2013年06月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

広告、マーケティングではデータが最も重要顧客を絶対に失わないビッグデータ分析事例

マーケティング、広告分野はビッグデータ活用の事例の宝庫だ。米国の最新事例から、Hadoopなどビッグデータ技術が有用な理由を探る。

[Jack Vaughan, Mark Brunellir,TechTarget]

 米企業のLuminar、PubMatic、Lotame SolutionsおよびIT業界のアナリストによると、「マーケティングと広告は、Hadoopなどビッグデータ技術のキラーアプリケーションであり、3社の取り組みはその見本だ」という。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

マクロミル、ブランディング指標のリアルタイム調査を提供開始
マクロミルは、新リサーチサービス「リアルタイム調査」を提供開始した。

news074.jpg

ウォンテッドリーと電通、名刺管理アプリ「Wantedly People」における広告商品の共同開発へ
ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、電通と広告商品などの開発におい...

news028.jpg

和洋菓子・デザート類2兆円市場、成長の原動力はインスタ映え――矢野経済研究所調べ
スイーツ市場における成長のポイントはどこにあるのでしょうか。