2012年09月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Microsoftライセンスとの賢い付き合い方【前編】Microsoft「ソフトウェアアシュアランス」のリスクを理解する

Microsoftの「ソフトウェアアシュアランス」というギャンブルは買いか否か。得をするにはどのような条件が必要か。下手をすると、Windows 7を2.6倍の値段で買うことになるかもしれない。

[Paul DeGroot,TechTarget]

 米Microsoftのソフトウェアアシュアランス(SA)には、常にギャンブルの要素が付きまとう。ボリュームライセンスプログラムの契約時にSAを追加で購入しておけば、将来、製品がバージョンアップしたときに、アップグレードが保証される。だが、契約期間中に新バージョンがリリースされなかった場合、SA料金は返金されず、顧客はIT予算に大打撃を受け、やり場のない怒りを抱えることになる。

 しかし企業は、自社にSAの料金に相当する費用を保有しておくことで、このリスクをヘッジできる。

Microsoft SAのリスクを計算する

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...