TechTargetジャパン

技術文書
APIの概念、何が変わったのか? 「API活用」のために知っておくべき10の項目
 多様なデバイスやセンサーで得たデータ、Webアプリケーションを活用して直接ビジネスを行うようになった今、「APIの活用」があらためて注目を集めている。例えばAmazon.comは、新たな売買取引者が簡単に参入できるAPIを基盤として入念に構築されており、パブリックAPIや...(2016/2/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
業界別API公開シナリオ──セキュリティと利活用を両立する仕組みの作り方
 自社のサービスと外部サービスの連携で、新しいビジネスの創出や顧客接点の拡大に取り組む企業が増えている。その核となるのが「APIの公開・活用」だ。例えば航空業界では、飛行機の発着情報を外部アプリにリアルタイムに提供することで、旅行者によるWebサイトへのアク...(2017/4/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
5分で分かる 基幹システムと連携しビジネスを創出、「APIマネジメント」とは何か?
 APIは今、ビジネスを活性化させる、あるいはビジネスそのものを新しく作り出すキーワードとして注目されている。クローズドなシステム間連携に利用するのではなく、一定の利用資格を持つ不特定多数の企業がある企業の基幹システムにアクセスし、それぞれのデータを活用...(2015/6/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
デジタルトランスフォーメーション時代に企業がAPI管理に注目すべき理由とは
 今、企業のIT関係者が最も関心を寄せている概念が「デジタルトランスフォーメーション」だ。この概念を実現するためにIT担当者は何をすべきなのか。その手段は多岐にわたるが、その1つに「APIの管理」がある。APIの管理では「統合と構築」「保護」「開発加速」「価値の...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

製品資料
「データの収益化」を可能にするAPI管理ソリューションとは
 アプリ開発において、APIの公開と管理は生産性の向上に大きく寄与する。eBayやSalesforceでは、APIを介したデータ公開で新市場のセールスが成功した実績もある。一方でAPIの公開にはリスクも伴う。そのため不正利用とサイバー攻撃を確実に防ぎ、APIへのアクセスを維持で...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

技術文書
基礎解説:デジタルビジネスの成功に不可欠な「API公開」のポイントとは?
 あらゆる業種の企業で、モバイル、IoT、Fintechなどの新しいテクノロジーの活用により、人・デバイス・企業を結び付け価値創造するデジタルビジネスへの取り組みが始まっている。このビジネスモデルで欠かせない技術の1つとして脚光を浴びているのが「API」だ。 企業は...(2016/12/21 提供:株式会社オージス総研)

事例
APIマネジメント成功の秘訣、デジタルポストがAPI標準化でパートナー展開を加速
 自社サービスのAPIを外部に公開したり、利用者が外部のAPIで自社サービスの機能を強化したりすることでビジネスの拡大へとつなげる「APIエコノミー」。サービス事業者の間で浸透しつつあるが、そのためには自社独自のAPIから標準的なAPIへと移行を図る必要がある。 イ...(2016/3/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
大手テクノロジー企業への調査で判明 APIについて知っておくべき4つの事実
 さまざまなサービスに活用されているものの、バックエンドのサービスであるAPIについては、詳細な情報を見つけることは難しいのが実情だ。そこで大手テクノロジー企業400社を対象として実施された調査結果と、業界データを組み合わせて代表的な4つの事実を簡潔に整理し...(2017/8/31 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
自社Webサービスの可能性を無限に広げる「Web API戦略」の策定方法
 今日、企業は製品やサービスを多様なチャネルやデバイスで消費者に提供することが求められている。だが、最先端の技術を要する企業でも、時間やリソースの余裕がなく、単独では実現するのが困難な目標だ。 このような課題の解決策としてWeb APIでビジネスを公開するこ...(2015/1/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
400社への調査で分かった、APIに関する4つの“事実”
 Webサイトやモバイルアプリに必要不可欠なバックエンドサービスであるAPI。隠れたテクノロジーとして捉えられているためか、API構築における課題や解決策など、詳細な情報が出回っていないのが実態だ。そこで、大手テクノロジー企業400社を対象に行った調査を基に、API...(2017/8/31 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
基幹システムとAPIが連携、ビジネスモデルの転換を支える次世代インフラとは?
 自動車配車サービスの「Uber」や宿泊施設提供サービスの「Airbnb」といったデジタル企業は、タクシーやホテルなどの資産を持たずに世界中でビジネスを展開している。このような新しいビジネスモデルへの転換は、今後、多くの業種で避けては通れない道となっていくだろう...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
APIでイノベーションを実現、バンキングサービス基盤を変革する3つのステップ
 銀行を取り巻く環境は、ここ数年で大きく変化した。その役割を果たしたのが、拡大する顧客の期待、決済方法の新しい選択肢、他社との競争という3つの収束トレンドである。さらに、「EU決済サービス指令の改訂版(PSD2)」のような新しい規制は、銀行が顧客情報をサード...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

製品資料
簡単なマウス操作でAPI作成、アプリケーション開発を加速するツール活用法
 現在のアプリケーション開発において重要なのがAPIとバックエンドの開発である。APIは、アプリケーションの機能の一部を共通利用可能なコンポーネントとして整えたもので、Webサイト/アプリケーション/デバイスとバックエンドの間に位置する。これを活用することで効...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

技術文書
Web API連携でビジネスはどう変わる? デジタルプラットフォームの変化を読む
 システム開発において、外部アプリケーションとの連携を容易にするWeb API技術を活用するケースが増えている。Web APIを通じて第三者にデータを利用してもらうことは、システムの発想の幅を広げ、商品の市場投入スピードを速めることにもつながる。 例えば、米国の保険...(2017/3/3 提供:CA Technologies)

事例
API活用で医療統計データを提供、公開と運用を一元管理する仕組みとは?
 日本医療データセンターは、健康保険組合や病院、薬局などに蓄積された健康診断データやレセプトデータを活用した医療統計データサービスを提供している。中でも同社が力を入れようとしているサービスが「予測モデルサービス」だ。 膨大な医療データの価値をさらに高め...(2017/7/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
実用段階に入った「AI」、実際にどんな業務に活用できるのか?
 AI市場の成長が著しい。中でも注目すべきは、人間に近い学習能力をもたらすディープラーニングの進化だ。従来のAIでは、効率的に学習させるには専門家が特徴を抽出する必要があったが、ディープラーニングではスキルが必要な作業を機械自身が代行できるようになり、大幅...(2017/10/10 提供:日本電気株式会社)

レポート
既存のIT資産とモバイルやクラウドを連携させる「APIの管理・運用」
 基幹システム上で扱われる機密性の高い情報をWebサービスに活用するため、サービス指向アーキテクチャ(SOA)への移行が、かつて盛んに行われた。これにより、顧客の個人情報や取引情報などを参照しないと実現しない多様なサービスが開発され、IT資産の有効活用が進めら...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
モバイル/クラウド時代の新潮流:API エコノミー―企業資産をAPIとして提供していく選択
 モバイル/クラウドの活用を推進するアプリケーション構築を検討する上で、サービスを組み合わせて、アプリケーションを作成していく潮流があり、モバイル・アプリケーションを実現する要素として、サービス提供の接点となる“API”という考え方が重要になる。 本資料...(2014/8/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
マイクロサービス化でアプリ開発を加速――Web APIの課題はどう解消する?
 近年のアプリケーション開発では、モバイルデバイス向けも当然視されるなど、開発負担が膨らむ一方で、スピード開発への要望が増している。しかし、これまでは、アプリケーションの構造が密結合であったことから、依存関係にある他のプログラムへの影響を調べることなど...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

事例
「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果
 顧客情報の管理は、どの業種でも厳重に行われているが、中でも厳しい条件を課せられているのが金融業だ。昨今では業務提携により他社と連携した金融サービスが次々と生まれているが、他社に先行するには、より安全でスピーディーな開発がカギとなる。 従来、提携企業が...(2017/6/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Google Maps APIで分かるものは「位置だけ」ではない
 当初は拠点の位置情報を知りたいためだけに「Google Maps API」を利用していたが、次第にさまざまな利用方法に気付き、その活用に積極的に取り組むことで多くのビジネスメリットを発掘し、顧客サービスの充実を実現してきた企業が世界中で増加している。 ある保険会社...(2015/9/28 提供:グーグル株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」の新機能を徹底解説、次世代仮想化基盤の真の実力とは?
 「vSphere 6.5」は、インフラやアプリケーションのパフォーマンス、運用性を最大化できる仮想化基盤として定評を得ている。その設計は、シンプルなユーザー環境、包括的なセキュリティ、ユニバーサルプラットフォームを主眼としており、自動化と管理、新旧アプリケーシ...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
APIを内部連携に活用、ANAが実践する迅速性と柔軟性を追求したアプリ開発とは?
 顧客に対して新しいサービスをタイムリーに提供し、満足度を高めていくためには、柔軟で迅速なアプリケーション開発が欠かせない。しかし、旧来のシステムでは、アプリケーションの追加や修正が影響を及ぼす接続先が多いほど、開発やテストの工数が増大する。 この課題...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

製品資料
ユーザーに快適なモバイル体験を提供するために解決すべき「5つの課題」
 いまや企業の関心の多くはモバイルに注がれている。ユーザーはモバイル体験で満足感が得られれば、より多くのページを閲覧し、頻繁に取引を行ってくれる。逆に不快に感じれば、他社に乗り換えるだけでなく、「期待はずれだった」などの不満をソーシャルメディアで共有す...(2017/9/29 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月15日号:Windows 10 vs. Mac OS X El Capitan
■Mac OS X El Capitanの魅力はWindows 10以下か? Appleが発表した新Mac OS「El Capitan」。同OSをWindows 10と比較すると、幾つかの点で見劣りする。Windows 10にあってEl Capitanにない機能とは?■リリース直前、Windows 10へのアップグレード体制は整ったか? いよ...(2015/7/15 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ユーザーのモバイル体験を向上するには? 3つの重要課題と攻略ポイント
 スマートフォンを中心に、モバイルデバイスによるWebサイト訪問やアプリケ―ション利用が活発になっている。ただしモバイルユーザーの要求は厳しいことも事実であり、例えばWebサイトの読み込み遅延などで不満を持った場合、二度とアクセスしないと答えるユーザーが一定...(2017/8/31 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
ユーザーが本当に望んでいるものは? モバイル配信における3つの重大課題
 スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを活用し、いつでもどこでもWebサイトやアプリケーションにアクセスできるようになった昨今。モバイルユーザーの要求はどんどん厳しくなり、スピーディーかつ安全・確実にアクセスできる環境が求められている。 要求...(2017/8/31 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

Webキャスト
APIによる基幹データの公開はどのように「キラーアプリ」を生み出すのか?
 複数の企業が互いの基幹データを連携させることができれば、さまざまな手続きやプロセスを要するサービスや製品の販売を、異業種企業でもワンストップで行うことができるようになる。こうした仕組みを素早く構築・運用できるようにするのが、APIの役割だ。 例えば、自...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ?
 オールフラッシュアレイ(AFA)の普及が進んでいる。今日の競争では、大が小を制するのではなく、より速いものが遅いものを制す。大半の場合、AFAは導入から18カ月ほどで投資回収が可能だ。また、従来のストレージシステムの維持管理コストよりも低いとの報告も多く寄せ...(2017/8/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
Webページのロードは2秒まで、ユーザーの厳しい要求に応えるモバイルサイト開発
 モバイルユーザーはデスクトップユーザーよりもオンラインマーケットでの購入額が大きいという調査結果があり、その差は年間810ドルとも言われている。今モバイルユーザーとモバイルサイトは全世界で爆発的に増加しており、この傾向は日本でも変わらない。 モバイルサ...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

Loading