「SaaS」データを連携させる方法とは? なぜ“API必須”なのか“増え過ぎたSaaS”が招くリスクと解決策【第3回】

企業が業務のために複数のSaaSを利用することは当たり前になった。こうした状況で問題となるのは、SaaSやオンプレミスシステム間のデータ連携だ。データの相互運用性を保つ方法とは。

2023年12月04日 08時00分 公開
[Marc Ambasna-JonesTechTarget]

関連キーワード

SaaS | API | 勝手クラウド | シャドーIT


 企業に単一のアプリケーションでしか利用できないデータや、保管されているもののIT担当者が把握できていないデータが存在することは、珍しいことではない。SaaS(Software as a Service)で管理するデータは、オンプレミスインフラで活用しづらくなる場合がある。データの相互運用性を保つには、どうすればよいのか。

 クラウドサービスの利用状況やコストの管理ツールを開発提供するスウェーデンのDigitalRouteで、製品およびパートナーマーケティング部門の責任者を務めるステファン・ヘイトリー氏は次のように話す。「企業ではシステムが相互にデータを送受信できないことが原因で、部門間でデータを連携したり共有したりできないという問題が生じることがある」

データ統合の方法とは? なぜAPI必須なのか

 異なる方法で収集して保存するデータや、散在するデータを連携させて分析する作業は困難だ。ヘイトリー氏によれば、データに関連する問題としては以下のようなものがある。

  • 分析、統合するデータの品質が原因で、データの処理に時間が掛かることがある
  • 散在するデータは、古く、不完全で、重複していることがある
  • 基になるデータは、作成するレポートの完全性と正確性に影響する

 ヘイトリー氏は複数のSaaSが保有するデータを統合し、上記のような問題を回避するための方法として、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を挙げる。

 コンテンツ管理システム(CMS)を手掛けるContentstackで製品およびエンジニアリング担当のバイスプレジデントを務めるコナー・イーガン氏は、APIを利用したデータ統合の中核を担う技術として「コンポーザブルテクノロジー」を提唱する。「SaaSのAPIを活用するユーザー企業は、複数のSaaSをモジュール(部品)のように組み合わせることで、変化するシステム要件に合わせられる。各モジュールはインターネット経由で容易に更新可能で、セキュリティを維持するのに役立つ」(イーガン氏)

 複数のSaaSやシステムにデータを保有する企業にとって最大の課題は、顧客のニーズに素早く応じることだ。「APIがなければ、データの統合はトラブルの火種になる」と、イーガン氏は考えている。同氏によれば、企業はAPIを使うことで

  • 組織の拡大に必要な俊敏性
  • 複数システムの適切なコンプライアンス(法令順守)

を同時に得られる可能性がある。「企業が対処しなければならないデータ管理に関する社内ルールや法規制、管理対象のアプリケーションは増え続けている。コンポーザブルテクノロジーのメリットは、統合の複雑さを緩和できることだ」

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...