2014年11月11日 15時00分 UPDATE
特集/連載

15年以上Linuxで過ごしてきた筆者が解説「Windows XP」移行にお勧め、USBメモリ起動のLinuxを試す

新しいOSを手軽に試してみよう。LinuxをUSBメモリから起動して使ってみることが、「Windows XP」を「Xubuntu」のようなオープンソースデスクトップに置き換える第一歩になる。

[Rob Reilly,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | OS | Windows 8 | Linux


jo_tt_141111_ss.jpg

 「Windows XP」は、きちんと機能する成熟して安定したOSとして人気があった。しかし、米Microsoftがサポートを終了したため、ユーザーはどのOSに移行するかを考えなければならなくなった。最新OS「Windows 8」はユーザーインタフェースなどへの批判が多く、次期OS「Windows 10」の出来を見極めようと様子見をしているユーザーもいるようだ。

 そこで本稿では、Linux OSの「Xubuntu」をお勧めしたい。この「Ubuntu」ファミリーのLinuxディストリビューション(配布パッケージ)は、軽量でパフォーマンスが高い。デスクトップ環境として「Xfce」を採用しており、お望みとあればXP風の外観にすることもできる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news013.jpg

VRが創造する「あり得ない体験」で広告はもっと楽しくなれる
VRのマーケティング活用例を知る企画の後編。「非日常体験(シミュレーション)型」「イ...

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...