2013年04月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IT資産管理に関する読者調査リポートライセンスを管理したいがスキルもリソースも足りない――IT資産管理の実態が明らかに

コスト削減とともに、コンプライアンス、セキュリティの観点でも企業の意識が高まっているIT資産管理。読者アンケート調査から、その取り組みの実態が明らかになった。

[内野宏信,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2012年12月10日から2013年2月10日まで、読者会員を対象に「IT資産管理に関する読者調査」を実施した。調査結果から、IT資産管理の実施状況や導入時の課題などが明らかになった。本稿ではその一部を紹介する(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロード可能)。

調査概要

目的:読者会員の企業におけるIT資産管理製品の導入状況を調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2012年12月10日(月)〜2013年2月10日(月)

総回答数:178件

 ※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100.0%にならない場合があります。


44.9%がIT資産管理製品を導入。リソース不足も浮き彫りに

 仮想化クラウドの浸透は、多くの企業でシステム構成の複雑化を招いた。こうした状況下では、今あるハードウェア/ソフトウェア資産を正確に把握するのが難しくなる。だが現状を把握していなければ、セキュリティホールを放置してしまったり、それと知らずにソフトウェアライセンス違反を犯してしまうなど、コンプライアンス面で常にリスクを抱えることになる。

 そうした認識の高まりを反映してか、IT資産管理製品の導入状況を聞いたところ、44.9%が「導入済み」と回答。製品を未導入の企業も「Microsoft Excel」「Microsoft Access」、自社開発ソフトウェアを使うなど、79.3%が独自の方法で実施していることが分かった。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

HAROiD、テレビの共通ポイントサービス「CHARiN」を本格始動
HAROiDは、テレビやWebでポイントが貯まる新サービス「CHARiN(チャリン)」を2016年7月3...

news157.jpg

DSP「Logicad」がダイナミックネイティブアドの「カメレオン」と連係
ソネット・メディア・ネットワークスは、DSP「Logicad」において、ヒトクセが運営する「...

news114.jpg

ユーザーが作成したコンテンツをFacebook広告へ利用可能に、シャトルロックジャパンが支援サービスを提供
シャトルロックジャパンは、ユーザーコンテンツの収集から活用までワンストップで提供す...