2013年06月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

意思決定の新たな手段、「ソーシャルメディア分析技術」【後編】「クリネックス」でも活用、Facebookで顧客を動かす方法とは?

ソーシャルメディア分析技術は確かに強力だが、むやみに活用しても成果は得られない。ソーシャルメディア分析技術を生かすためにすべきことは意外と多い。

[Aaron Lester,TechTarget]

 前編「『いいね!』増加で満足できない人のためのFacebook/Twitter活用術」では、ソーシャルメディア分析技術が企業の意思決定の在り方を変える力を持つことを明らかにした。後編では、ソーシャルメディア分析技術の活用を進める上での注意点を整理する。

ソーシャルメディアトラッキングの目標

 「感情や『声の共有』という指標を収益に結び付けるのは難しい」。米PRマーケティング企業Schneider Associatesのデジタルインテグレーション・ソーシャルビジネス担当ディレクターであるダン・マーテリ氏は、こう指摘する。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。