2014年09月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

仮想サンドボックスでマルウェアを調査怪しいコードをクラウドで分析、セキュリティ対策も“向こう側”へ

クラウドベースのマルウェア分析は、先端のマルウェア対策製品を手掛ける大手ベンダーと新興ベンダーの両方にとって必須の機能になっている。

[Rob Wright,TechTarget]
tt_aa_6140.jpg

 今やクラウドに向かうのはユーザーのデータやアプリケーションにとどまらず、マルウェアもクラウドに向かうようになった。だが意外にも、それは朗報かもしれない。

 先端のマルウェア対策製品を手掛ける米Cisco SystemsのSourcefire部門や米Palo Alto Networksなどのベンダー、米Lastlineのような新興企業は、クラウドベースの仮想サンドボックスを作り出し、マルウェアなどの潜在的に危険なコードを迅速に分析して発見できるようにしてきた。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...