2013年12月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

簡単じゃなかったクラウドでのDWH構築消費者を中心に据えるP&Gのデータ分析基盤

消費財メーカーの米Procter & Gambleでは、米TeradataのDWHをクラウド上に構築し、各ブランドのWebサイトなどから集まるデータの分析に利用している。しかしながら、ここに至るまでの道のりは長かったようだ。

[Lindsay Clark,Computer Weekly]

 米Procter & Gamble(以下、P&G)は、世界最大手の消費財メーカーである。25のブランドを傘下に置き、2013年の売り上げは840億ドルを超える。世界規模で事業を展開し、消費者に親しまれているが、インターネットの破壊的な力に打ち勝つことはできていない。

分散していたデータを1箇所に集約

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...

news138.jpg

MAppsと野武士、オプトが共同で行動データ連携リサーチおよび改善サービスの試験提供を開始
マーケティングアプリケーションズと野武士、オプトは、Webサービスとスマートフォンアプ...

news093.jpg

ソネット・メディア・ネットワークスが「Logicad Video Ads」の提供を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、2017年1月17日、「Logicad Video Ads」の提供を...