから作業できるといったメリットがあり、中堅・中小企業や会計事務所でも導入が進んでいる。 その製品選びでは、自社のニーズに合った機能が備わってい...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

製品資料
データ活用の新たな発想「データレイク」を支えるストレージの条件とは?
 データ活用の手法が大きな変革期に入った。構造化データから現状を分析、可視化するだけでなく、膨大な容量の非構造化データも含めて統合的に処理し、AIなどを利用しながら、顧客ニーズや市場状況をリアルタイムに予測することも求められている。さらにAPIを使ってデー...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット
 AWSやAzureとの差別化を図るため、他のクラウドサービスプロバイダーは低価格での提供や、将来的ニーズが不明確なままのプラットフォーム構築など、負担を強いられている。また、顧客の進化に応じたサービスやソリューションを迅速に調節できない、新しい市場や収益源を...(2016/12/8 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
コンテナ&マイクロサービス製品導入戦略ガイド
 コンテナとマイクロサービスは個別に導入できるモジュールで、これらを組み合わせてアジャイルで開発された柔軟性の高いアプリケーションを構築できる。 本稿ではそのアーキテクチャがどのように構成され、サプライヤーがそれをどう構築し、これを使う組織にとってどの...(2016/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
急増するデータに高性能はいらない? 低予算時代に選びたい多目的ストレージ
 オフィスツールの高性能化とモバイル化、IoT/ビッグデータ/AI活用の進展、さらにはDR(災害復旧)に対する意識の高まりなどによって、企業の扱うデータ量は増える一方だ。しかし、それに対応できる十分な予算が用意されることはほとんどない。 この課題を解決するた...(2016/7/7 提供:クラウディアン株式会社)

レポート
80%のアプリケーションに、ソースコード外の脆弱性 2013年サイバーリスクレポート
 8割のアプリケーションに不適切なファイル設定やサーバミスなどによるソースコード外の脆弱性が見られ、iOSおよびAndroidモバイルアプリケーションの46%で、暗号化の使用が不適切――いずれもHP Security Researchの「サイバーリスクレポート2013」の調査結果が明らか...(2015/1/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿
 パブリッククラウドの利用が一般的になり、今やクラウドの使い勝手を自社インフラのも期待するようになってきた。例えば迅速なサービス立ち上げ、柔軟な拡張性、低コストで高パフォーマンス、ユーザーセルフサービスで利用できることなどだ。 一方、インフラを運用する...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

Loading