2011年09月29日 09時00分 UPDATE
特集/連載

オープンソースにおける仮想化勢力の変遷LinuxカーネルのXenサポートで、Xenのシェアは広がるか

LinuxカーネルでようやくXenがフルサポートされることになった。一方Red Hatは、Red Hat Enterprise Linuxの最新リリースで、Xenに変えてKVMを採用している。今後Xenのシェアはどう変わるのか。

[Sander van Vugt,TechTarget]

 LinuxカーネルでようやくオープンソースのハイパーバイザーXenがフルサポートされることになった(参考:LinuxカーネルがXenをフルサポートへ──「少な過ぎ、遅過ぎ」の感も)。これによってオープンソースの仮想化の勢力図はどのように変わるのだろうか?

 5年前、オープンソースのXenは、仮想化における次の目玉だった。無償でオープンなXenは、VMware ESX/ESXiからかなりの市場シェアを奪うものと目されていた。しかし、それが現実となることはなかった。原因の1つは、XenがLinuxカーネルに組み込まれていなかったことだ。その障害は取り除かれたが、KVM(Kernel-based Virtual Machine)の出現により、依然としてXenの行く手は険しい。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news020.jpg

「A8.net」、アフィリエイト参加者に掲載情報の信頼性チェックサービスを提供開始
ファンコミュニケーションズは、同社のアフィリエイトサービス「A8.net」において、提携...

news016.jpg

「グローバルファースト」で世界に売り込む方法
世界に対して自らのビジネスを売り込むためにはどうすればいいか。ITジャーナリスト占部...

news074.jpg

博報堂、デンマークのクリエイティブ人材育成機関と「クリエイティブ・リレーションシップ・プログラム」を提供
博報堂ブランドデザインは、デンマークのクリエイティブ人材育成の専門組織カオスパイロ...