2012年09月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Microsoftライセンスとの賢い付き合い方【前編】Microsoft「ソフトウェアアシュアランス」のリスクを理解する

Microsoftの「ソフトウェアアシュアランス」というギャンブルは買いか否か。得をするにはどのような条件が必要か。下手をすると、Windows 7を2.6倍の値段で買うことになるかもしれない。

[Paul DeGroot,TechTarget]

 米Microsoftのソフトウェアアシュアランス(SA)には、常にギャンブルの要素が付きまとう。ボリュームライセンスプログラムの契約時にSAを追加で購入しておけば、将来、製品がバージョンアップしたときに、アップグレードが保証される。だが、契約期間中に新バージョンがリリースされなかった場合、SA料金は返金されず、顧客はIT予算に大打撃を受け、やり場のない怒りを抱えることになる。

 しかし企業は、自社にSAの料金に相当する費用を保有しておくことで、このリスクをヘッジできる。

Microsoft SAのリスクを計算する

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

パーソナライズド動画「personalize me」がレコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」と連携
インテリジェンス ビジネスソリューションズは、同社のパーソナライズド動画サービス「pe...

news099.png

Facebook「コレクション」からクロスセルにつながるCRMシナリオ設計、シナジーマーケティングが提供
シナジーマーケティングは、Facebookの広告フォーマット「コレクション」を活用して既存...

news067.jpg

電通と電通デジタル、Kaizen Platformと提携して動画広告のクリエイティブ改善ソリューションを提供
電通デジタルと電通は、Kaizen Platformと業務提携し、Facebook動画広告のクリエイティブ...